196件中 91 - 100件表示
  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た女系天皇

    皇室には「2660年」「125代」の歴史があると考えている(皇紀を参照)。皇室典範改正問題では、旧皇族皇籍復帰派であり、女系天皇容認には絶対反対の立場を取る。悠仁親王誕生以前は「男系女子である愛子内親王を皇位につけ、代を繋げる間に、旧皇族に皇籍復帰して頂き、その後に傍系継承を行い、皇室の男系継承の伝統を守るべき」と主張していた。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たNNNきょうの出来事

    英字新聞『クリスチャン・サイエンス・モニター』東京支局などを経て、1980年(昭和55年)5月より日本テレビ『NNNきょうの出来事』のメインキャスターとなった。以来、同番組で1996年(平成8年)3月までの16年間に渡ってアンカーパーソンを担当した。女性ニュースキャスターの草分けである。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た靖国神社

    昭和天皇が靖国神社へ親拝しなくなった理由を「三木武夫の私的参拝発言が原因であり、A級戦犯合祀問題は全く関係ない」と長年主張してきた。2006年(平成18年)7月に、昭和天皇が靖国神社へのA級戦犯合祀に不快感を示したとされるメモ(富田メモ)が発見された事については、メモの信憑性を疑っており、また「政治に利用してはならない」等として、メモの影響で公人の靖国神社参拝に影響が出ることを懸念した。その後も信憑性についての疑いを捨てず、富田メモに関しては検証が必要と日本経済新聞に公開を求める主張をおこない、首相による靖国参拝を支持する立場も堅持している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た真珠湾攻撃陰謀説

    真珠湾攻撃はルーズベルトによって仕掛けられた罠だと主張している(真珠湾攻撃陰謀説)。その根拠として、ロバート・スティネットの著書『真珠湾の真実―ルーズベルト欺瞞の日々』第5章「見事な配備」、第12章「無線封止神話の崩壊」を提示し、南雲艦隊は「ガラガラヘビのように無線を使いまくった」ことをその根拠としている。しかし、同書は秦郁彦らの検証では否定されており、また南雲忠一中将率いる海軍機動部隊の中で通信を担当する戦艦「霧島」が属する「第3戦隊」と、航路の警戒などにあたる「第1水雷戦隊」の1941年12月の戦時日誌が、防衛省防衛研究所によってアメリカメリーランド大図書館で確認され、無線封止がされていたことが公文書で裏付けられている。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た親米保守

    対外政策に関しては親米保守派の急先鋒であり、イラク情勢についてはアメリカ合衆国連邦政府の見解とほぼ同じ考えを表明している。イラク戦争の是非についても「サッダーム・フセイン体制の壊滅」という観点から全面的に支持している。また開戦の最大の成果として「フセイン排除、同国で初の民主的で自由な選挙が行われた点」を強調している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た旧皇族

    皇室には「2660年」「125代」の歴史があると考えている(皇紀を参照)。皇室典範改正問題では、旧皇族皇籍復帰派であり、女系天皇容認には絶対反対の立場を取る。悠仁親王誕生以前は「男系女子である愛子内親王を皇位につけ、代を繋げる間に、旧皇族に皇籍復帰して頂き、その後に傍系継承を行い、皇室の男系継承の伝統を守るべき」と主張していた。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た福島第一原子力発電所事故

    福島第一原子力発電所事故後の2011年7月14日、産経新聞社主催の第256回全国縦断「正論」鹿児島講演会で講演し、「核をつくる技術が外交的強さにつながる。原発の技術は軍事面でも大きな意味を持つ」と主張し、「原発を忌避するのではなく、二度と事故を起こさないようにする姿勢こそ必要」と強調した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た新しい歴史教科書をつくる会

    新しい歴史教科書をつくる会の市販本『日本人の歴史教科書』(2009年5月発売)に寄稿した。また、2008年(平成20年)3月29日、「つくる会『沖縄問題』緊急シンポジウム」に講演者、パネリストとして出席した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た兵役

    2005年(平成17年)3月号の『文藝春秋』に掲載された「ヨン様と靖国─韓国新実力者に聞く」の中で、韓国の政治状況に関する小論を書いた際に、ペ・ヨンジュンを引き合いに出して、「あの優しげなヨン様も兵役を果たしていることを忘れてはならない」と述べた上で、韓国の徴兵制度を賛美・礼賛した(実際にはペは視力が基準に満たず、兵役を免除されているため事実誤認)。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た日朝首脳会談

    小泉純一郎内閣に対しは当初は好意的だったが、道路公団改革の失敗や第二次訪朝を機に反小泉内閣に転じた。対北朝鮮外交を「弱腰だ」と厳しく批判した。他方、靖国神社参拝断行、対中ODA廃止などの対中外交などは安倍内閣よりも高く評価した。また、道路公団改革の失敗に対しては終盤で道路族への迎合が目立った猪瀬直樹、石原伸晃に対しても激しく批判していた。後継の安倍政権でも批判の手を緩めず、憲法改正への積極的提言を行った。また、福田康夫については「親中派」とみなし、2007年(平成19年)の自由民主党総裁選挙で福田が選出されると、「日本の国益を損ねる媚中外交が開始される」として政権発足前から懸念を表明した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

196件中 91 - 100件表示