201件中 11 - 20件表示
  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た福田和也

    (中西輝政代表・編、小林節・中西輝政・長谷川三千子・福田和也・松本健一と共著 『憲法改正』、(中央公論新社、2000年4月、ISBN 978-4120029950)櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た大江健三郎

    沖縄戦における集団自決に関する大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判の大阪高等裁判所の判決(2008年10月31日)に対して、判決文の「大江氏の記述は真実性の証明があるとはいえない」、「資料で両隊長の直接的な自決命令は真実性が揺らいだ」としつつ、「各記述や前提の事実が真実でないと明白になったとまではいえない」と訴えを退けたことについて、「深刻な論理矛盾」、「世の中に通用しない曲がった理屈」、「真実を知る努力を十分にしていない」と批判した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た福島瑞穂

    同年10月、横浜市教育委員会主催の教師向け研修会で、福島瑞穂の慰安婦問題に対する姿勢について批判した。福島瑞穂によれば、櫻井から福島に対して「福島さんに対して実に申し訳ないことをしました。講演をしたときに、うっかり口がすべって、『従軍慰安婦の問題について福島さんももう少し勉強をしたらどうですか』と言ってしまったのです。本当に申し訳ありませんでした」という内容の謝罪を行ったという。なお、同研修会では「従軍慰安婦は存在しなかった」という趣旨の話をしたことで、その後に櫻井が講演予定をしていた主催者へ「人権」を掲げる団体が抗議運動をしたため、主催者が講演の中止を発表するに至った。『読売新聞』は社説(2008年2月3日付)で言論の自由を妨害された事例として、この件を取り上げている。もっとも福島は、櫻井とのそのような遣り取りは存在せず、講演録を見せられて心底驚いたと「創」1997年4月号で述べている。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た牧義夫

    外国人参政権付与法案を「亡国への第一歩」として反対しており、この件について民主党の「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」による勉強会に招かれ、参政権を得るには帰化をさせるべきで特別永住者については歴史的経緯を考慮して国籍取得の条件を簡素化する必要があるとする論を述べ、参加した議員からは「極めて共鳴した」(蓮舫)、「おおむね私の認識と同じだ」(牧義夫)と共感された一方、岡田克也からは「(私が在日韓国人の立場だったら)『選挙権を得たければ国籍を捨てろ』といわれたら許せない」との反論も出た。一時間あまり熱弁をふるったが、議連からは面と向かって「ご意見はわかりました。しかし、外国人参政権付与は進めます」と言われた。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た伊藤一長

    平成19年(2007年)長崎市長射殺事件で殺害された伊藤一長長崎市長の反米・反核平和志向に対して「長崎市長として核兵器を投下した米国を批判するのも十分にわかる。」と理解を示した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た悠仁親王

    皇室には「2660年、125代の歴史がある」と考えている(皇紀を参照)。皇室典範改正問題では、旧皇族皇籍復帰派であり、女系天皇容認には絶対反対の立場を取る。悠仁親王誕生以前は「男系女子である愛子内親王を皇位につけ、代を繋げる間に、旧皇族に皇籍復帰して頂き、その後に傍系継承を行い、皇室の男系継承の伝統を守るべき」と主張していた。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た花田紀凱

    花田紀凱)『朝日リスク ―暴走する報道権力が民主主義を壊す―』(産経新聞出版、2018年3月)ISBN 978-4819113335櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た安部英

    英字新聞『クリスチャン・サイエンス・モニター』東京支局などを経て、1980年5月から1996年3月まで日本テレビ『NNNきょうの出来事』のメインキャスターを務めた。1993年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞。1995年に薬害エイズ事件を論じた『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』で第26回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。なお、薬害エイズ事件で櫻井から追及された安部英は無罪判決を受け、櫻井は名誉毀損で訴えられた(後述)。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た薬害エイズ事件

    英字新聞『クリスチャン・サイエンス・モニター』東京支局などを経て、1980年5月から1996年3月まで日本テレビ『NNNきょうの出来事』のメインキャスターを務めた。1993年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞。1995年に薬害エイズ事件を論じた『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』で第26回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。なお、薬害エイズ事件で櫻井から追及された安部英は無罪判決を受け、櫻井は名誉毀損で訴えられた(後述)。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たダライ・ラマ14世

    ダライ・ラマ14世、ロブサン・センゲ)『チベット 自由への闘い ―ダライ・ラマ14世、ロブサン・センゲ首相との対話―』(PHP研究所、2017年12月)ISBN 978-4569837123櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

201件中 11 - 20件表示

「櫻井よしこ」のニューストピックワード