187件中 41 - 50件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見た超低床電車

    日本国内でも、ライトレールの性格・特徴を持つ旅客鉄道は、明確に認識され、正確な概念がもたらされているわけでない。その代わりに、日本では、日本で言われるところの「次世代型」の路面電鉄(modern tram)が「ライトレール(LRT)」という言葉からイメージされることがある。これは主に路面電鉄に新型の(低床)車両が導入されたイメージである。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た路面電車

    ここで「輸送力が軽量級な」都市旅客鉄道とは、より大量輸送力を持つ本格的な鉄道である都市高速鉄道(メトロおよび北米のラピッド・トランジットのこと)に対比させた、「軽量版(中量輸送版)都市鉄道」を意味している。そして実際の北米のライトレールは、都市高速鉄道と路面電鉄(streetcar)の双方の短所を克服し利点の部分をうまく取り入れた第三の形態の都市鉄道となっている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たマン (企業)

    そして1990年前後より各国で超低床型の車両の本格的な開発・導入が進み、ドイツのMAN GHHのブレーメン形(ブレーメン、1993年導入)、イタリアのソシミ社及びスイスのアセア・ブラウン・ボベリ(ABB)のユーロトラム(ストラスブールのトラム、1994年導入)、ドイツのDUEWAG社(のちにシーメンス)のコンビーノ(デュッセルドルフ、1996年導入)、アルストム社のTFS-2の後継であるシタディス(モンペリエ、1999年導入)などが開発された。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た鹿児島市交通局

    鹿児島市:鹿児島市交通局の1系統と称する運行系統は谷山線の専用軌道区間から郡元電停を経由し市街中心部を縦断する第一期線へ直通運転している。路線は別々だが通し運転なので実態としてはライトレールシステムといえる。南鹿児島駅前電停あたりから谷山電停までJR指宿枕崎線と併走し、南鹿児島駅前電停はJR南鹿児島駅と脇田電停はJR宇宿駅とそれぞれ並列に立地するため指宿市方面からのJR指宿枕崎線より乗り換え需要がある。また脇田電停や谷山電停は、施設内で鹿児島市営バスとのアクセスポイントがあり乗換運賃の適用対象とされている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たパシフィック電鉄

    ロサンゼルス:かつてのパシフィック電鉄の廃線跡を再利用して、ロサンゼルス郡都市圏交通局の運営するライトレールが1990年に開業した(ブルーライン)。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た富山ライトレール

    前述のLRTAは、日本の江ノ島電鉄、広島電鉄宮島線、筑豊電気鉄道、京福電気鉄道(嵐電)、東急世田谷線、阪堺電気軌道の6路線をライトレールに相当する鉄道として分類している。これに対して富山ライトレールはトラムトレインに、また地方鉄道路線の多くは「Electric light railways(電気軽便鉄道)」に分類している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た静岡鉄道

    静岡市:静岡鉄道静岡清水線は旧静岡市・清水市の都市圏輸送兼インターアーバン路線として建設され(かつては両市内の軌道線と直通運転していた)、短編成・高頻度運転(1両18mの2両編成・朝夕3?5分、昼間6分間隔)や短い駅間距離、簡易な駅施設といった輸送形態等から欧米ではライトレールとして紹介されることもある。そして、全線複線の鉄道でワンマン運転を行ったのは静岡鉄道が日本最初である。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た長野電鉄

    長野市:長野電鉄。沿線の母都市となっている長野市・長野県が長野電鉄をはじめとした鉄道各線を長野都市圏の基幹交通機関として明確に位置付け、都市開発や人口分布も沿線を中心に行われるという、政策面でのライトレールの側面を持つ。特に長野線の長野都心部は都市政策的視点から(都心部の軌道敷を都心環状道路へ転用するため)地下化されている。欧米では都市計画との連携という視点から、大型車両タイプのライトレールに類似するものとして紹介されることがある。なお、輸送力の面でも編成長36?60m、時間当たり3?8本程度の運行本数は、ライトレールと評するに値するものである。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たバート (鉄道)

    サンフランシスコ:サンフランシスコ市営鉄道 (MUNI) の運営するライトレールが、都心部は地下を、それ以外は路上を走行する。BARTとの路線共有、運賃割引など、乗り換えも容易化されている。それまでの形態からライトレールの形態の移行による開業が1980年に始まった。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たカルトレイン

    サンノゼ:サンタクララバレー交通局 (VTA) の運営するライトレール(通称は同じくVTA)がある。1987年に開業。2002年から低床車両を導入した(2003年に全線に導入)。市内を中心に、マウンテンビュー、サニーベール、サンタクララ、ミルピタスへと向かう。マウンテンビュー駅やタミエン駅ではカルトレインとの接続、メトロ/エアポート駅ではサンノゼ空港へ、そのほか、西海岸最大のテーマパーク、グレートアメリカや、通勤に便利なアルタモント通勤急行 (ACE) へ行けるなど、用途は幅広い。ライトレール フレッシュアイペディアより)

187件中 41 - 50件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード