129件中 81 - 90件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見たトロント

    トロント:トロント交通局の運営するエグリントン・クロスタウンLRTが2020年に開業予定。また同交通局の運営する路面電車のうち、510スパダイナ線、509ハーバーフロント線などは事実上、LRT業態となっている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た信用乗車方式

    西ドイツの都市の路面鉄道(シュトラーセンバーン)は、第二次世界大戦後は車の普及に伴い都市内の路線廃止が進んだが、一方では連節電車の大量投入や、信用乗車方式の導入、郊外路線の増強などを行っていた。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た中華人民共和国

    アフリカでは初の正式開通のライトレールが、2015年9月20日にエチオピアの首都アディスアベバで開通した。高架専用軌道を走る鉄道で、中国企業の中鉄股份有限公司が受注し、2012年1月に着工していたもの。運用はEthiopian Railway Corporationと深圳地鉄運用公司。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た廃線

    ロサンゼルス:かつてのパシフィック電鉄の廃線跡を再利用して、ロサンゼルス郡都市圏交通局の運営するライトレールが1990年に開業した(ブルーライン)。その後、ゴールドライン、グリーンライン、エキスポラインが開業した。どの LRT 路線も駅は高床プラットフォームである。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たモール・オブ・アメリカ

    ミネアポリス:メトロ交通局 (Metro Transit) の運営するライトレール「ハイアワサ線 ()」が市街中心地から郊外のブルーミントンまで運行する。モール・オブ・アメリカ、ミネアポリス・セントポール国際空港などに乗り入れている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たロサンゼルス

    ロサンゼルス:かつてのパシフィック電鉄の廃線跡を再利用して、ロサンゼルス郡都市圏交通局の運営するライトレールが1990年に開業した(ブルーライン)。その後、ゴールドライン、グリーンライン、エキスポラインが開業した。どの LRT 路線も駅は高床プラットフォームである。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た台北市

    台北市・新北市:淡海軽軌(高雄捷運公司が運営)・安坑軽軌が建設中。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たウォータールー地域

    ウォータールー地域:グランド・リバー交通局の運営する ION。2017年に開業予定。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たマンチェスター

    マンチェスター:メトロリンク。1992年開業。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た江ノ島電鉄線

    は、専用軌道比率の高い日本の江ノ島電鉄、広島電鉄宮島線、筑豊電気鉄道、京福電気鉄道(嵐電)、東急世田谷線、阪堺電気軌道の6路線をライトレールに相当する鉄道として分類している。これに対して富山ライトレールは「トラムトレイン」に、また地方鉄道路線の多くは「Electric light railways(電気軽便鉄道)」に分類している。ライトレール フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示

「次世代型路面電車」のニューストピックワード