254件中 11 - 20件表示
  • 次長課長のヨイショ!

    次長課長のヨイショ!から見た次長課長次長課長

    お笑いコンビ次長課長が大物芸能人ゲスト3組を接待し、「芸能界で長く生きていくための秘訣」を知る番組。次長課長のヨイショ! フレッシュアイペディアより)

  • ?マジっすか!

    ?マジっすか!から見た次長課長次長課長

    チームシャンプーハット - シャンプーハット 、次長課長、ランディーズ?マジっすか! フレッシュアイペディアより)

  • イラっとくる韓国語講座

    イラっとくる韓国語講座から見た次長課長次長課長

    お笑いコンビ次長課長の河本準一が韓国を自由に旅をしながら韓国語をマスターするという体で番組は進行している。実際は河本にレッスンと称して適宜ディレクターから渡される「イラっとカード」に書かれている、その場面で言うとイラっとくる一文「イラっとフレーズ」を韓国語で言わせて、河本本人やその周りにいる韓国人のリアクションを見て楽しむ企画である。「イラっとカード」は韓国へ発つ前に東京であらかじめ用意してある。「イラっとフレーズ」には、「私には何もありません。でもお金はあります!」「私には妻の好きなところが100個あります。何個目を聞きたいですか?」「今からちょっぴりセクシーに着替えながら歌いますが、気にしないでください。」「妻には絶対内緒ですが愛人用マンションを4部屋探しています。」などがある。イラっとくる韓国語講座 フレッシュアイペディアより)

  • THE EMPTY STAGE

    THE EMPTY STAGEから見た次長課長次長課長

    千原ジュニア(千原兄弟)、千原せいじ(千原兄弟)、兵動大樹(矢野・兵動)、田中直樹(ココリコ)、ケンドーコバヤシ、陣内智則、小籔千豊、高橋茂雄(サバンナ)、河本準一(次長課長)、大村朋宏(トータルテンボス)、川島明(麒麟)、佐久間一行、秋山竜次(ロバート)、大悟(千鳥)、綾部祐二(ピース)、石田明(NON STYLE)、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)、渡辺直美、村上ショージ、THE EMPTY STAGE フレッシュアイペディアより)

  • kco

    kcoから見た次長課長次長課長

    2006年5月31日に発売されたJKのシングル「晴れる道 〜宇宙人に合わせる顔がねぇ!〜」の3曲目「この僕が」ではKCO名義で、初めて自分が歌う曲以外での作詞を行い、作詞家としての活動も開始させた。10月、鮎川誠らとバンドTHE AURIS (SUPER) BANDを期間限定結成、ヴォーカルとして参加。デビュー曲「MY WAY」は10月24日、ナップスタージャパンから先行配信された。この企画はKEIKOにとって芸能界の音楽活動で初めての小室プロデュース以外での活動となった。OBS感謝祭(開局55周年記念)に小室と共に出演、「I WANT YOU BACK」を熱唱した。kco フレッシュアイペディアより)

  • 河本準一

    河本準一から見た次長課長次長課長

    河本 準一(こうもと じゅんいち、1975年4月7日 - )は、日本のお笑い芸人であり、井上聡とお笑いコンビ次長課長を組んでいる。愛称は準ちゃん、ヌルヌル王子、もっち、じゅんを。愛知県名古屋市緑区生まれ、岡山県津山市、岡山市北区育ち。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業子会社)所属。吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校13期。身長162cm、体重58kg。血液型AB型。河本準一 フレッシュアイペディアより)

  • タカアンドトシ

    タカアンドトシから見た次長課長次長課長

    1995年4月 - 高校卒業後、吉本興業札幌事務所に入りプロとして活動を始める。札幌吉本の1期生となる。芸歴は、大阪NSC13期生(次長課長など)とほぼ同期にあたるが、トシは「4日後輩」と発言しており、基本的に大阪NSC13期生には敬語を使っている。同時期に笑ハンティングらと共に、地方ローカル深夜番組にてコントなどを披露したほかその年の「オールザッツ漫才」にも札幌吉本の代表として出演した。この時は3分の予定だったネタを時間の都合で急遽1分に縮めざるを得なかったため構成そのものがグダグダになり、西川のりおから「お前らもう辞めろ」とこき下ろされていた。タカアンドトシ フレッシュアイペディアより)

  • ネゴシックス

    ネゴシックスから見た次長課長次長課長

    個人でブログを執筆していたが、2008年より井上聡(次長課長)と川島明(麒麟)によって運営されてきた共同ブログ「井上と川島のこの世はでっかい宝島」に三人目のメンバーとして参加。2010年10月28日の記事を最後に、再び独立。ネゴシックス フレッシュアイペディアより)

  • 痛快!明石家電視台

    痛快!明石家電視台から見た次長課長次長課長

    オールロケ企画については、収録したVTRを関西ローカル向けの特別番組に仕立てたうえで、MBSで週末に放送することもある。毎日放送が開局65周年を迎えた2016年の夏季には、さんま・次長課長が富山県内、寛平・雨上がり決死隊が香川県内、ショージ・中川家が長野県内で同時にロケを敢行するとともに、松尾伴内が全てのロケ先を1日で訪れる企画を立案。スタジオでのロケ地・ペア選定、各地でのロケ、ロケ終了後の反省会の模様を、レギュラーの放送枠で8月16日から4週にわたって放送した。ロケ企画には基本としてアシスタントも参加するが、2016年の上記ロケには第6代アシスタントの豊崎由里絵(MBSアナウンサー)が同行せず、大阪市内で収録された反省会の進行のみ担当した。痛快!明石家電視台 フレッシュアイペディアより)

  • SUMMER SMILE

    SUMMER SMILEから見た次長課長次長課長

    歌のパートは陣内智則→シャンプーハット→$10・ロザン(2002年からはロザンのみ)→バッファロー吾郎・たむらけんじ・土肥ポン太(たむらけんじが2001年9月にbaseを卒業したため、以後バッファロー吾郎と土肥ポン太が2組で担当)→ハリガネロック・ランディーズ(2002年4月にハリガネロックがbaseを卒業したため、base SUMMER SMILE 2002では代わりに次長課長が、また次長課長も2002年10月にbaseを卒業したためbase SUMMER SMILE 2003はダイアンが担当)→ビッキーズ・キングコング→チュートリアル・ブラックマヨネーズ→野性爆弾・フットボールアワー→次長課長・ザ・プラン9(2002年からは次長課長に代わり後藤秀樹が担当)→サバンナ・ルート33(ルート33が2001年に卒業したため、以後は$10が担当)→FUJIWARA→ケンドーコバヤシという順に分けられている。SUMMER SMILE フレッシュアイペディアより)

254件中 11 - 20件表示

「次長課長」のニューストピックワード