177件中 81 - 90件表示
  • デイビッド・マクニール

    デイビッド・マクニールから見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    マクニールは日本軍慰安婦強制連行説に疑義を感じるようになった日本人を歴史修正主義者(rightist revisionists)とし、日本軍慰安婦強制連行説に異議を行う有識者を「右翼」と呼称している。(例えば、櫻井よしこは「a high profile revisionist」、西岡力東京基督教大学教授は「right-wing historian」と書かれている。)デイビッド・マクニール フレッシュアイペディアより)

  • 朱建栄

    朱建栄から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    2008年8月24日放送のテレビ朝日『サンデープロジェクト』においては、中国は変化しており報道規制もなくなりつつあると述べ、「チベット民族などの暴動」についての報道規制を特に批判した国境なき記者団は過激で信頼できない団体であり、それをもって中国が現在、報道規制が強いというのは間違いであると主張した。それに対して同席していた櫻井よしこからは、外国特派員協会も同じように報道規制について批判していると反論され、「朱さんは、中国政府の代弁者と言っていい形の方」と評された。2005年8月15日放送の『日本の、これから』では南京大虐殺論争では櫻井の虐殺否定説を否定しており、ティルマン・ダーディン記者の証言を肯定している。朱建栄 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史戦

    歴史戦から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    櫻井よしこは産経新聞上で「官民の力を合わせてこの不条理な戦争に勝たなければならない。その第一歩として、日本人全員に読んでほしいのが本書である。」と絶賛した。歴史戦 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国下院121号決議

    アメリカ合衆国下院121号決議から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    屋山太郎・櫻井よしこ・花岡信昭・すぎやまこういち・西村幸祐の保守論壇5人からなる「歴史事実委員会」は『ワシントン・ポスト』2007年6月14日に「THE FACTS(事実)」という見出しで意見広告を出し、慰安婦募集に日本政府や軍の強制はなかった、進駐したGHQは日本側に慰安所の設置を要請したと、「慰安婦は性奴隷ではなかった」という主張の下、旧日本軍の強制を示す文書がないとしたうえで、慰安婦は公娼制度であったと主張した。また「事実無根の中傷に謝罪すれば、人々に間違った印象を残し、日米の友好にも悪影響を与えかねない」としていた。アメリカ合衆国下院121号決議 フレッシュアイペディアより)

  • 和田秀樹

    和田秀樹から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    『日本の病 正常な国への処方箋』櫻井よしこ PHP研究所 2001和田秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 金両基

    金両基から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    海峡は越えられるか 日韓歴史論争(櫻井よしこ共著、中央公論社、1997年 / のち文庫)金両基 フレッシュアイペディアより)

  • 中西輝政

    中西輝政から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    - 小林節・櫻井よしこ・長谷川三千子・福田和也・松本健一と共著。中西輝政 フレッシュアイペディアより)

  • 小川榮太郎

    小川榮太郎から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    2015年10月4日に開催された「憲法改正を実現する九州大会」におけるシンポジウムでは、「政治日程に憲法改正が上がるのは画期的なことで、この好機を逃してはならない」、「平和について、わめいている人たちこそが一番平和にふまじめな人たちであり、堂々と国民に本当の話を浸透させる必要がある」と話した。櫻井よしこによる「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の代表発起人の1人。小川榮太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中川八洋

    中川八洋から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    著書『脱原発のウソと犯罪』で西尾幹二を中傷したとして西尾から名誉毀損で提訴されている。一方の中川は西尾を「歴史の偽造屋」「妄言屋」と貶し、小堀桂一郎・小田村四郎・櫻井よしこ・高橋史朗・江藤淳・渡部昇一と並べ「自称民族主義者の朝日チルドレン」と蔑んでいる。中川八洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐山聡

    佐山聡から見た櫻井よしこ櫻井よしこ

    子供の教育における体罰の必要性を主張するシンポジウム(主催は加瀬英明)に、石原慎太郎や櫻井よしこ、高橋史朗、田久保忠衛などと共に参加したことがある。佐山聡 フレッシュアイペディアより)

177件中 81 - 90件表示

「櫻井よしこ」のニューストピックワード