195件中 31 - 40件表示
  • スピードワゴン

    スピードワゴンから見た次長課長次長課長

    両者とも名古屋吉本の養成所に通っており、共に吉本興業名古屋事務所の2期生。吉本での同期デビューの芸人は次長課長や徳井義実(チュートリアル)、ブラックマヨネーズなどの大阪NSC13期生、札幌吉本1期生のタカアンドトシなど。小沢は幼馴染とオーディションを受け、井戸田は高校時代の同級生とコンビを組む予定だったが、オーディションにその同級生が現れず、結局1人で受ける。受験番号が前後であった事、小沢のコンビのネタの完成度が高かった事、井戸田は声も出ており陽気で騒いでいた事などから、互いに印象に残っていた。養成所では常にライバル関係で、名古屋に所属している芸人のオーディションがリーグ戦形式で行われ、小沢のコンビ「バツイチ」は毎回優勝、井戸田のコンビ「マグニチュード」(このときは井戸田は「イトリ」という芸名だった)は、毎回2位(バツイチが出場しなかったら1位)であった。バツイチは名古屋吉本在籍時に「オールザッツ漫才」に出演した事がある。また、吉本時代は、育ての親である吉本興業の新田敦生(大阪制作チーフプロデューサー、当時は名古屋吉本の所長)に非常に世話になり、ホリプロに所属してからもラジオで共演を果たし、プライベートでも親しくしている。スピードワゴン フレッシュアイペディアより)

  • 発掘!あるある大事典

    発掘!あるある大事典から見た次長課長次長課長

    インパルス、北陽、次長課長などのお笑いグループは、IIになってから出るようになった。但し、ダチョウ倶楽部がI時代の「歩く」にて、被験者としての出演をした。ちなみに「あるある探検隊」という持ちネタで知られるレギュラーはI、II通してレギュラー出演どころかゲスト出演すら一度もなかった。発掘!あるある大事典 フレッシュアイペディアより)

  • いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン

    いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポンから見た次長課長次長課長

    6月23日: ゲストに次長課長が登場。いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 西大寺 (旧市域)

    西大寺 (旧市域)から見た次長課長次長課長

    井上聡 - お笑いコンビ・次長課長の一人。当地にある岡山学芸館高等学校出身。西大寺 (旧市域) フレッシュアイペディアより)

  • 小室ファミリー

    小室ファミリーから見た次長課長次長課長

    また、2002年に「songnation」として、小室から楽曲提供されたavex系アーティストたち(浜崎あゆみ、BoA、倖田來未、Every Little Thingの持田香織、Do As Infinityの伴都美子、m-floのVERBALなど)と玉置成実(2005年にTM NETWORKの「Get Wild」をカバーしている)、バブル青田(2006年に「ロンドンハーツ」(テレビ朝日)の企画で小室がプロデュースを手掛けた)、次長課長などH Jungle with tを除く吉本芸人、TMNの「We love the EARTH」をカバーしたSweet Vacation、2010年以降新曲のプロデュースを手掛けているAAAも、1990年代の小室ブームから時期が外れているため、小室ファミリーに分類されることは少ない。小室ファミリー フレッシュアイペディアより)

  • ジャンプ!○○中

    ジャンプ!○○中から見た次長課長次長課長

    第3回 2008年2月20日 千原ジュニア、河本準一(次長課長)、ほっしゃん。、田村裕(麒麟)のベストセラー芸人4人。ドラマゲストはさくら、溝端淳平、夏川純、山本梓、奈美悦子、小倉一郎、中野英雄。ジャンプ!○○中 フレッシュアイペディアより)

  • オモロー山下

    オモロー山下から見た次長課長次長課長

    しかし、テレビではジャリズムの相方・世界のナベアツがこのギャグを使用している(そもそも、ナベアツが使用している言い方自体も、山下のギャグに次長課長・河本がアレンジを加えたもの)ため「OMORO!」はナベアツの“持ちギャグ”として認識されつつある。そのため、山下が「OMORO!」と言うと、周囲から「パクるな!」と言われることもある。このことについてナベアツは「(山下は)ギャグの生みの親なのに、一番『OMORO!』の使い方が下手」と語っている。オモロー山下 フレッシュアイペディアより)

  • 史上最強のメガヒット カラオケBEST100 完璧に歌って1000万円

    史上最強のメガヒット カラオケBEST100 完璧に歌って1000万円から見た次長課長次長課長

    次長課長河本準一、ペナルティワッキー、保田圭、安めぐみなどが挑戦した。史上最強のメガヒット カラオケBEST100 完璧に歌って1000万円 フレッシュアイペディアより)

  • モルツ

    モルツから見た次長課長次長課長

    翌年アサヒビールが「スーパードライ」を投入し大ヒット。サントリーも追随し「サントリードライ」を発売する一方で、「モルツ」は山本浩二や古今亭志ん朝、藤竜也、五木ひろし、郷ひろみらをCMに起用し「私はドライではありません」というコピーで、当時から品質の良さを訴求していた。のちに1992年から1994年まで、当時電通のプランナーだった佐藤雅彦を中心に企画され、萩原健一、和久井映見の2人を起用した「うまいんだな、これがっ。」のキャッチフレーズを擁したCMが放映されると、真心ブラザーズ(当時はTHE真心ブラザーズ)による耳に残るCM曲「モルツのテーマ」も手伝って、次第に売り上げを伸ばしてゆく。この曲は1992年から1994年までのCM(和久井・萩原出演)で使用されていたが、2007年の商品リニューアルから「モルツのテーマ」の新バージョンのCM(吉岡秀隆、松下奈緒、次長課長他出演)で13年振りに復活、SPARKS GO GOがテーマを担当した。モルツ フレッシュアイペディアより)

  • MANNINGEN

    MANNINGENから見た次長課長次長課長

    この回のゲストは、石田純一、磯野貴理、劇団ひとり、関根麻里、次長課長、田山涼成、椿姫彩菜、西山茉希の9人。MANNINGEN フレッシュアイペディアより)

195件中 31 - 40件表示

「次長課長」のニューストピックワード