129件中 31 - 40件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見たアルタモント通勤急行

    サンノゼ:サンタクララバレー交通局 (VTA) の運営するライトレール(通称は同じく VTA)がある。1987年に開業。2002年から低床車両を導入した(2003年に全線に導入)。市内を中心に、マウンテンビュー、サニーベール、サンタクララ、ミルピタスへと向かう。マウンテンビュー駅やタミエン駅ではカルトレインとの接続、メトロ/エアポート駅ではサンノゼ空港へ、そのほか、西海岸最大のテーマパーク、グレートアメリカや、通勤に便利なアルタモント通勤急行 (ACE) へ行けるなど、用途は幅広い。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たトラムトレイン

    は、専用軌道比率の高い日本の江ノ島電鉄、広島電鉄宮島線、筑豊電気鉄道、京福電気鉄道(嵐電)、東急世田谷線、阪堺電気軌道の6路線をライトレールに相当する鉄道として分類している。これに対して富山ライトレールは「トラムトレイン」に、また地方鉄道路線の多くは「Electric light railways(電気軽便鉄道)」に分類している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た超低床電車

    また低床車両の導入および都市計画との密接な連携が要件でもない。アメリカやカナダ、イギリスでは高床車両を用いた専用軌道の形態も多く、アジアでもマレーシアのスターLRT(現:ラピドKLアンパン線)などは鉄道型の車両を使用している。ただし日本では低床車両の路面電車(併用軌道)をライトレールとして連想することも多い。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たプラットホーム

    これを都市鉄道へ向けて、漸進的にメトロ(地下鉄)へ近づく形の高規格化改良に取り組んだ。すなわち、都心部の路線の一部の地下化、路線の専用軌道化・標準軌化及び信号装置改良などによる定時性の確保と高速化及び大輸送力化、車輛の高性能化(高出力化・高床化など)を行った。高床車両に対応させるためにプラットフォームを高くする改良も行われた。このような漸進策は、西ドイツ各都市の人口は100万人以下であるため、本格的な地下鉄の新設は投資に見合う条件が限られるためである。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た路面電車

    ライトレール (Light rail) という概念は、1972年ごろにアメリカ連邦交通省都市大量輸送局 (U.S. Urban Mass Transit Association: UMTA) によって制定された。これによれば、「大部分を専用軌道として部分的に道路上(併用軌道)を1両ないし数両編成の列車が電気運転によって走行する、誰でも容易に利用できる都市の交通システム」とされ、高コストな建設費を避け、輸送力は高架鉄道や地下鉄よりは小さく、路面電車・路線バスとは異なり専用軌道を基本とすることで、ほぼ運行が道路交通に影響されない形態の都市旅客鉄道を意味する。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たケルンLRT

    このようなシュタットバーン路線は、フランクフルト・アム・マインで1968年に開業したのが始まりである。これは郊外では路面鉄道を改良したセンターリザベーション軌道または普通鉄道だが、都心部では地下線となっている。車両はを用いた。このシュタットバーンは、以降ケルンのシュタットバーン、ボンのシュタットバーン、エッセン、デュッセルドルフ、シュトゥットガルトなど、各地で開業した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たポルト

    ポルト:ViaPORTO が運営するポルト・メトロ (Porto Metro)。2002年に開業し、車両はユーロトラムを使用。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たエッセン

    このようなシュタットバーン路線は、フランクフルト・アム・マインで1968年に開業したのが始まりである。これは郊外では路面鉄道を改良したセンターリザベーション軌道または普通鉄道だが、都心部では地下線となっている。車両はを用いた。このシュタットバーンは、以降ケルンのシュタットバーン、ボンのシュタットバーン、エッセン、デュッセルドルフ、シュトゥットガルトなど、各地で開業した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た連節車

    またこれは大量輸送力を持つ本格的な鉄道である都市高速鉄道(北米のラピッド・トランジットやメトロのこと)に対比させており、路面電車 (streetcar) からも利用の容易性などの一部の長所を取り入れた第三の都市鉄道となっている。専用軌道比率が高く、また連節車を2、3編成程度連結して運行する形態が多い。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たロサンゼルス郡都市圏交通局ブルーライン

    ロサンゼルス:かつてのパシフィック電鉄の廃線跡を再利用して、ロサンゼルス郡都市圏交通局の運営するライトレールが1990年に開業した(ブルーライン)。その後、ゴールドライン、グリーンライン、エキスポラインが開業した。どの LRT 路線も駅は高床プラットフォームである。ライトレール フレッシュアイペディアより)

129件中 31 - 40件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード