187件中 81 - 90件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見たシュトゥットガルト

    このようなシュタットバーン路線は、フランクフルト・アム・マインで1968年に開業したのが始まりである。これは郊外では路面電鉄を改良したセンターリザベーション軌道または普通鉄道だが、都心部では地下線となっている。車両はSiemens?Duewag U2を用いた。このシュタットバーンは、以降ケルンのシュタットバーン、ボンのシュタットバーン、エッセン、デュッセルドルフ、シュトゥットガルトなど、各地で開業した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た路面電鉄

    日本で言われる路面電鉄(路面電車システム)の「次世代性」とはあいまいな言葉・概念ではあるがおおよそ以下のような点だと見られる。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たエドモントン

    北米のライトレールは、1978年にカナダ・アルバータ州のエドモントンで開業したのがはじまりで(エドモントンLRT)、続いて同じくカルガリー(1981年開業。C-Train)、そしてアメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴ市(1981年開業。San Diego Trolley)で開業した。これらは、フランクフルト・アム・マインのシュタットバーンと同型の車両を用いた。サンディエゴ市では、低いプラットホームからこの高床車両へ乗降するために、乗降口にステップを設ける改良を施した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たユーロトラム

    ポルト:ViaPORTOが運営するポルト・メトロ(Porto Metro)。2002年に開業し、車両はユーロトラムを使用。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たニース

    フランスでは、1970年代に都市域の道路混雑や石油危機問題などへの対処として、それまでほとんど衰退していた路面電鉄を用いて公共交通を復活させる取り組みが始まった。政府によって1975年、路面電鉄の新規開業を8都市(ボルドー、グルノーブル、ニース、ルーアン、ストラスブール、トゥールーズ、ナンシー、ツーロン)で目指すことが策定された。国内交通基本法も1982年に成立した。そしてナント市が上記8都市に先立って1985年に新規開業し(車両はフランスのアルストム社開発のTFS-1型)、続くグルノーブル市の1987年の開業では70%低床電車(TFS-2型)が用いられた。これらの実績により路面電鉄が費用対効果等の点で小型のゴムタイヤ式地下鉄(VAL。リール市で1984年に開業)などよりも優れていることが認識された。これらの事例が「トラム革命」の始まりと見る考えもある。(フランスの鉄道も参照)。ドイツでもDUEWAG(デュワグ)社製低床型車両の利用が1990年以降よりカッセル、フライブルクなどで始まった(超低床電車も参照)。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たルーアン

    フランスでは、1970年代に都市域の道路混雑や石油危機問題などへの対処として、それまでほとんど衰退していた路面電鉄を用いて公共交通を復活させる取り組みが始まった。政府によって1975年、路面電鉄の新規開業を8都市(ボルドー、グルノーブル、ニース、ルーアン、ストラスブール、トゥールーズ、ナンシー、ツーロン)で目指すことが策定された。国内交通基本法も1982年に成立した。そしてナント市が上記8都市に先立って1985年に新規開業し(車両はフランスのアルストム社開発のTFS-1型)、続くグルノーブル市の1987年の開業では70%低床電車(TFS-2型)が用いられた。これらの実績により路面電鉄が費用対効果等の点で小型のゴムタイヤ式地下鉄(VAL。リール市で1984年に開業)などよりも優れていることが認識された。これらの事例が「トラム革命」の始まりと見る考えもある。(フランスの鉄道も参照)。ドイツでもDUEWAG(デュワグ)社製低床型車両の利用が1990年以降よりカッセル、フライブルクなどで始まった(超低床電車も参照)。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たエドモントンLRT

    北米のライトレールは、1978年にカナダ・アルバータ州のエドモントンで開業したのがはじまりで(エドモントンLRT)、続いて同じくカルガリー(1981年開業。C-Train)、そしてアメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴ市(1981年開業。San Diego Trolley)で開業した。これらは、フランクフルト・アム・マインのシュタットバーンと同型の車両を用いた。サンディエゴ市では、低いプラットホームからこの高床車両へ乗降するために、乗降口にステップを設ける改良を施した。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たカールスルーエ

    また、ヘビーレールと路面電鉄を直通するトラムトレインもシュタットバーンの一種とされる。カールスルーエおよびハイルブロン、ザールブリュッケン、カッセル、ケムニッツがその例である。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港

    サンノゼ:サンタクララバレー交通局 (VTA) の運営するライトレール(通称は同じくVTA)がある。1987年に開業。2002年から低床車両を導入した(2003年に全線に導入)。市内を中心に、マウンテンビュー、サニーベール、サンタクララ、ミルピタスへと向かう。マウンテンビュー駅やタミエン駅ではカルトレインとの接続、メトロ/エアポート駅ではサンノゼ空港へ、そのほか、西海岸最大のテーマパーク、グレートアメリカや、通勤に便利なアルタモント通勤急行 (ACE) へ行けるなど、用途は幅広い。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た交通権

    フランスでは、1970年代に都市域の道路混雑や石油危機問題などへの対処として、それまでほとんど衰退していた路面電鉄を用いて公共交通を復活させる取り組みが始まった。政府によって1975年、路面電鉄の新規開業を8都市(ボルドー、グルノーブル、ニース、ルーアン、ストラスブール、トゥールーズ、ナンシー、ツーロン)で目指すことが策定された。国内交通基本法も1982年に成立した。そしてナント市が上記8都市に先立って1985年に新規開業し(車両はフランスのアルストム社開発のTFS-1型)、続くグルノーブル市の1987年の開業では70%低床電車(TFS-2型)が用いられた。これらの実績により路面電鉄が費用対効果等の点で小型のゴムタイヤ式地下鉄(VAL。リール市で1984年に開業)などよりも優れていることが認識された。これらの事例が「トラム革命」の始まりと見る考えもある。(フランスの鉄道も参照)。ドイツでもDUEWAG(デュワグ)社製低床型車両の利用が1990年以降よりカッセル、フライブルクなどで始まった(超低床電車も参照)。ライトレール フレッシュアイペディアより)

187件中 81 - 90件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード