前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
465件中 1 - 10件表示
  • ヨーロッパのトラム

    ヨーロッパのトラムから見たライトレールライトレール

    ヨーロッパでは各国でトラム(路面電車)が運行され、稠密な路線網を持つ国・都市も多い。その一部はライトレールとして規格の改良が施されており、ドイツではシュタットバーン、ベルギーではプレメトロとも呼ばれる。ヨーロッパのトラム フレッシュアイペディアより)

  • 路面電車

    路面電車から見たライトレールライトレール

    路面電車(ろめんでんしゃ)は、主に道路上に敷設された軌道(併用軌道)を用いる「路面鉄道」(、Tramway、Streetcar、)を走行する電車である。類似のシステムにライトレール、トラムトレイン、ゴムタイヤトラムなども存在する。路面電車 フレッシュアイペディアより)

  • トロント市地下鉄

    トロント市地下鉄から見たライトレールライトレール

    1954年にカナダ初の地下鉄として開業し、その後、路線は延伸され以下の4路線が運行中である。そのうち、スカボローRTは地下鉄ではなく、地上を走る新交通システムとなっており他線とは区別されている。また、エグリントン-クロスタウン線が5番目の路線としてLRTタイプの路線として建設中である。トロント市地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 通勤列車

    通勤列車から見たライトレールライトレール

    アジアでは日本とインド、イスラエルで非常に発達しているが、その他の地域では首都を除くとあまり発達しておらず、地下鉄やライトレールが通勤列車の役割を担ってることが多い。通勤列車 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄

    地下鉄から見たライトレールライトレール

    地下鉄は建設にも維持管理にも莫大な費用を費やす交通機関であることから、大量の輸送需要が見込める都市でないと建設・維持することが難しい。そのため、地下鉄のある都市の多くは100万人以上の人口を抱える都市圏である。さらに建設費の償還や維持費の確保のため、他の公共交通機関と比較すると運賃が割高な傾向がある。建設しても需要が予想をはるかに下回ったとき非常に大きな負担となる場合もある。最近では、建設費用や維持費用が安くバリアフリーで環境に優しいLRT(次世代型路面電車)を導入する例が増えている。地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 江東区

    江東区から見たライトレールライトレール

    区北部の中心地。都からも「亀戸・錦糸町副都心」として副都心に指定されている。亀戸駅周辺などは賑やかな雰囲気であり、セイコーインスツルの本社跡地が再開発されたサンストリート亀戸などがあった(2016年3月31日に閉鎖)天神や船橋屋も有名で古くから栄えており、江東区内で最も古く市街地化された地域の一つ。東武亀戸線の始発駅でもあり、LRT(下の交通を参照)計画の始発駅予定地でもある。江東区 フレッシュアイペディアより)

  • 高雄捷運

    高雄捷運から見たライトレールライトレール

    高雄捷運(たかおしょううん)/高雄メトロは、台湾高雄市の交通渋滞を緩和するために設置された捷運(地下鉄・ライトレール)である。正式名称は、高雄市都会区大衆捷運系統(Kaohsiung Rapid Transit System/Kaohsiung Metro)。略称として、高捷と呼ばれることがある。高雄捷運 フレッシュアイペディアより)

  • LRV

    LRVから見たライトレールライトレール

    Light Rail Vehicle - 軽量軌道用の車両のこと。詳細はライトレール、LRTを参照。LRV フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルスの交通機関

    ロサンゼルスの交通機関から見たライトレールライトレール

    しかしその一方で、ロサンゼルス大都市圏内における鉄道による交通網はパシフィック電鉄などを1960年ごろまでに全廃してしまったため、1980年代までほとんど未発達で、アメリカ合衆国内の他の主要都市に後れを取り、路面電車やトロリーバスが市内交通の中心である同じ州内のサンフランシスコとは対照的であった。しかし、1990年代からライトレール・地下鉄や近郊列車の整備が進められている。ロサンゼルスの交通機関 フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック電鉄

    パシフィック電鉄から見たライトレールライトレール

    阪急電鉄、東京急行電鉄等は、鉄道延伸と宅地開発を並行して行うPE・ハンティントンの手法を創業期から積極的に取り入れ、成功した事例といえる。しかし、本家であるところのPEの沿線開発によるベッドタウンは、当初の中産階級住民がフリーウェイ網の拡大と共に、郊外のより広大な住宅に移り、代わって沿線は有色人種を中心とした“クルマも持てない”所得の低い住民の住む街となっていった。さらに、PE(最終期にはLAMTAロサンゼルス市交通営団に買収)路線廃止数年後かつてのロングビーチ線沿線でワッツ暴動が発生。この背景には、鉄道廃止により整備された公共交通を欠いた地域となったことへの市民の不満も一因であるとされる。この暴動と前後し、沿線のうちサンフェルナンド渓谷、サウス・セントラル周辺は全米有数の凶悪犯罪が多発するスラム化した地域となっていった(なお、ハリウッドやサンマリノといった全米有数の高級住宅地もPE沿線で、PEの建設に伴って開発された住宅地であり、沿線がすべてスラム化したというわけではない)。現在旧PE路線網をなぞるように整備が進むLAMTAのライトレール路線網は、公共交通整備によるスラムクリアランスの意味合いが強いといわれ、実際自家用車を保有する層がこうした公共交通へと転移することは殆ど無い。このことを考えると、デベロッパーとしてのPEの手法は、本家たるロサンゼルスでは定着することなく終わり、むしろその密集度から移動手段を完全に自家用車に依存することが不可能な、日本の首都圏や京阪神地域等で定着を見たといえなくもない。パシフィック電鉄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
465件中 1 - 10件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード