187件中 11 - 20件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見た阪堺電気軌道

    前述のLRTAは、日本の江ノ島電鉄、広島電鉄宮島線、筑豊電気鉄道、京福電気鉄道(嵐電)、東急世田谷線、阪堺電気軌道の6路線をライトレールに相当する鉄道として分類している。これに対して富山ライトレールはトラムトレインに、また地方鉄道路線の多くは「Electric light railways(電気軽便鉄道)」に分類している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た京福電気鉄道

    前述のLRTAは、日本の江ノ島電鉄、広島電鉄宮島線、筑豊電気鉄道、京福電気鉄道(嵐電)、東急世田谷線、阪堺電気軌道の6路線をライトレールに相当する鉄道として分類している。これに対して富山ライトレールはトラムトレインに、また地方鉄道路線の多くは「Electric light railways(電気軽便鉄道)」に分類している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た福井鉄道

    福井市:福井鉄道福武線は福井市内中心部では軌道上を走行する。名古屋鉄道から路面電車規格の車両を導入・使用しているが、ラッシュ時には大型車両を用いるなど、柔軟な車両運用を行っている。過去にNPO団体や自治体と共同で実験的にトランジット・モールを行ったりしている。福井駅の改築に伴い、えちぜん鉄道との相互乗り入れ計画が進行している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た京阪電気鉄道

    京都市:京阪電鉄の京津線は京都市内では京都市営地下鉄東西線に乗り入れ、郊外では専用軌道を走行、大津市内では併用軌道を走行して市中心部に入る。併用軌道上に駅が無く、地下鉄に乗り入れることから車両は4両編成の高床車を使用する。この車両は軌道法上での路面電車における列車長制限である30mを大幅に超過するため、特別公認車両となっている。石山坂本線も京津線と同様に高床車を使用し、郊外では専用軌道を、大津市中心部では併用軌道を走行する。両路線とも大型車両タイプのライトレールに類似するものといえる。ただ、大津市・京都市の都市計画との関連性が薄く、乗り入れる京都市営地下鉄との運賃体系など課題もある。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た広島電鉄

    広島市:広島電鉄は郊外路線である鉄道線の宮島線から市内線へ直通列車が走る。実態としては日本最大のライトレールシステムといえるが、市内線区間における表定速度が遅いなどの課題が残る。しかし、路面電鉄の信号停車を極力減らす方向性が打ち出された。さらに、車両の購入や電停の整備なども含め、国、広島県、広島市の協力が得られるようになりライトレール整備への追い風が顕著に現れている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た名古屋鉄道

    福井市:福井鉄道福武線は福井市内中心部では軌道上を走行する。名古屋鉄道から路面電車規格の車両を導入・使用しているが、ラッシュ時には大型車両を用いるなど、柔軟な車両運用を行っている。過去にNPO団体や自治体と共同で実験的にトランジット・モールを行ったりしている。福井駅の改築に伴い、えちぜん鉄道との相互乗り入れ計画が進行している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た東京急行電鉄

    東京都:東京急行電鉄世田谷線は、全線が専用軌道を走り、プラットホームの若干のかさ上げとともに車両も全て低床タイプのものに置き換えられている。短編成、高頻度運転、短い駅間距離、簡易な駅施設といった輸送形態はライトレール的側面を備えている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たロンドン

    ロンドンのドックランズ地区にドックランズ・ライト・レイルウェイ (DLR) がある。1987年開業。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た北九州市

    北九州市:筑豊電気鉄道の筑豊電気鉄道線は北九州市の副都心・黒崎と福岡市を結ぶ高速鉄道として建設された(時代情勢の変化により途中で断念)。黒崎と郊外を結ぶ全線が専用軌道で、路面電車規格の車両を使用している。短編成、日中でも12分間隔(土日祝は15分)の高頻度運転、短い駅間距離、簡易な駅施設といった輸送形態はライトレール的側面を備えている。かつては西鉄北九州線と直通していた。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た京都市

    京都市:京阪電鉄の京津線は京都市内では京都市営地下鉄東西線に乗り入れ、郊外では専用軌道を走行、大津市内では併用軌道を走行して市中心部に入る。併用軌道上に駅が無く、地下鉄に乗り入れることから車両は4両編成の高床車を使用する。この車両は軌道法上での路面電車における列車長制限である30mを大幅に超過するため、特別公認車両となっている。石山坂本線も京津線と同様に高床車を使用し、郊外では専用軌道を、大津市中心部では併用軌道を走行する。両路線とも大型車両タイプのライトレールに類似するものといえる。ただ、大津市・京都市の都市計画との関連性が薄く、乗り入れる京都市営地下鉄との運賃体系など課題もある。ライトレール フレッシュアイペディアより)

187件中 11 - 20件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード