欧州委員会 ニュース&Wiki etc.

欧州委員会(おうしゅういいんかい)とは、欧州連合の政策執行機関。欧州委員会は法案の提出、決定事項の実施、基本条約の支持、日常の連合の運営を担っている。 (出典:Wikipedia)

「欧州委員会」Q&A

  • Q&A

    『新電力シェア(家庭用)、1位東京ガス、2位大阪ガス、3位KDDI、4位JXエネ』 …

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月1日 00:53

  • Q&A

    暇なことをしているねえと感じますか。そんなに、故国が心配なら帰国して戦えばいいのにね…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月26日 06:56

  • Q&A

    『東電、電気料金不当つり上げ! 東電から電気を買うべきではない? 』 2016/11…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年11月20日 17:25

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「欧州委員会」のつながり調べ

  • マーストリヒト条約

    マーストリヒト条約から見た欧州委員会

    元来、欧州経済共同体はおもに経済や社会、通商に関する機関であった。欧州委員会や欧州司法裁判所はともに、その構成員が加盟国政府によって任命されるものではあるが、業務については各国政府から独立しており、欧州諸共同体の枠組み内においては多くの権限が与えられていた。また欧州議会は欧州諸共同体加盟国に居住する市民の直接選挙で選ばれているが、同様にある程度の独立した権限を有していた。各国政府は閣僚理事会において強大な権限を保持していたが、1980年代半ば以降、表決にあたっては特定多数決方式を採用しており、およそ71%の事案が特定多数方式で表決されていた。欧州のこのようなシステムを共同体の秩序、あるいは超国家性と言われ、欧州経済共同体の諸機関は加盟国政府の権限行使による直接的なコントロールは受けず、その一方で加盟国政府はEC諸機関が反対する決定を多数決によって強制することができるものである。(マーストリヒト条約 フレッシュアイペディアより)

  • キプロス・ポンド

    キプロス・ポンドから見た欧州委員会

    キプロスの通貨は2008年1月1日にユーロへ移行した。これに先立ってキプロス・ポンドは2005年5月2日に欧州為替相場メカニズムに組み込まれ、変動幅がユーロに対して0.585274ポンド±15%以内に制限された。その後ユーロ導入の正式な申請が2007年2月13日になされ、同年5月16日に欧州委員会がキプロスとマルタでのユーロ導入に賛成を表明、6月20日には欧州議会が、6月21日には欧州理事会でも承認された。2007年7月10日には欧州連合理事会の経済・金融理事会において移行時の為替相場を1ユーロ = 0.585274ポンドとすることが決定された。2007年7月12日から同年12月5日にかけて為替相場は1ユーロ = 0.5842ポンドとされ、12月7日以降は1ユーロ = 0.585274ポンドに固定された。(キプロス・ポンド フレッシュアイペディアより)

「欧州委員会」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「欧州委員会」のニューストピックワード