196件中 61 - 70件表示
  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た慶應義塾大学

    新潟県立長岡高等学校卒業後、慶應義塾大学文学部に進学するが中退してハワイに渡り、奨学金とアルバイトで学費と生活費を稼ぎながら、ハワイ大学マノア校歴史学部卒業。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た真珠湾攻撃

    真珠湾攻撃はルーズベルトによって仕掛けられた罠だと主張している(真珠湾攻撃陰謀説)。その根拠として、ロバート・スティネットの著書『真珠湾の真実―ルーズベルト欺瞞の日々』第5章「見事な配備」、第12章「無線封止神話の崩壊」を提示し、南雲艦隊は「ガラガラヘビのように無線を使いまくった」ことをその根拠としている。しかし、同書は秦郁彦らの検証では否定されており、また南雲忠一中将率いる海軍機動部隊の中で通信を担当する戦艦「霧島」が属する「第3戦隊」と、航路の警戒などにあたる「第1水雷戦隊」の1941年12月の戦時日誌が、防衛省防衛研究所によってアメリカメリーランド大図書館で確認され、無線封止がされていたことが公文書で裏付けられている。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たイラク戦争

    対外政策に関しては親米保守派の急先鋒であり、イラク情勢についてはアメリカ合衆国連邦政府の見解とほぼ同じ考えを表明している。イラク戦争の是非についても「サッダーム・フセイン体制の壊滅」という観点から全面的に支持している。また開戦の最大の成果として「フセイン排除、同国で初の民主的で自由な選挙が行われた点」を強調している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た住民基本台帳ネットワーク

    池田信夫は「(櫻井は)一種のaffirmative action(ポジティブ・アクション1)でメディアによく登場するが、中身はでたらめ。」とし、また櫻井が住民基本台帳ネットワークにおいて「国民共通番号制に反対する会」の代表になっている活動について、「システムの中身も知らないでヒステリックに騒いだため、左翼の残党がこれに乗って『監視社会』反対運動を始めた」などと自身のブログ内にて櫻井の活動をたびたび批判している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た司法

    2008年(平成20年)12月8日に改正された国籍法に対して、日本の危機、国会の司法への盲目的な追従、政治家の怠慢により他国の失敗事例をまねた、と酷評した。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た喘息

    1997年(平成9年)、喘息患者の死亡はβ2刺激剤ベロテックの心臓への副作用が原因であり、これは薬害エイズ事件に続く薬害事件だと主張した(ベロテック問題)。櫻井は文藝春秋1997年6月号に、「喘息患者がつぎつぎに死んでゆく」と題した記事を掲載し同時に自らがキャスターを務める『NNNきょうの出来事』でも取り上げた。さらに、同誌9月特別号にて「NHKがごまかした『喘息薬害』」と続けて取り上げたが、その内容には喘息医療現場への無知、喘息死の死因への誤解が含まれ、一部の喘息の専門家・患者団体から問題視された。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たワシントン・ポスト

    ワシントン・ポスト』2007年6月14日号に、慰安婦動員に日本政府や旧日本軍の組織的・計画的強制連行はなかったと主張する意見広告「THE FACTS」を出した歴史事実委員会の委員の一人でもある。この広告は米下院121号決議の全面撤回を求めるものだったが、決議は採択された。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た南雲忠一

    真珠湾攻撃はルーズベルトによって仕掛けられた罠だと主張している(真珠湾攻撃陰謀説)。その根拠として、ロバート・スティネットの著書『真珠湾の真実―ルーズベルト欺瞞の日々』第5章「見事な配備」、第12章「無線封止神話の崩壊」を提示し、南雲艦隊は「ガラガラヘビのように無線を使いまくった」ことをその根拠としている。しかし、同書は秦郁彦らの検証では否定されており、また南雲忠一中将率いる海軍機動部隊の中で通信を担当する戦艦「霧島」が属する「第3戦隊」と、航路の警戒などにあたる「第1水雷戦隊」の1941年12月の戦時日誌が、防衛省防衛研究所によってアメリカメリーランド大図書館で確認され、無線封止がされていたことが公文書で裏付けられている。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た教育

    1998年(平成10年)に慰安婦・エイズ・税制・教育・政治家や官僚の汚職と、幅広いテーマに及ぶ言論活動で第46回菊池寛賞。文藝春秋読者賞、新潮ドキュメント賞の選考委員を務めている。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たクリスチャン・サイエンス・モニター

    英字新聞『クリスチャン・サイエンス・モニター』東京支局などを経て、1980年(昭和55年)5月より日本テレビ『NNNきょうの出来事』のメインキャスターとなった。以来、同番組で1996年(平成8年)3月までの16年間に渡ってアンカーパーソンを担当した。女性ニュースキャスターの草分けである。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

196件中 61 - 70件表示

「櫻井よしこ」のニューストピックワード