360件中 31 - 40件表示
  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たライトレールライトレール

    1990年(平成2年)に欧州視察を行うなど、路面電車が急速に見直される中で新時代の公共交通機関を目指してLRT化に積極的に取り組んでいる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 堺市

    堺市から見たライトレールライトレール

    堺臨海地域 : 新日本製鐵堺製鐵所の高炉休止・事業所縮小(1990年)によって生じた遊休地を開発する計画。堺市は「臨海新都心」(愛称・堺浜)と位置づけ、マリーナ、海とのふれあい広場、干潟などを整備している。2006年3月21日に「堺浜シーサイドステージ」の第1期工事が完成。シネコンなどを備えた大型複合施設(堺浜えんため館)も同年4月15日に開業した。また、2010年には天然芝のサッカーグランドやクラブハウス、宿泊施設を備えた西日本初のサッカー・ナショナルトレーニングセンター「J-GREEN堺」が完成した。将来的にはLRTの乗り入れも検討されており、堺製鐵所の敷地内には「トランスロール」堺浜試験線が引かれている。なお、新日本製鐵は当初、堺製鐵所の遊休地にアメリカのユニバーサルスタジオを誘致することでユニバーサル社と話を進めていた。かねてより日本進出を目論んでいたユニバーサル社と北九州市のスペースワールドを開業したノウハウを持つ新日本製鐵の思惑が合致したためだが、交通の便の悪さを理由に合意が得られなかった。堺市 フレッシュアイペディアより)

  • アーバー・ロッジ (ポートランド)

    アーバー・ロッジ (ポートランド)から見たライトレールライトレール

    アーバー・ロッジ(Arbor Lodge)は、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド市北部に位置する地区で、州間高速道路5号線の西側に広がる。ポートランド都市圏のライトレールであるMAXイエロー・ラインのノース・ロンバード・トランジット・センター駅とノース・ポートランド・ブルバード駅がこの地区内にある。これら2駅は2004年に完成し、ニュー・シーズンズ・マーケットやフレッド・マイヤーなどの大型店の開店などと共に、同地区の発展に寄与した。アーバー・ロッジ (ポートランド) フレッシュアイペディアより)

  • Light Rail Transit

    Light Rail Transitから見たライトレールライトレール

    Light Rail Transit フレッシュアイペディアより)

  • Railroadとrailwayの使い分け

    Railroadとrailwayの使い分けから見たライトレールライトレール

    歴史的には、アメリカ合衆国では"railroad"という言葉は、特に会社名として使われた場合には、従来の鉄道システムのことを指し、"railway"という言葉は路面電車やライトレールを指す。しかしながら、かなりの数の例外も存在している。実際、多くの会社が再編の際に一方の言葉からもう一方の言葉へ変更しており、これは古い会社と新しい会社を区別するために行っている(例: シーボード・エア・ライン鉄道 :en:Seaboard Air Line Railroad)。Railroadとrailwayの使い分け フレッシュアイペディアより)

  • ミッドランド・メトロ

    ミッドランド・メトロから見たライトレールライトレール

    ミッドランド・メトロ(Midland Metro)は、イギリスのイングランド中西部の都市バーミンガムとウォルヴァーハンプトンの間を走るライトレールである。ミッドランド・メトロ フレッシュアイペディアより)

  • 埼群軌道新線

    埼群軌道新線から見たライトレールライトレール

    実現する市民の会は、ライトレール方式にすれば、建設費も安上がりで、熊谷市街地での利用も見込めると主張しているが、それでも各自治体は乗り気ではなかったことから、2007年ごろから熊谷市内において署名活動を開始した。埼群軌道新線 フレッシュアイペディアより)

  • 軽快電車

    軽快電車から見たライトレールライトレール

    この後、参加メーカーの一つであるアルナ工機が車体を製作した、岡山電気軌道向け岡軌7000形車体更新車(1980年竣工)を皮切りに、日本に残る路面電車の殆どに、軽快電車の影響を受けた車両が導入され、現在のLRV導入の動きやLRTブームへの地ならしとなった。軽快電車 フレッシュアイペディアより)

  • キー・システム

    キー・システムから見たライトレールライトレール

    後の車両はサンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ乗り入れのために特別に設計された「ブリッジ・ユニット」となった。これは中央の台車を共有した2車体連接車で、それぞれの車両の中央に旅客扉が設置されているという、こんにちのライトレール車両のほとんどの設計の先駆者となった。また、この「ブリッジ・ユニット」では連結解放の便を考慮して連結器に電気連結器付きの密着連結器が採用され、濃霧が発生しやすいベイブリッジ周辺の気象条件に配慮して、キャブシグナルによる保安システム(ATC)が搭載されているのも大きな特徴である。キー・システム フレッシュアイペディアより)

  • トラム (ハウテン)

    トラム (ハウテン)から見たライトレールライトレール

    ハウテン・トラム(蘭:Tramlijn Houten - Houten Castellum)とは、オランダのハウテン市街地のハウテン駅とハウテン・カステラム駅を結ぶ全長1.9kmのライトレールの事である。全線にわたってオランダ鉄道の路線と平行して建設されており、2001年1月8日に開業し、2008年12月14日に廃止された。オランダで最も短距離のトラム路線であった。最高速度は40km/h、2駅間の所要時間は3分であった。トラム (ハウテン) フレッシュアイペディアより)

360件中 31 - 40件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード