129件中 91 - 100件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見たタコマ (ワシントン州)

    北米のライトレールがドイツのシュタットバーンと多少異なる点は、多くが全線新規開業の路線であり(廃線跡地の再利用も含む)、また都心部路線は地下線のものが少なく、併用軌道のものが多いことである。またプラットホームはかなり低いタイプの都市が多い。また都市政策的な側面から都心部は無料となっているものが見られる。例えばワシントン州タコマのライトレールは、2.6kmの全線が無料で利用できる。同路線の運営はすべて市民からの税収(売上税)で賄われている。ポートランドの(MAX) のライトレールも中心部路線は2012年8月31日まで無料で利用できた。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たラピドKLアンパン線

    また低床車両の導入および都市計画との密接な連携が要件でもない。アメリカやカナダ、イギリスでは高床車両を用いた専用軌道の形態も多く、アジアでもマレーシアのスターLRT(現:ラピドKLアンパン線)などは鉄道型の車両を使用している。ただし日本では低床車両の路面電車(併用軌道)をライトレールとして連想することも多い。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た空港連絡鉄道

    サンノゼ:サンタクララバレー交通局 (VTA) の運営するライトレール(通称は同じく VTA)がある。1987年に開業。2002年から低床車両を導入した(2003年に全線に導入)。市内を中心に、マウンテンビュー、サニーベール、サンタクララ、ミルピタスへと向かう。マウンテンビュー駅やタミエン駅ではカルトレインとの接続、メトロ/エアポート駅ではサンノゼ空港へ、そのほか、西海岸最大のテーマパーク、グレートアメリカや、通勤に便利なアルタモント通勤急行 (ACE) へ行けるなど、用途は幅広い。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た軽便鉄道

    は、専用軌道比率の高い日本の江ノ島電鉄、広島電鉄宮島線、筑豊電気鉄道、京福電気鉄道(嵐電)、東急世田谷線、阪堺電気軌道の6路線をライトレールに相当する鉄道として分類している。これに対して富山ライトレールは「トラムトレイン」に、また地方鉄道路線の多くは「Electric light railways(電気軽便鉄道)」に分類している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たバーミンガム

    バーミンガム:ミッドランド・メトロ。1999年開業。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た凱旋中華駅

    高雄捷運:環状軽軌が籬仔内 - 凱旋中華で先行開業中で、2016年内に哈瑪星までの一期区間全線開業を目指している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たサンタクララ (カリフォルニア州)

    サンノゼ:サンタクララバレー交通局 (VTA) の運営するライトレール(通称は同じく VTA)がある。1987年に開業。2002年から低床車両を導入した(2003年に全線に導入)。市内を中心に、マウンテンビュー、サニーベール、サンタクララ、ミルピタスへと向かう。マウンテンビュー駅やタミエン駅ではカルトレインとの接続、メトロ/エアポート駅ではサンノゼ空港へ、そのほか、西海岸最大のテーマパーク、グレートアメリカや、通勤に便利なアルタモント通勤急行 (ACE) へ行けるなど、用途は幅広い。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たケムニッツ

    また、ヘビーレールと路面電車を直通するトラムトレインもシュタットバーンの一種とされる。カールスルーエおよびハイルブロン、ザールブリュッケン、カッセル、ケムニッツがその例である。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たミッドランド・メトロ

    バーミンガム:ミッドランド・メトロ。1999年開業。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たマニラ・ライトレール

    マニラ:Light Rail Transit Authority (LRTA) が運営するマニラ・ライトレール。1984年に開業。ライトレール フレッシュアイペディアより)

129件中 91 - 100件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード