129件中 21 - 30件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見た筑豊電気鉄道

    は、専用軌道比率の高い日本の江ノ島電鉄、広島電鉄宮島線、筑豊電気鉄道、京福電気鉄道(嵐電)、東急世田谷線、阪堺電気軌道の6路線をライトレールに相当する鉄道として分類している。これに対して富山ライトレールは「トラムトレイン」に、また地方鉄道路線の多くは「Electric light railways(電気軽便鉄道)」に分類している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たパシフィック電鉄

    ロサンゼルス:かつてのパシフィック電鉄の廃線跡を再利用して、ロサンゼルス郡都市圏交通局の運営するライトレールが1990年に開業した(ブルーライン)。その後、ゴールドライン、グリーンライン、エキスポラインが開業した。どの LRT 路線も駅は高床プラットフォームである。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たトロント交通局

    トロント:トロント交通局の運営するエグリントン・クロスタウンLRTが2020年に開業予定。また同交通局の運営する路面電車のうち、510スパダイナ線、509ハーバーフロント線などは事実上、LRT業態となっている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た富山ライトレール

    は、専用軌道比率の高い日本の江ノ島電鉄、広島電鉄宮島線、筑豊電気鉄道、京福電気鉄道(嵐電)、東急世田谷線、阪堺電気軌道の6路線をライトレールに相当する鉄道として分類している。これに対して富山ライトレールは「トラムトレイン」に、また地方鉄道路線の多くは「Electric light railways(電気軽便鉄道)」に分類している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たミュニ・メトロ

    マサチューセッツ湾交通局(MBTA、ボストン)のグリーンラインやサンフランシスコ市営鉄道の MUNI Metro では、1980年前後より社製造のライトレール車両 () を導入し既存の路面電車路線(都心部は地下走行)に対する高規格化を図った。なおこのライトレール車両は車両設計製作陣の経験が乏しい等が原因で、実運用成績はそれほど優れていなかった。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たバート (鉄道)

    サンフランシスコ:サンフランシスコ市営鉄道 (MUNI) の運営するライトレールが、都心部は地下を、それ以外は路上を走行する。BART との路線共有、運賃割引など、乗り換えも容易化されている。それまでの形態からライトレールの形態の移行による開業が1980年に始まった。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たフランス国鉄

    ファイル:Tram-Train_Nantes_-_Clisson.jpg|フランス フランス国鉄 Nantes-Clisson 線(トラムトレイン)ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たカルトレイン

    サンノゼ:サンタクララバレー交通局 (VTA) の運営するライトレール(通称は同じく VTA)がある。1987年に開業。2002年から低床車両を導入した(2003年に全線に導入)。市内を中心に、マウンテンビュー、サニーベール、サンタクララ、ミルピタスへと向かう。マウンテンビュー駅やタミエン駅ではカルトレインとの接続、メトロ/エアポート駅ではサンノゼ空港へ、そのほか、西海岸最大のテーマパーク、グレートアメリカや、通勤に便利なアルタモント通勤急行 (ACE) へ行けるなど、用途は幅広い。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た高雄捷運公司

    台北市・新北市:淡海軽軌(高雄捷運公司が運営)・安坑軽軌が建設中。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た宇都宮ライトレール

    日本:LRTAにおける定義によると、次の6社がLRTとなるほか、宇都宮市(詳細は宇都宮ライトレール参照)ほか数都市でLRTを新設する構想がある。ライトレール フレッシュアイペディアより)

129件中 21 - 30件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード