128件中 51 - 60件表示
  • 2009年最高裁判所裁判官国民審査

    2009年最高裁判所裁判官国民審査から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    国民審査の直前には『「一人一票」の実現のために最高裁裁判官に対する国民審査権を行使しよう!』との全面意見広告が主要新聞紙朝刊に掲載された。那須弘平と涌井紀夫が2007年最高裁判決において定数不均衡を合憲と判断したことを特に取り上げ、「一票の不平等に反対のあなたは、(中略)2人の裁判官に反対の×印を付ける国民審査権を持っています」とする。この意見広告を出した団体は「一人一票実現国民会議」であり、その発起人のなかに、櫻井よしこ、広中平祐、堀田力、宮内義彦、三木谷浩史、伊藤真、鷲尾悦也、長嶋一茂といった著名人に並び、泉徳治元最高裁判所裁判官の名前があったことが注目されている。2009年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア放送協会

    オーストラリア放送協会から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    この放送内容はフジテレビ系列の新報道プレミアAでも放送され、同番組内でコメンテーターの櫻井よしこ はオーストラリア側の放送内容や非礼を激しく非難しつつも、同時に日本政府がこれら問題に対し弱腰で毅然とした対応をとらない事も同様に非難した。オーストラリア放送協会 フレッシュアイペディアより)

  • 夏ドキュ!

    夏ドキュ!から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    パネリスト:宮崎哲弥、櫻井よしこ夏ドキュ! フレッシュアイペディアより)

  • 屋山太郎

    屋山太郎から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    2007年6月14日付けのワシントン・ポストに、慰安婦「性奴隷説」はまったくの事実誤認だとし、米下院121号決議の完全撤回を求める意見広告「THE FACTS」をジャーナリストの櫻井よしこや作曲家のすぎやまこういち、平沼赳夫らと共に発表。これは歴史事実委員会名義で出された。屋山太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 報道2001

    報道2001から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこ(ジャーナリスト)報道2001 フレッシュアイペディアより)

  • 子供が寝たあとで

    子供が寝たあとでから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    ジャーナリストの櫻井よしこがナレーションを務めたことでも有名。子供が寝たあとで フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤貫

    伊藤貫から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    - 中西輝政、日下公人、平松茂雄、櫻井よしこ、西岡力、伊藤貫、兵頭二十八による論考・鼎談を収録。伊藤貫 フレッシュアイペディアより)

  • 小島朋之

    小島朋之から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    2002年、慶應義塾大学の学術系サークルである経済新人会が、三田祭において李登輝・前台湾総統の講演会を企画した。櫻井よしこによると、小島は『産経新聞』(2002年10月2日)が講演予定を報じた2日後の2002年10月4日、李に訪日の再考を促すメールを送付した。小島朋之 フレッシュアイペディアより)

  • 中国大使館都内一等地買収問題

    中国大使館都内一等地買収問題から見た櫻井よし子櫻井よしこ

    櫻井よし子は、日本の在中国公館がすべて賃貸であるのに対して、中国公館は住民の強い反対運動で売却が阻止された新潟と名古屋を除いて土地も建物もすべて中国が取得しており、中国が取得した土地は固定資産税が無税とされていることから、相互主義とは名ばかりのものであり、実態は片務主義であると非難している。中国大使館都内一等地買収問題 フレッシュアイペディアより)

  • THE FACTS

    THE FACTSから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    THE FACTS(ザ・ファクツ)は、すぎやまこういち、屋山太郎、櫻井よしこ、花岡信昭、西村幸祐の5人で構成された「歴史事実委員会」が、「慰安婦強制連行の証拠はない」という主張について、『ワシントン・ポスト』(2007年6月14日付)に出した意見広告。題名の『THE FACTS』は「事実」の意。広告費用はすぎやまが全額負担した。また、国会議員44人、有識者13人が賛同者として名を連ねた。THE FACTS フレッシュアイペディアより)

128件中 51 - 60件表示