196件中 51 - 60件表示
  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た朱建栄

    2008年(平成20年)8月24日の「サンデープロジェクト」で、中国は国民のためにも地球のためにもより自由が必要と述べ、報道規制したり、北京五輪期間に民族の「和」を演出しておきながらチベット民族に対して発砲した中国政府の行為を批判した。これに対して発砲場所やダライ・ラマがインタビューで主張した死亡人数は未確認であると櫻井が発言していない発砲場所や死亡人数の不正確さについて主張し始めた朱建栄に対して、「発砲があったことは事実」と朱建栄の主張を途中でさえぎった。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た三木武夫

    昭和天皇が靖国神社へ親拝しなくなった理由を「三木武夫の私的参拝発言が原因であり、A級戦犯合祀問題は全く関係ない」と長年主張してきた。2006年(平成18年)7月に、昭和天皇が靖国神社へのA級戦犯合祀に不快感を示したとされるメモ(富田メモ)が発見された事については、メモの信憑性を疑っており、また「政治に利用してはならない」等として、メモの影響で公人の靖国神社参拝に影響が出ることを懸念した。その後も信憑性についての疑いを捨てず、富田メモに関しては検証が必要と日本経済新聞に公開を求める主張をおこない、首相による靖国参拝を支持する立場も堅持している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た荒井広幸

    「官は民の補完でなければならない」が持論。2005年(平成17年)に郵政民営化の議論が本格化した際、民営化とそれに関する議論に反対していた荒井広幸を諭している。荒井は後に郵政民営化に関する立場を反対から賛成へと全面的に転換し、郵政民営化推進への支持・協力を積極的に行うようになる。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た教科書

    韓国の教科書について、「神話と現実の区別が曖昧で、実在するかどうかわからない人物や物語が、韓国の輝かしくも誇らしい民族の歴史として紹介されている」と論評した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た河本大作

    『マオ 誰も知らなかった毛沢東』を根拠に、「張作霖爆殺はコミンテルンの仕業(の可能性がある)」と公言している。張作霖を爆殺したのは河本大作大佐であると日本に現存する多数の一次資料に記録されていることから、このことで秦郁彦から批判されている。田母神俊雄の論文(「日本は侵略国家であったのか」)は、櫻井の著書などに基づき、「張作霖列車爆破事件は、日本軍でなくコミンテルンの仕業という説が有力だ」と主張した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たハノイ

    ベトナム・ハノイの野戦病院で日本人の両親の間に生まれた。日本に帰国後は大分県中津市に住み、父は東京で仕事をするが、家に帰ることが少なくなった。そのため、子供の身を案じた母・以志(小千谷市出身)が郷里である新潟県長岡市に転居した。櫻井が中学生の時であった。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た汚職

    1998年(平成10年)に慰安婦・エイズ・税制・教育・政治家や官僚の汚職と、幅広いテーマに及ぶ言論活動で第46回菊池寛賞。文藝春秋読者賞、新潮ドキュメント賞の選考委員を務めている。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たファーストレディ

    『ライサ・ゴルバチョフ 鉄道員の娘からファーストレディヘ』(ウルダ・ユルゲンス ダイヤモンド社, 1991年3月)ISBN 4478940738櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た官僚

    1998年(平成10年)に慰安婦・エイズ・税制・教育・政治家や官僚の汚職と、幅広いテーマに及ぶ言論活動で第46回菊池寛賞。文藝春秋読者賞、新潮ドキュメント賞の選考委員を務めている。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た内閣

    小泉純一郎内閣に対しは当初は好意的だったが、道路公団改革の失敗や第二次訪朝を機に反小泉内閣に転じた。対北朝鮮外交を「弱腰だ」と厳しく批判した。他方、靖国神社参拝断行、対中ODA廃止などの対中外交などは安倍内閣よりも高く評価した。また、道路公団改革の失敗に対しては終盤で道路族への迎合が目立った猪瀬直樹、石原伸晃に対しても激しく批判していた。後継の安倍政権でも批判の手を緩めず、憲法改正への積極的提言を行った。また、福田康夫については「親中派」とみなし、2007年(平成19年)の自由民主党総裁選挙で福田が選出されると、「日本の国益を損ねる媚中外交が開始される」として政権発足前から懸念を表明した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

196件中 51 - 60件表示

「櫻井よしこ」のニューストピックワード