128件中 71 - 80件表示
  • 正論 (雑誌)

    正論 (雑誌)から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこ:ジャーナリスト・キャスター正論 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 水間政憲

    水間政憲から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    現在は、近現代史(特に連合国軍占領下の日本の政治・文化)を中心にテレビ報道、新聞の調査研究をおこない、製作活動は皆無である。また、調査研究のかたわら東京裁判史観の見直しに繋がる資料の復刻も企画(阿羅健一『「南京事件」日本人48人の証言』、櫻井よしこ『「眞相箱」の呪縛を解く』、共に小学館文庫)。『正論』・『SAPIO』にも多数の寄稿をおこなっている。水間政憲 フレッシュアイペディアより)

  • DOUBLE

    DOUBLE (歌手)から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    憧れの女性像は櫻井よしこである。デビュー当時はヴァネッサ・ウィリアムスのようなエレガントな女性を意識していた。DOUBLE (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国下院121号決議

    アメリカ合衆国下院121号決議から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    屋山太郎・櫻井よしこ・花岡信昭・すぎやまこういち・西村幸祐の保守論壇5人からなる「歴史事実委員会」は『ワシントン・ポスト』2007年6月14日に「THE FACTS(事実)」という見出しで意見広告を出し、慰安婦募集に日本政府や軍の強制はなかった、進駐したGHQは日本側に慰安所の設置を要請したと、「慰安婦は性奴隷ではなかった」という主張の下、旧日本軍の強制を示す文書がないとしたうえで、慰安婦は公娼制度であったと主張した。また「事実無根の中傷に謝罪すれば、人々に間違った印象を残し、日米の友好にも悪影響を与えかねない」としていた。アメリカ合衆国下院121号決議 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山竜次

    秋山竜次から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    『ロンドンハーツ』の『抱かれたい芸人GP』(2007年11月20日放送)で熟女好きであることをカミングアウトした。橋田壽賀子もストライクゾーンに入るという。若い女性には一切興味がなく、杉本彩でも若過ぎると発言。『格付けしあう男たち』(2008年3月4日放送)では由紀さおりとヒラリー・クリントンに最も興味があり、「熟女の崩れ落ちたヒザがたまらない」などと語って爆笑を誘った。その他、好きな熟女に萬田久子、余貴美子、かたせ梨乃、櫻井よしこ等の名前を挙げている。秋山竜次 フレッシュアイペディアより)

  • 森裕子

    森裕子から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    民主党時代には、人権擁護法案に反対する民主党議員らで結成された人権擁護法案から人権を守る会に所属し、櫻井よしこと屋山太郎を講師として招いた勉強会に参加している。森裕子 フレッシュアイペディアより)

  • 新潮ドキュメント賞

    新潮ドキュメント賞から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    2002年(平成14年)創始され、毎年8月に発表される。受賞作は講談社ノンフィクション賞と同時受賞になることも多い。発表誌は『新潮45』。副賞100万円。2012年現在の選考委員は櫻井よしこ、福田和也、藤原正彦、保阪正康、恩田陸の5名。新潮ドキュメント賞 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    2009年9月4日のムネオ日記に、櫻井よしこが「昭和天皇が戦争責任を取って退位すべきだった」と述べた事に反論している。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 参議院改革論

    参議院改革論から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    評論家櫻井よしこは、現憲法における参議院の衆議院への劣等性(総理大臣指名や予算案で衆議院が優越する制度)を解消し、両院対等とすべきと提案している。参議院改革論 フレッシュアイペディアより)

  • 野田内閣 (第1次改造)

    野田内閣 (第1次改造)から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    4月10日 - 皇室制度に関する有識者ヒアリングの第3回が開催され、ジャーナリストの櫻井よしこ氏と日本大学教授の百地章氏が、意見発表を行う。野田内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

128件中 71 - 80件表示