465件中 41 - 50件表示
  • 堺市

    堺市から見たライトレールライトレール

    新日本製鐵堺製鐵所の高炉休止・事業所縮小(1990年)によって生じた遊休地を開発する計画。堺市は「臨海新都心」(愛称・堺浜)と位置づけ、マリーナ、海とのふれあい広場、干潟などを整備している。2006年3月21日に「堺浜シーサイドステージ」の第1期工事が完成。シネコンなどを備えた大型複合施設(堺浜えんため館)も同年4月15日に開業した。また、2010年には天然芝のサッカーグランドやクラブハウス、宿泊施設を備えた西日本初のサッカー・ナショナルトレーニングセンター「J-GREEN堺」が完成した。将来的にはLRTの乗り入れも検討されており、堺製鐵所の敷地内には「トランスロール」堺浜試験線が引かれている。なお、新日本製鐵は当初、堺製鐵所の遊休地にアメリカのユニバーサルスタジオを誘致することでユニバーサル社と話を進めていた。かねてより日本進出を目論んでいたユニバーサル社と北九州市のスペースワールドを開業したノウハウを持つ新日本製鐵の思惑が合致したためだが、交通の便の悪さを理由に合意が得られなかった。堺市 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予鉄道

    伊予鉄道から見たライトレールライトレール

    欧州を中心に路面電車(「ヨーロッパのトラム」を参照)が再評価されており、日本においても富山市における新規開業を嚆矢として、各都市で導入計画が検討されるなど復権しつつある。愛媛県や松山市も路面電車(LRT)に関して積極的な自治体の一つで、松山空港乗り入れや本町線延伸など、幾つかの延伸構想がある(後述)。伊予鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • モータリゼーション

    モータリゼーションから見たライトレールライトレール

    次世代路面電車(LRT)への車両更新・地上設備改良モータリゼーション フレッシュアイペディアより)

  • 洛西ニュータウン

    洛西ニュータウンから見たライトレールライトレール

    計画されていた地下鉄の建設は実現せず、その後、ライトレールの建設構想も浮上したものの、いずれも実現しなかった。そのため、現在も公共交通機関はバスのみとなっている。また、京都市と亀岡市を結ぶ老の坂峠や国道9号線などで慢性的な交通渋滞が生じているなど自動車での交通の利便性にも問題を抱えている。洛西ニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • カールスプラッツ駅

    カールスプラッツ駅から見たシュタットバーンライトレール

    かつてウィーン地下鉄4号線(U4)の前身であるシュタットバーンに用いられていたカールスプラッツ旧駅舎は、アール・ヌーヴォー様式の建築の代表例として著名である。これらの建築は、当時流行したウィーン分離派に含まれる。この駅舎を建設したのはオットー・ワーグナー、ヨゼフ・マリア・オルブリッヒであり、当時建設された19世紀末としては、世界で一番近代的な都市の1つとされていたウィーンにおいて、最も近代的な建築とされた。カールスプラッツ駅 フレッシュアイペディアより)

  • Light Rail Transit

    Light Rail Transitから見たライトレールライトレール

    Light Rail Transit フレッシュアイペディアより)

  • シュタットバーン

    シュタットバーンから見たライトレールライトレール

    シュタットバーン フレッシュアイペディアより)

  • LFX-300

    LFX-300から見たライトレールライトレール

    LFX-300(エルエフエックス - )は、近畿車輛が開発した、架線・蓄電池併用式100%超低床式路面電車の試作車。愛称名は「AmeriTRAM」。日本向け発表では低床LRVとしている。LFX-300 フレッシュアイペディアより)

  • ラピッド・トランジット

    ラピッド・トランジットから見たライトレールライトレール

    ラピッド・トランジット(Rapid transit)とは、都心部(およびその近郊)の大量旅客輸送機関(鉄道等)を指し、特に、地表の自動車交通や歩行者の往来とは完全に分離された構造物上の軌道を円滑に走行し、都市域で高い定時性を実現する形態のものを指す。これはライトレールや路面電鉄とは対比した形態を指している。主に北米における用語である。ラピッド・トランジット フレッシュアイペディアより)

  • ライト・レール

    ライト・レールから見たライトレールライトレール

    ライト・レール フレッシュアイペディアより)

465件中 41 - 50件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード