187件中 71 - 80件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見たカルガリー

    北米のライトレールは、1978年にカナダ・アルバータ州のエドモントンで開業したのがはじまりで(エドモントンLRT)、続いて同じくカルガリー(1981年開業。C-Train)、そしてアメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴ市(1981年開業。San Diego Trolley)で開業した。これらは、フランクフルト・アム・マインのシュタットバーンと同型の車両を用いた。サンディエゴ市では、低いプラットホームからこの高床車両へ乗降するために、乗降口にステップを設ける改良を施した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た広島電鉄宮島線

    前述のLRTAは、日本の江ノ島電鉄、広島電鉄宮島線、筑豊電気鉄道、京福電気鉄道(嵐電)、東急世田谷線、阪堺電気軌道の6路線をライトレールに相当する鉄道として分類している。これに対して富山ライトレールはトラムトレインに、また地方鉄道路線の多くは「Electric light railways(電気軽便鉄道)」に分類している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たナンシー

    フランスでは、1970年代に都市域の道路混雑や石油危機問題などへの対処として、それまでほとんど衰退していた路面電鉄を用いて公共交通を復活させる取り組みが始まった。政府によって1975年、路面電鉄の新規開業を8都市(ボルドー、グルノーブル、ニース、ルーアン、ストラスブール、トゥールーズ、ナンシー、ツーロン)で目指すことが策定された。国内交通基本法も1982年に成立した。そしてナント市が上記8都市に先立って1985年に新規開業し(車両はフランスのアルストム社開発のTFS-1型)、続くグルノーブル市の1987年の開業では70%低床電車(TFS-2型)が用いられた。これらの実績により路面電鉄が費用対効果等の点で小型のゴムタイヤ式地下鉄(VAL。リール市で1984年に開業)などよりも優れていることが認識された。これらの事例が「トラム革命」の始まりと見る考えもある。(フランスの鉄道も参照)。ドイツでもDUEWAG(デュワグ)社製低床型車両の利用が1990年以降よりカッセル、フライブルクなどで始まった(超低床電車も参照)。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た信用乗車方式

    ライトレールの性格・特徴を持つ路線は、西ドイツの一部の都市で1960年代後半から現れ、ドイツではシュタットバーンと呼ばれる。西ドイツでも第二次世界大戦後は、車の普及に伴う路面電鉄(シュトラーセンバーン)の都市内路線廃止が進んだが、しかしその中でも、連節電車の大量投入・信用乗車方式の導入など、路面電鉄および郊外路線の増強を行っていた。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たグルノーブル

    フランスでは、1970年代に都市域の道路混雑や石油危機問題などへの対処として、それまでほとんど衰退していた路面電鉄を用いて公共交通を復活させる取り組みが始まった。政府によって1975年、路面電鉄の新規開業を8都市(ボルドー、グルノーブル、ニース、ルーアン、ストラスブール、トゥールーズ、ナンシー、ツーロン)で目指すことが策定された。国内交通基本法も1982年に成立した。そしてナント市が上記8都市に先立って1985年に新規開業し(車両はフランスのアルストム社開発のTFS-1型)、続くグルノーブル市の1987年の開業では70%低床電車(TFS-2型)が用いられた。これらの実績により路面電鉄が費用対効果等の点で小型のゴムタイヤ式地下鉄(VAL。リール市で1984年に開業)などよりも優れていることが認識された。これらの事例が「トラム革命」の始まりと見る考えもある。(フランスの鉄道も参照)。ドイツでもDUEWAG(デュワグ)社製低床型車両の利用が1990年以降よりカッセル、フライブルクなどで始まった(超低床電車も参照)。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たトゥールーズ

    フランスでは、1970年代に都市域の道路混雑や石油危機問題などへの対処として、それまでほとんど衰退していた路面電鉄を用いて公共交通を復活させる取り組みが始まった。政府によって1975年、路面電鉄の新規開業を8都市(ボルドー、グルノーブル、ニース、ルーアン、ストラスブール、トゥールーズ、ナンシー、ツーロン)で目指すことが策定された。国内交通基本法も1982年に成立した。そしてナント市が上記8都市に先立って1985年に新規開業し(車両はフランスのアルストム社開発のTFS-1型)、続くグルノーブル市の1987年の開業では70%低床電車(TFS-2型)が用いられた。これらの実績により路面電鉄が費用対効果等の点で小型のゴムタイヤ式地下鉄(VAL。リール市で1984年に開業)などよりも優れていることが認識された。これらの事例が「トラム革命」の始まりと見る考えもある。(フランスの鉄道も参照)。ドイツでもDUEWAG(デュワグ)社製低床型車両の利用が1990年以降よりカッセル、フライブルクなどで始まった(超低床電車も参照)。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たフライブルク・イム・ブライスガウ

    フランスでは、1970年代に都市域の道路混雑や石油危機問題などへの対処として、それまでほとんど衰退していた路面電鉄を用いて公共交通を復活させる取り組みが始まった。政府によって1975年、路面電鉄の新規開業を8都市(ボルドー、グルノーブル、ニース、ルーアン、ストラスブール、トゥールーズ、ナンシー、ツーロン)で目指すことが策定された。国内交通基本法も1982年に成立した。そしてナント市が上記8都市に先立って1985年に新規開業し(車両はフランスのアルストム社開発のTFS-1型)、続くグルノーブル市の1987年の開業では70%低床電車(TFS-2型)が用いられた。これらの実績により路面電鉄が費用対効果等の点で小型のゴムタイヤ式地下鉄(VAL。リール市で1984年に開業)などよりも優れていることが認識された。これらの事例が「トラム革命」の始まりと見る考えもある。(フランスの鉄道も参照)。ドイツでもDUEWAG(デュワグ)社製低床型車両の利用が1990年以降よりカッセル、フライブルクなどで始まった(超低床電車も参照)。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たボンLRT

    このようなシュタットバーン路線は、フランクフルト・アム・マインで1968年に開業したのが始まりである。これは郊外では路面電鉄を改良したセンターリザベーション軌道または普通鉄道だが、都心部では地下線となっている。車両はSiemens?Duewag U2を用いた。このシュタットバーンは、以降ケルンのシュタットバーン、ボンのシュタットバーン、エッセン、デュッセルドルフ、シュトゥットガルトなど、各地で開業した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た軌道法

    京都市:京阪電鉄の京津線は京都市内では京都市営地下鉄東西線に乗り入れ、郊外では専用軌道を走行、大津市内では併用軌道を走行して市中心部に入る。併用軌道上に駅が無く、地下鉄に乗り入れることから車両は4両編成の高床車を使用する。この車両は軌道法上での路面電車における列車長制限である30mを大幅に超過するため、特別公認車両となっている。石山坂本線も京津線と同様に高床車を使用し、郊外では専用軌道を、大津市中心部では併用軌道を走行する。両路線とも大型車両タイプのライトレールに類似するものといえる。ただ、大津市・京都市の都市計画との関連性が薄く、乗り入れる京都市営地下鉄との運賃体系など課題もある。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たフレキシティ・スウィフト

    近年は、北米のライトレールには70%低床車両の導入も進みつつある。ポートランドのMAX では1997年よりシーメンス製のSD660を導入している。また大手車両メーカーによるブランド化された高速型低床車輛の導入も進みつつある。例えば、欧州等のトラムトレインとも共通するが、シーメンス製S70(アヴァント)、ボンバルディア製フレキシティ・スウィフト、アルストム製Citadis Dualis等がある。なお近畿車輛や日本車輌などの日本の鉄道車両製造メーカーも北米向けの低床型等のライトレール車両の製造に携わっている。近畿車輛は70%低床車両で大きな北米市場シェアを占めている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

187件中 71 - 80件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード