201件中 61 - 70件表示
  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た外務省

    日本の外交に関して、2002年以降の北朝鮮、韓国、中国に対する日本外交は失敗を続けており、外務官僚主導による外交にその問題の根があるとしている。特に北朝鮮との拉致問題に関する交渉では、セオドア・ルーズベルト大統領の発言、「外交は大きな棍棒片手に優しい声で」(棍棒外交)を引き合いに、力(強い圧力や制裁)の裏付けの無い善意や妥協では国益は守れないとの認識を示し、外務省の宥和的な交渉に負の側面があるとした。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た司法

    平成20年(2008年)12月8日に改正された国籍法に対して、日本の危機、国会の司法への盲目的な追従、政治家の怠慢により他国の失敗事例をまねた、と酷評した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た喘息

    1997年、喘息患者の死亡はβ2刺激剤ベロテックの心臓への副作用が原因であり、これは薬害エイズ事件に続く薬害事件だと主張した(ベロテック問題)。櫻井は文藝春秋1997年6月号に、「喘息患者がつぎつぎに死んでゆく」と題した記事を掲載し同時に自らがキャスターを務める『NNNきょうの出来事』でも取り上げた。さらに、同誌9月特別号にて「NHKがごまかした『喘息薬害』」と続けて取り上げた。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たワシントン・ポスト

    歴史事実委員会の委員の一人として、『ワシントン・ポスト』2007年6月14日号に、米下院121号決議の全面撤回を求め慰安婦動員に日本政府や旧日本軍の組織的・計画的強制連行はなかったと主張する意見広告「THE FACTS」を出した。決議は後に採択された。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た日曜討論

    2015年9月28日、9月27日に民主党からNHK日曜討論において岡田克也代表らに関する発言に事実誤認があったとして撤回と謝罪を求め批判された。櫻井は番組中で岡田克也が外相時代に集団的自衛権は必要と発言したとして180度意見が変わったと批判したが、岡田は外相時代にそのような発言はしていなかった。櫻井は30日に発言は野党の幹事長時代だったと反論を発表したが、民主党はそのような事実はないとして再度撤回と謝罪を求める再質問状を送った。これに対して櫻井は「再度の回答は不要」との返答を民主党へ送った。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た核兵器

    平成19年(2007年)長崎市長射殺事件で殺害された伊藤一長長崎市長の反米・反核平和志向に対して「長崎市長として核兵器を投下した米国を批判するのも十分にわかる。」と理解を示した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た住民基本台帳ネットワークシステム

    共謀罪、住民基本台帳ネットワークシステム・住民票コードには反対で「国民共通番号制に反対する会」共同代表を務める。同会には斎藤貴男や佐高信も参加していた。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た薬害

    1997年、喘息患者の死亡はβ2刺激剤ベロテックの心臓への副作用が原因であり、これは薬害エイズ事件に続く薬害事件だと主張した(ベロテック問題)。櫻井は文藝春秋1997年6月号に、「喘息患者がつぎつぎに死んでゆく」と題した記事を掲載し同時に自らがキャスターを務める『NNNきょうの出来事』でも取り上げた。さらに、同誌9月特別号にて「NHKがごまかした『喘息薬害』」と続けて取り上げた。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た捏造

    1996年、薬害エイズ事件についての記述を巡って安部英医師より毎日新聞などとともに名誉棄損で訴えられる。訴訟は一審が棄却、二審で逆転、損害賠償を命ずる判決が出たのち、安部の無罪判決の後の平成17年(2005年)6月に最高裁で再逆転・棄却となり原告の敗訴が確定した。ただし、最高裁の判決理由は、「真実と信じたことに相当の理由がある」というもので櫻井の記述が真実であると認めたものではなく、安部の弁護団は、櫻井の取材方法は捏造に近いと主張している。この直前から本名ではなく「――よしこ」のペンネームを使用するようになった。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た中国共産党

    中国共産党に対しては、その体制、少数民族への弾圧、環境問題やコピー製品氾濫などの視点から厳しい姿勢をとっている。著書『異形の大国 中国』の冒頭では、「隣に中国という国が存在することは、天が日本に与え給うた永遠の艱難である」とした。また、北康利との対談で、「中国は日本と仲良くする気はありませんから。仲良くする気がない国と仲良くしようというのは卑屈」と発言。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

201件中 61 - 70件表示

「櫻井よしこ」のニューストピックワード