196件中 31 - 40件表示
  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た後天性免疫不全症候群

    1995年(平成7年)に薬害エイズ事件を論じた『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』で第26回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。なお、薬害エイズ事件で櫻井から厳しく追及された安部英は無罪判決を受け、櫻井は名誉毀損で訴えられた(後述)。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た苅谷剛彦

    (藤原和博編、苅谷剛彦、鈴木寛)『中学改造 “学校"には何ができて、何ができないのか』(小学館 2002年7月)ISBN 4098400774櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た秦郁彦

    真珠湾攻撃はルーズベルトによって仕掛けられた罠だと主張している(真珠湾攻撃陰謀説)。その根拠として、ロバート・スティネットの著書『真珠湾の真実―ルーズベルト欺瞞の日々』第5章「見事な配備」、第12章「無線封止神話の崩壊」を提示し、南雲艦隊は「ガラガラヘビのように無線を使いまくった」ことをその根拠としている。しかし、同書は秦郁彦らの検証では否定されており、また南雲忠一中将率いる海軍機動部隊の中で通信を担当する戦艦「霧島」が属する「第3戦隊」と、航路の警戒などにあたる「第1水雷戦隊」の1941年12月の戦時日誌が、防衛省防衛研究所によってアメリカメリーランド大図書館で確認され、無線封止がされていたことが公文書で裏付けられている。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た池田信夫

    池田信夫は「(櫻井は)一種のaffirmative action(ポジティブ・アクション1)でメディアによく登場するが、中身はでたらめ。」とし、また櫻井が住民基本台帳ネットワークにおいて「国民共通番号制に反対する会」の代表になっている活動について、「システムの中身も知らないでヒステリックに騒いだため、左翼の残党がこれに乗って『監視社会』反対運動を始めた」などと自身のブログ内にて櫻井の活動をたびたび批判している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た田久保忠衛

    田久保忠衛)『国家への目醒め―賢く勁き日本へ』(小学館、2008年12月)ISBN 978-4759310313櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た鈴木寛

    (藤原和博編、苅谷剛彦、鈴木寛)『中学改造 “学校"には何ができて、何ができないのか』(小学館 2002年7月)ISBN 4098400774櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た福田康夫

    小泉純一郎内閣に対しは当初は好意的だったが、道路公団改革の失敗や第二次訪朝を機に反小泉内閣に転じた。対北朝鮮外交を「弱腰だ」と厳しく批判した。他方、靖国神社参拝断行、対中ODA廃止などの対中外交などは安倍内閣よりも高く評価した。また、道路公団改革の失敗に対しては終盤で道路族への迎合が目立った猪瀬直樹、石原伸晃に対しても激しく批判していた。後継の安倍政権でも批判の手を緩めず、憲法改正への積極的提言を行った。また、福田康夫については「親中派」とみなし、2007年(平成19年)の自由民主党総裁選挙で福田が選出されると、「日本の国益を損ねる媚中外交が開始される」として政権発足前から懸念を表明した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た北康利

    中国共産党に対しては、その体制、少数民族への弾圧、環境問題やコピー製品氾濫などの視点から厳しい姿勢をとっている。著書『異形の大国 中国』の冒頭では、「隣に中国という国が存在することは、天が日本に与え給うた永遠の艱難である」とした。また、北康利との対談で、「中国は日本と仲良くする気はありませんから。仲良くする気がない国と仲良くしようというのは卑屈」と発言している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た東郷平八郎

    東郷平八郎は日本の英雄だから歴史教科書に載せるべき」と主張している。フィンランドでは、「アドミラル・トーゴー」というビールで東郷が讃えられていると述べた。これはフィンランドのピューニッキ醸造所において生産された「提督ビールシリーズ」のラベルの一つで、幾人かの世界の提督をラベルにものの一つが東郷であった。このビールについてフィンランドのカレヴィ・ソルサ元首相はシンポジウム『新時代のきずな 日本とEU』において、このビールを「トーゴービール」と呼び、日露戦争においてフィンランドを統治していたロシアが敗れたことで、フィンランドでは独立の機運が高まったこともあり、フィンランド国民はこの東郷ラベルのビールを飲んで往時をしのぶ、と語ったことが平成9年(1997年)10月6日の朝日新聞で伝えられている。また東郷ラベルには「東郷平八郎提督に敬意を表して」とわざわざ日本語で書かれているものもあったという。一方でフィンランド大使館は2012年に『東郷ビール』というビールは存在しないとの発言をTwitter公式アカウントに掲載している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た金両基

    金両基)『海峡は越えられるか 日韓歴史論争』(中央公論社 1997年7月)のち文庫 ISBN 4120027104櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

196件中 31 - 40件表示

「櫻井よしこ」のニューストピックワード