360件中 71 - 80件表示
  • フランク・スプレイグ

    フランク・スプレイグから見たライトレールライトレール

    スプレイグの電気駆動に関する開発の影響により、都市規模の拡大が可能になると共に、エレベータの開発が商業の更なる集積を可能にし商業ビルの収益性を改善した。100年以上前のスプレイグの数々の発明が現代のライトレールや地下鉄を可能にし、それは今でも基本的に同じ原理で動いている。フランク・スプレイグ フレッシュアイペディアより)

  • トラム (ユトレヒト)

    トラム (ユトレヒト)から見たライトレールライトレール

    ユトレヒト快速トラム(オランダ語:Utrechtse sneltram)とは、オランダのユトレヒトと郊外都市の間で運行されている2路線のトラムのこと。ライトレールに分類される。軌間1.435mの標準軌、750ボルト直流電化の路線で、全線で専用軌道敷を走る。運行事業者はConnexxion、軌道保有はProRailである。トラム (ユトレヒト) フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンの交通

    ロンドンの交通から見たライトレールライトレール

    ドックランズ・ライト・レールウェイ (DLR) はロンドン東部のドックランズ地区で営業する自動化されたライトレールシステムである。ロンドン地下鉄を補完し、運賃体系や乗り継ぎ駅の点で大部分をロンドン地下鉄と共有している。1987年の開業時の最初の開通区間ではないものの、カナリー・ワーフ商業地区を中心に運行している。ロンドンの交通 フレッシュアイペディアより)

  • 富山口駅

    富山口駅から見たライトレールライトレール

    2006年(平成18年)3月1日、富山港線のLRT化に伴うルート変更によって廃駅となった。富山口駅 フレッシュアイペディアより)

  • コペンハーゲン地下鉄

    コペンハーゲン地下鉄から見たライトレールライトレール

    コペンハーゲン地下鉄は、おおむね1992年に出されたコペンハーゲンの交通網の将来に関する報告書の結果として建設された。コペンハーゲン中心部の南に位置するアマー島の大部分は未使用であるか農業に用いられていた。オーレスン・リンクの建設と関連してオレスタッド計画 (Ørestad) の一環としてこの土地を開発することが決定された。この地域はS-togの列車が通っていなかったため、都市の有機的な発展を阻害しないように、新しい開発と関連しあらかじめ効率的な交通網を建設することが決定された。この交通網に対して、路面電車と無人運転地下鉄、そして都心部を通過するために地下鉄のようなトンネルを利用する路面電車で構成されるライトレールの3つの主な提案が出された。最も輸送能力が高く高速で安全性に優れ、また都市の環境を破壊しないと考えられたことから地下鉄が選択された。しかしながら、これは3つの提案の中で最も費用がかかるものであり、当初計画の予算を超過する1つの理由となった。コペンハーゲン地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの交通

    フランスの交通から見た次世代型路面電鉄ライトレール

    フランスでは19世紀後半から大都市を中心にトラムが整備されていたが、自動車の普及などから1930年代終盤にはリールやマルセイユなどの都市を除きその姿を消していった。しかし1980年代からは再びトラム、そして次世代型路面電鉄(ライトレールと呼ばれることもある)が陽の目を浴び始め、現在はパリ近郊をはじめフランス国内の多くの都市で市民の足となっている。フランスの交通 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポールの鉄道

    シンガポールの鉄道から見たライトレールライトレール

    また、LRT(Light Rapid Transitの略で、ライトレールではない)と呼ばれる日本でいう新交通システム(AGT)もSMRTとSBS Transitの2社により3路線が運行されている。シンガポールの鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ライト・レール・トランジット

    ライト・レール・トランジットから見たライトレールライトレール

    ライト・レール・トランジット(シンガポール)もしくはLRT(Light Rail Transit)とはシンガポールのゴムタイヤ式自動案内軌条式の交通システム。ライト・ラピッド・トランジット(Light Rapid Transit)とも呼ばれる。交通システムとしてはライトレールには区分されない。主に住宅地を走り、1両、または2両で運行され、全線無人で運転されている。運営はSMRTトレインズの子会社であるSMRT Light RailとSBSトランジットが行い、陸上交通管理局 が統括している。ライト・レール・トランジット フレッシュアイペディアより)

  • 京都市LRT構想

    京都市LRT構想から見たライトレールライトレール

    1997年12月、地球温暖化防止京都会議が国立京都国際会館において開催されたのを機に、1978年9月30日限りで廃止された京都市電を、主にヨーロッパ諸国などで導入が進められていたLRT(Light Rail Transit、軽量軌道交通)の形で復活させようという提言が複数の団体からなされた。それを受けた京都市によって、LRTをはじめとする新しい公共交通システムの導入のあり方などについて検討が進められた結果、2005年8月に『新しい公共交通システム調査報告書』として公表された。実際に今出川通で導入への実験も行われ、好意的な意見もある一方で、沿線商店業者などからは否定的な意見もあり、2007年度以降は目立った動きもなくなり進展がみられなくなった。京都市LRT構想 フレッシュアイペディアより)

  • マレーシアの鉄道

    マレーシアの鉄道から見たライトレールライトレール

    前述のマレー鉄道のKTMコミューターのほかに、空港連絡鉄道・LRT・モノレールが運行されている。マレーシアの鉄道 フレッシュアイペディアより)

360件中 71 - 80件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード