187件中 91 - 100件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見た地下鉄

    英語のライトレールという言葉・概念は、1972年ごろ北米における新たな都市型軌道システム構築の模索時に、アメリカ連邦交通省都市大量輸送局(U.S. Urban Mass Transit Administration: UMTA)によって作られた。その定義の大要は「大部分を専用軌道とし、1両ないし数両編成の列車が走行する、誰にも利便性が高く低コストで輸送能力の高い都市鉄道システム」であるが、これは都心部でも地表上の往来とは完全に分離された構造物に敷設した軌道を走行する高架鉄道や地下鉄等のラピッド・トランジット(メトロ)に比べて、輸送力等の点では多少劣りながらも低コストな敷設を指向し、ただし大半は専用軌道を走行し高規格性(高速大量輸送)の点で路面電鉄(streetcar)レベルから飛躍を遂げており、合わせて都心部と郊外を高頻度直通運行を行う旅客鉄道を意図している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たツーロン

    フランスでは、1970年代に都市域の道路混雑や石油危機問題などへの対処として、それまでほとんど衰退していた路面電鉄を用いて公共交通を復活させる取り組みが始まった。政府によって1975年、路面電鉄の新規開業を8都市(ボルドー、グルノーブル、ニース、ルーアン、ストラスブール、トゥールーズ、ナンシー、ツーロン)で目指すことが策定された。国内交通基本法も1982年に成立した。そしてナント市が上記8都市に先立って1985年に新規開業し(車両はフランスのアルストム社開発のTFS-1型)、続くグルノーブル市の1987年の開業では70%低床電車(TFS-2型)が用いられた。これらの実績により路面電鉄が費用対効果等の点で小型のゴムタイヤ式地下鉄(VAL。リール市で1984年に開業)などよりも優れていることが認識された。これらの事例が「トラム革命」の始まりと見る考えもある。(フランスの鉄道も参照)。ドイツでもDUEWAG(デュワグ)社製低床型車両の利用が1990年以降よりカッセル、フライブルクなどで始まった(超低床電車も参照)。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たサニーベール (カリフォルニア州)

    サンノゼ:サンタクララバレー交通局 (VTA) の運営するライトレール(通称は同じくVTA)がある。1987年に開業。2002年から低床車両を導入した(2003年に全線に導入)。市内を中心に、マウンテンビュー、サニーベール、サンタクララ、ミルピタスへと向かう。マウンテンビュー駅やタミエン駅ではカルトレインとの接続、メトロ/エアポート駅ではサンノゼ空港へ、そのほか、西海岸最大のテーマパーク、グレートアメリカや、通勤に便利なアルタモント通勤急行 (ACE) へ行けるなど、用途は幅広い。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たトラムリンク

    ロンドン郊外:クロイドンとウィンブルドンを結ぶ Croydon Tramlink がある。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た鹿児島市電1系統

    鹿児島市:鹿児島市交通局の1系統と称する運行系統は谷山線の専用軌道区間から郡元電停を経由し市街中心部を縦断する第一期線へ直通運転している。路線は別々だが通し運転なので実態としてはライトレールシステムといえる。南鹿児島駅前電停あたりから谷山電停までJR指宿枕崎線と併走し、南鹿児島駅前電停はJR南鹿児島駅と脇田電停はJR宇宿駅とそれぞれ並列に立地するため指宿市方面からのJR指宿枕崎線より乗り換え需要がある。また脇田電停や谷山電停は、施設内で鹿児島市営バスとのアクセスポイントがあり乗換運賃の適用対象とされている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た鉄道事業法

    日本では、鉄軌道の区別を、鉄道事業法および軌道法に求める。たとえ、その機能や規格が同じであっても、どちらに準拠するかにより、別のものとされる。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た連節車

    ライトレールの性格・特徴を持つ路線は、西ドイツの一部の都市で1960年代後半から現れ、ドイツではシュタットバーンと呼ばれる。西ドイツでも第二次世界大戦後は、車の普及に伴う路面電鉄(シュトラーセンバーン)の都市内路線廃止が進んだが、しかしその中でも、連節電車の大量投入・信用乗車方式の導入など、路面電鉄および郊外路線の増強を行っていた。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たマウンテンビュー

    サンノゼ:サンタクララバレー交通局 (VTA) の運営するライトレール(通称は同じくVTA)がある。1987年に開業。2002年から低床車両を導入した(2003年に全線に導入)。市内を中心に、マウンテンビュー、サニーベール、サンタクララ、ミルピタスへと向かう。マウンテンビュー駅やタミエン駅ではカルトレインとの接続、メトロ/エアポート駅ではサンノゼ空港へ、そのほか、西海岸最大のテーマパーク、グレートアメリカや、通勤に便利なアルタモント通勤急行 (ACE) へ行けるなど、用途は幅広い。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た清水市

    静岡市:静岡鉄道静岡清水線は旧静岡市・清水市の都市圏輸送兼インターアーバン路線として建設され(かつては両市内の軌道線と直通運転していた)、短編成・高頻度運転(1両18mの2両編成・朝夕3?5分、昼間6分間隔)や短い駅間距離、簡易な駅施設といった輸送形態等から欧米ではライトレールとして紹介されることもある。そして、全線複線の鉄道でワンマン運転を行ったのは静岡鉄道が日本最初である。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た指宿市

    鹿児島市:鹿児島市交通局の1系統と称する運行系統は谷山線の専用軌道区間から郡元電停を経由し市街中心部を縦断する第一期線へ直通運転している。路線は別々だが通し運転なので実態としてはライトレールシステムといえる。南鹿児島駅前電停あたりから谷山電停までJR指宿枕崎線と併走し、南鹿児島駅前電停はJR南鹿児島駅と脇田電停はJR宇宿駅とそれぞれ並列に立地するため指宿市方面からのJR指宿枕崎線より乗り換え需要がある。また脇田電停や谷山電停は、施設内で鹿児島市営バスとのアクセスポイントがあり乗換運賃の適用対象とされている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

187件中 91 - 100件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード