360件中 51 - 60件表示
  • 今出川通

    今出川通から見たライトレールライトレール

    京都市は日本を代表する国際観光地であり、全国各地から多くの観光客が訪れる。しかしながら京都市内(とりわけ洛中地域)では交通渋滞の慢性化が社会問題となっており、今出川通も例外ではない。この渋滞問題を緩和するためにLRT構想が立ちあげられ、大環状線、東大路通線などが立案された。その中で社会実験の実験線として今出川線が選ばれた。今出川通 フレッシュアイペディアより)

  • 香港の鉄道

    香港の鉄道から見たライトレールライトレール

    香港の鉄道は、香港島、九龍半島及びランタオ島とその隣接部にのみ存在している。香港の地下鉄と空港連絡鉄道は総延長200キロ以上で、香港鉄路有限公司(港鉄公司)が経営し、新界にあるライトレールの軽鉄や中国本土と結ぶ路線も経営している。この他、2階建て路面電車の香港トラム、ケーブルカーのピークトラム、索道の昂坪360があり、これらも香港の鉄道輸送網の一翼を担っている。香港の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 堺浜シーサイドステージ

    堺浜シーサイドステージから見たライトレールライトレール

    2009年10月より沖合いの土地(匠町)にシャープの工場が暫定ながら稼動開始するなど、レジャー面のみならず、産業や物流の拠点になることも期待されており、将来的にはLRTの乗り入れも検討されている。堺浜シーサイドステージ フレッシュアイペディアより)

  • ローズ・シティ・パーク (ポートランド)

    ローズ・シティ・パーク (ポートランド)から見たライトレールライトレール

    MAXライトレール網のブルーライン・レッドラインの NE 60th Ave 駅がセンター地区との地区境に位置する。ローズ・シティ・パーク (ポートランド) フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント大都市圏

    サクラメント大都市圏から見たライトレールライトレール

    サクラメント市はミシシッピ川より西では最大の鉄道中継点であり、最初の大陸横断鉄道ではオークランドに延伸されるまで西の終着駅だった。サクラメント駅はオールド・サクラメント近くにあって、地域最大の駅であり、「コースト・スターライト」、「カリフォルニア・ゼファー」、「サンホアキンズ」、「キャピトル・コリダー」および「スルウェイ・モータコーチ」の各アムトラック線が走っている。サクラメント地域交通地区サクラメント郡の地方交通線を運行しており、ブルーラインとゴールドラインを合わせた全長 37.42 マイル (60.22 km) のライトレール2線がサクラメント市と郊外地を結んでいる。アムトラックの停車駅としてはサクラメントの他にデイビス、ローズビル、ロックリン、オーバーン、コルファクスおよびトラッキーにある。サクラメント大都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市の交通

    高松市の交通から見たライトレールライトレール

    戦前には市街地に路面電車として市内線が運行され、観光路線としての性格と生活路線としての性格を兼ね備えていたため利用者も多かったが、戦災で破壊されそのまま再開されることなく廃止された。その後路面電車は走っていないが、現在高松市がLRTの導入に向けて検討を進めている。高松市の交通 フレッシュアイペディアより)

  • ユタ州の歴史

    ユタ州の歴史から見たライトレールライトレール

    1939年からアルタ・スキー地域が設立されユタ州はスキーでも世界に知られるようになった。ウォサッチ山脈の乾燥したパウダー状の雪は世界でも最もスキーに適したものの一つと考えられている。ソルトレイクシティは1995年に2002年冬季オリンピックの開催地に選ばれ、経済的にも大きな波及効果が生まれた。スキーリゾートは人気をまし、ウォサッチ・フロントに散らばったオリンピック会場の多くはスポーツのイベントに使われ続けている。このことはソルトレイク渓谷におけるTRAXと呼ばれるライトレール・システムの発展に拍車を駆け、また市の周りの自動車専用道路の再建も行われた。ユタ州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 越中島支線

    越中島支線から見たライトレールライトレール

    江東区では亀戸駅 - 新木場駅(駅前または駅北側)間にLRTを走らせる構想がある。亀戸駅前 - 南砂付近までを高架化または既存路線を活用し、以南は明治通り(東京都道306号王子千住南砂町線)沿いの都有地に線路を敷設する案が出されている。越中島支線 フレッシュアイペディアより)

  • 富山地方鉄道上滝線

    富山地方鉄道上滝線から見たライトレールライトレール

    現在LRT化しての富山市内線との直通運転が、行政主導で検討されている。なお、以前にも市内線との直通が検討されたことがあり、上滝線の架線電圧を600Vに降圧して市電7000形電車での試験運転も行われたが、その結果は、勾配のため7000形では運転不可能 というものであった。富山地方鉄道上滝線 フレッシュアイペディアより)

  • 軌道法

    軌道法から見たライトレールライトレール

    国土交通省の誕生後、ライトレールが大変な脚光を浴びていることもあり、時代に即した内容への改正論議が高まっている。軌道法 フレッシュアイペディアより)

360件中 51 - 60件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード