201件中 81 - 90件表示
  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たクリスチャン・サイエンス・モニター

    英字新聞『クリスチャン・サイエンス・モニター』東京支局などを経て、1980年5月から1996年3月まで日本テレビ『NNNきょうの出来事』のメインキャスターを務めた。1993年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞。1995年に薬害エイズ事件を論じた『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』で第26回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。なお、薬害エイズ事件で櫻井から追及された安部英は無罪判決を受け、櫻井は名誉毀損で訴えられた(後述)。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た夫婦別姓

    選択的夫婦別姓制度について、「選択的夫婦別姓制度導入法案の源をたどれば、その考えは戦後の占領政策の下で行われた徹底的な家制度の破壊にいきつく」などとして反対している。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た住基ネット

    (伊藤穰一、清水勉)『「住基ネット」とは何か? ―国民と自治体のための脱「住基ネット」論―』(明石書店 2002年9月)ISBN 4750316237櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た伊藤穰一

    伊藤穰一、清水勉)『「住基ネット」とは何か? ―国民と自治体のための脱「住基ネット」論―』(明石書店 2002年9月)ISBN 4750316237櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た名誉棄損

    1996年、薬害エイズ事件についての記述を巡って安部英医師より毎日新聞などとともに名誉棄損で訴えられる。訴訟は一審が棄却、二審で逆転、損害賠償を命ずる判決が出たのち、安部の無罪判決の後の平成17年(2005年)6月に最高裁で再逆転・棄却となり原告の敗訴が確定した。ただし、最高裁の判決理由は、「真実と信じたことに相当の理由がある」というもので櫻井の記述が真実であると認めたものではなく、安部の弁護団は、櫻井の取材方法は捏造に近いと主張している。この直前から本名ではなく「――よしこ」のペンネームを使用するようになった。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た産経新聞出版

    (花田紀凱)『朝日リスク ―暴走する報道権力が民主主義を壊す―』(産経新聞出版、2018年3月)ISBN 978-4819113335櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た大和書房

    (瀬戸内寂聴)『ニッポンが好きだから ―女二人のうっぷん・はっぷん―』(大和書房 2000年12月)、のち新潮文庫 ISBN 4479011315櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見たPHP研究所

    『「政治」は誰のものか 迷走する日本の政治の核心に迫る』(PHP研究所 1993年1月)ISBN 4569538541櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た世界文化社

    『寝ても醒めても』(世界文化社 1994年12月)ISBN 441894513X櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た扶桑社

    (大原康男・茂木貞純)『皇位継承の危機いまだ去らず』(扶桑社新書、2009年11月)櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

201件中 81 - 90件表示

「櫻井よしこ」のニューストピックワード