177件中 51 - 60件表示
  • 歴史事実普及協会

    歴史事実普及協会から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    前身の歴史事実委員会は、政治評論家の屋山太郎、ジャーナリストの櫻井よしこ・西村幸祐・花岡信昭、作曲家のすぎやまこういちの5人で構成されていた。後継の歴史事実普及委員会は、新たな10名で構成されている。歴史事実普及協会 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤貫

    伊藤貫から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    - 中西輝政、日下公人、平松茂雄、櫻井よしこ、西岡力、伊藤貫、兵頭二十八による論考・鼎談を収録。伊藤貫 フレッシュアイペディアより)

  • 南京の真実

    南京の真実から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    石原慎太郎、阿羅健一、岡崎久彦、櫻井よしこ、佐藤勝巳、篠沢秀夫などが賛同者に名を連ねている。南京の真実 フレッシュアイペディアより)

  • 中国大使館都内一等地買収問題

    中国大使館都内一等地買収問題から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこは、日本の在中国公館がすべて賃貸であるのに対して、中国公館は住民の強い反対運動で売却が阻止された新潟と名古屋を除いて土地も建物もすべて中国が取得しており、中国が取得した土地は固定資産税が無税とされていることから、相互主義とは名ばかりのものであり、実態は片務主義であると非難している。中国大使館都内一等地買収問題 フレッシュアイペディアより)

  • THE FACTS

    THE FACTSから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    THE FACTS(ザ・ファクツ)は、すぎやまこういち、屋山太郎、櫻井よしこ、花岡信昭、西村幸祐の5人で構成された「歴史事実委員会」が、慰安婦問題に関して『ワシントン・ポスト』(2007年6月14日付)に出した意見広告。「慰安婦強制連行の証拠はない」という主張を展開している。題名の『THE FACTS』は「事実」の意。広告費用はすぎやまが全額負担した。また、国会議員44人、有識者13人が賛同者として名を連ねた。THE FACTS フレッシュアイペディアより)

  • 玉城ちはる

    玉城ちはるから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    2010年9月、発展途上国やアジアへの支援を目的として、JICAなどが推進する「なんとかしなきゃ!プロジェクト 見過ごせない55億人」において、国際活動をされている著名人100人のメンバーに選ばれる(他には黒柳徹子、王貞治、高橋尚子、櫻井よしこ、藤原紀香など)。玉城ちはる フレッシュアイペディアより)

  • 防人

    防人から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    また、2014年11月9日、沖縄県知事選の最中に沖縄県豊見城市で行われた講演会で、櫻井よしこ氏が日中の境に当たる沖縄県を比喩的に「防人」と表現した。防人 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤浩一

    遠藤浩一から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    安倍内閣については、防衛庁の防衛省への昇格や国民投票法成立を高く評価する一方、初期の人事の失敗、具体的に言えば政治的信念を180度異にする中川秀直を自民党幹事長に据えた判断などを批判し、「政権崩壊の遠因」としていた。櫻井よしこによれば、遠藤は安倍内閣崩壊の原因について、「安倍晋三が安倍晋三でなくなったからです」と述べている。遠藤浩一 フレッシュアイペディアより)

  • カザルスホールを守る会

    カザルスホールを守る会から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこ(ジャーナリスト)カザルスホールを守る会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年中国における日本人死刑執行問題

    2010年中国における日本人死刑執行問題から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    産経新聞4月3日の社説「主張」は「中国の裁判制度も世界を納得させるものに変わるには、言論の検閲やチベットの人権問題と同様、一党独裁体制の劇的転換しかないだろう」述べ、同じく産経新聞のニュースサイトで櫻井よしこ氏は麻薬犯罪は憎むべきものだとしたうえで、「首相は中国には中国の法律がある、それを尊重すべきだと語っている。たしかにひとつの理屈である。だが、法律だからといって中国政府の定めた法律に日本国政府が無条件に従ってよいものか。」と尖閣諸島問題や中国の人権問題などを引き合いに出し、中国国内法に対する不満を露にしている。なお毎日新聞の伊藤正志氏は産経新聞の「主張」に対し「司法の問題であり、政治がテーマではない。だが、産経の中国観の突出ぶりが目立った」と指摘している。2010年中国における日本人死刑執行問題 フレッシュアイペディアより)

177件中 51 - 60件表示

「櫻井よしこ」のニューストピックワード