129件中 41 - 50件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見たサンディエゴ

    北米のライトレールは、1978年にカナダ・アルバータ州のエドモントンで開業したのがはじまりで(エドモントンLRT)、続いて同じくカルガリー(1981年開業: 、そしてアメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴ市(1981年開業: )で開業した。これらは、上述の Siemens?Duewag U2 の車両を用いた。サンディエゴ市では、低いプラットホームからこの高床車両へ乗降するために、乗降口にステップを設ける改良を施した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たドックランズ・ライト・レイルウェイ

    ただし北米外では、必ずしも統一された定義があるわけではなく、「車体幅が2.65m以下のやや小型な車体を使用し、中量輸送(最大輸送量が1時間当たり5000?15000人ぐらい)をする電気鉄道。」がこう呼ばれることが多く、基本高架で自動運転されるロンドンのドックランズ・ライト・レイルウェイもLRTとされるライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たポートランド (オレゴン州)

    北米のライトレールがドイツのシュタットバーンと多少異なる点は、多くが全線新規開業の路線であり(廃線跡地の再利用も含む)、また都心部路線は地下線のものが少なく、併用軌道のものが多いことである。またプラットホームはかなり低いタイプの都市が多い。また都市政策的な側面から都心部は無料となっているものが見られる。例えばワシントン州タコマのライトレールは、2.6kmの全線が無料で利用できる。同路線の運営はすべて市民からの税収(売上税)で賄われている。ポートランドの(MAX) のライトレールも中心部路線は2012年8月31日まで無料で利用できた。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たフランクフルト地下鉄

    このようなシュタットバーン路線は、フランクフルト・アム・マインで1968年に開業したのが始まりである。これは郊外では路面鉄道を改良したセンターリザベーション軌道または普通鉄道だが、都心部では地下線となっている。車両はを用いた。このシュタットバーンは、以降ケルンのシュタットバーン、ボンのシュタットバーン、エッセン、デュッセルドルフ、シュトゥットガルトなど、各地で開業した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たカルガリー

    北米のライトレールは、1978年にカナダ・アルバータ州のエドモントンで開業したのがはじまりで(エドモントンLRT)、続いて同じくカルガリー(1981年開業: 、そしてアメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴ市(1981年開業: )で開業した。これらは、上述の Siemens?Duewag U2 の車両を用いた。サンディエゴ市では、低いプラットホームからこの高床車両へ乗降するために、乗降口にステップを設ける改良を施した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たエチオピア

    アフリカでは初の正式開通のライトレールが、2015年9月20日にエチオピアの首都アディスアベバで開通した。高架専用軌道を走る鉄道で、中国企業の中鉄股份有限公司が受注し、2012年1月に着工していたもの。運用はEthiopian Railway Corporationと深圳地鉄運用公司。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たデュッセルドルフ

    このようなシュタットバーン路線は、フランクフルト・アム・マインで1968年に開業したのが始まりである。これは郊外では路面鉄道を改良したセンターリザベーション軌道または普通鉄道だが、都心部では地下線となっている。車両はを用いた。このシュタットバーンは、以降ケルンのシュタットバーン、ボンのシュタットバーン、エッセン、デュッセルドルフ、シュトゥットガルトなど、各地で開業した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たボンLRT

    このようなシュタットバーン路線は、フランクフルト・アム・マインで1968年に開業したのが始まりである。これは郊外では路面鉄道を改良したセンターリザベーション軌道または普通鉄道だが、都心部では地下線となっている。車両はを用いた。このシュタットバーンは、以降ケルンのシュタットバーン、ボンのシュタットバーン、エッセン、デュッセルドルフ、シュトゥットガルトなど、各地で開業した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たアディスアベバ

    アフリカでは初の正式開通のライトレールが、2015年9月20日にエチオピアの首都アディスアベバで開通した。高架専用軌道を走る鉄道で、中国企業の中鉄股份有限公司が受注し、2012年1月に着工していたもの。運用はEthiopian Railway Corporationと深圳地鉄運用公司。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たエドモントン

    北米のライトレールは、1978年にカナダ・アルバータ州のエドモントンで開業したのがはじまりで(エドモントンLRT)、続いて同じくカルガリー(1981年開業: 、そしてアメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴ市(1981年開業: )で開業した。これらは、上述の Siemens?Duewag U2 の車両を用いた。サンディエゴ市では、低いプラットホームからこの高床車両へ乗降するために、乗降口にステップを設ける改良を施した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

129件中 41 - 50件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード