187件中 31 - 40件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見た福井市

    福井市:福井鉄道福武線は福井市内中心部では軌道上を走行する。名古屋鉄道から路面電車規格の車両を導入・使用しているが、ラッシュ時には大型車両を用いるなど、柔軟な車両運用を行っている。過去にNPO団体や自治体と共同で実験的にトランジット・モールを行ったりしている。福井駅の改築に伴い、えちぜん鉄道との相互乗り入れ計画が進行している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た広島市

    広島市:広島電鉄は郊外路線である鉄道線の宮島線から市内線へ直通列車が走る。実態としては日本最大のライトレールシステムといえるが、市内線区間における表定速度が遅いなどの課題が残る。しかし、路面電鉄の信号停車を極力減らす方向性が打ち出された。さらに、車両の購入や電停の整備なども含め、国、広島県、広島市の協力が得られるようになりライトレール整備への追い風が顕著に現れている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たカリフォルニア州

    北米のライトレールは、1978年にカナダ・アルバータ州のエドモントンで開業したのがはじまりで(エドモントンLRT)、続いて同じくカルガリー(1981年開業。C-Train)、そしてアメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴ市(1981年開業。San Diego Trolley)で開業した。これらは、フランクフルト・アム・マインのシュタットバーンと同型の車両を用いた。サンディエゴ市では、低いプラットホームからこの高床車両へ乗降するために、乗降口にステップを設ける改良を施した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たパリ

    パリ:1992年に新規開業(T1路線)。車両はTFS-2型。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た静岡市

    静岡市:静岡鉄道静岡清水線は旧静岡市・清水市の都市圏輸送兼インターアーバン路線として建設され(かつては両市内の軌道線と直通運転していた)、短編成・高頻度運転(1両18mの2両編成・朝夕3?5分、昼間6分間隔)や短い駅間距離、簡易な駅施設といった輸送形態等から欧米ではライトレールとして紹介されることもある。そして、全線複線の鉄道でワンマン運転を行ったのは静岡鉄道が日本最初である。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たオタワ

    オタワ:OCトランスポの運営するO-トレイン。2001年に開業。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た国土交通省

    日本の国土交通省では、「LRT(次世代型路面電車システム)」とかっこ書きをつけて説明し、「低床式車両の活用や軌道・電停の改良による乗降の容易性、定時性、速達性、快適性などの面で優れた特徴を有する次世代の軌道系交通システム」との説明及びフランスストラスブール市やドイツフライブルク市の写真例を掲載して、導入支援を行っている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た鹿児島市

    鹿児島市:鹿児島市交通局の1系統と称する運行系統は谷山線の専用軌道区間から郡元電停を経由し市街中心部を縦断する第一期線へ直通運転している。路線は別々だが通し運転なので実態としてはライトレールシステムといえる。南鹿児島駅前電停あたりから谷山電停までJR指宿枕崎線と併走し、南鹿児島駅前電停はJR南鹿児島駅と脇田電停はJR宇宿駅とそれぞれ並列に立地するため指宿市方面からのJR指宿枕崎線より乗り換え需要がある。また脇田電停や谷山電停は、施設内で鹿児島市営バスとのアクセスポイントがあり乗換運賃の適用対象とされている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たワシントン州

    北米のライトレールがドイツのシュタットバーンと多少異なる点は、多くが全線新規開業の路線であり(廃線跡地の再利用も含む)、また都心部路線は地下線のものが少なく、併用軌道のものが多いことである。またプラットホームはかなり低いタイプの都市が多い。また都市政策的な側面から都心部は無料となっているものが見られる。例えばワシントン州タコマのライトレールは、2.6kmの全線が無料で利用できる。同路線の運営はすべて市民からの税収(売上税)で賄われている。ポートランドのTriMet Metropolitan Area Express (MAX) のライトレールも中心部路線は2012年9月まで無料で利用できた。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たサンフランシスコ

    サンフランシスコ:サンフランシスコ市営鉄道 (MUNI) の運営するライトレールが、都心部は地下を、それ以外は路上を走行する。BARTとの路線共有、運賃割引など、乗り換えも容易化されている。それまでの形態からライトレールの形態の移行による開業が1980年に始まった。ライトレール フレッシュアイペディアより)

187件中 31 - 40件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード