201件中 41 - 50件表示
  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た寛仁親王

    寛仁親王)『皇室と日本人 ―寛仁親王殿下お伺い申し上げます―』(明成社 2006年3月)ISBN 978-4944219414櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た佐高信

    共謀罪、住民基本台帳ネットワークシステム・住民票コードには反対で「国民共通番号制に反対する会」共同代表を務める。同会には斎藤貴男や佐高信も参加していた。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た三木武夫

    昭和天皇が靖国神社へ親拝しなくなった理由を「三木武夫の私的参拝発言が原因であり、A級戦犯合祀問題は全く関係ない」と長年主張してきた。平成18年(2006年)7月に、昭和天皇が靖国神社へのA級戦犯合祀に不快感を示したとされるメモ(富田メモ)が発見された事については、メモの信憑性を疑っており、また「政治に利用してはならない」等として、メモの影響で公人の靖国神社参拝に影響が出ることを懸念した。その後も信憑性についての疑いを捨てず、富田メモに関しては検証が必要と日本経済新聞に公開を求める主張を行い、首相による靖国参拝を支持する立場も堅持している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た池田信夫

    池田信夫は「一種のaffirmative actionでメディアによく登場するが、中身はでたらめ」と評し、また櫻井が住民基本台帳ネットワークにおいて「国民共通番号制に反対する会」の代表になっている活動について、「システムの中身も知らないでヒステリックに騒いだため、左翼の残党がこれに乗って『監視社会』反対運動を始めた」などと自身のブログ内にて櫻井の活動をたびたび批判している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た福田康夫

    福田康夫については「親中派」とみなし、平成19年(2007年)の自由民主党総裁選挙で福田が選出されると、「日本の国益を損ねる媚中外交が開始される」として政権発足前から懸念を表明した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たロバート・ダンカン・マクニール

    信奉するアンカーパーソンは、ロバート・ダンカン・マクニール櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た茂木貞純

    (大原康男・茂木貞純)『皇位継承の危機いまだ去らず』(扶桑社新書、2009年11月)櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た愛子内親王

    皇室には「2660年、125代の歴史がある」と考えている(皇紀を参照)。皇室典範改正問題では、旧皇族皇籍復帰派であり、女系天皇容認には絶対反対の立場を取る。悠仁親王誕生以前は「男系女子である愛子内親王を皇位につけ、代を繋げる間に、旧皇族に皇籍復帰して頂き、その後に傍系継承を行い、皇室の男系継承の伝統を守るべき」と主張していた。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たセオドア・ルーズベルト

    日本の外交に関して、2002年以降の北朝鮮、韓国、中国に対する日本外交は失敗を続けており、外務官僚主導による外交にその問題の根があるとしている。特に北朝鮮との拉致問題に関する交渉では、セオドア・ルーズベルト大統領の発言、「外交は大きな棍棒片手に優しい声で」(棍棒外交)を引き合いに、力(強い圧力や制裁)の裏付けの無い善意や妥協では国益は守れないとの認識を示し、外務省の宥和的な交渉に負の側面があるとした。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た池田佳隆

    池田佳隆が2006年、政界進出前に刊行した『誇り高き国 日本 この国に生まれて本当に良かった』(ダイヤモンド社)の同著には櫻井が「絶賛」の帯を寄せている。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

201件中 41 - 50件表示

「櫻井よしこ」のニューストピックワード