前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
486件中 1 - 10件表示
  • 欧州連合の拡大

    欧州連合の拡大から見た欧州委員会欧州委員会

    2008年12月15日 - カリブ海に浮かぶボネール島、サバ島、シント・ユースタティウス島が県に相当する行政区分に移行。オランダ政府は現在、EUにおけるこれら島々の地位の変更について調査中である。現在これらの島々はローマ条約第2付属文書 (Annex II) における海外領域とされ、EUの領域とは認められていない。このため、アゾレス諸島、マデイラ諸島、カナリア諸島、フランスの海外県と同様にEUの外部地域となることが、これらの島々については規定されていない。欧州委員会地域政策担当委員ダヌータ・ヒューブナーは欧州議会において、これらの島々の人口が3万人ほどしかなく、このような領域の地位の変動に多くの問題が生じるとは思っていなかった、と述べている。これらの島々はローマ条約付属文書に記載されており、新たな地位を得るには基本条約の改正が必要になるのである。次にローマ条約を改正する機会となるのは、2007年12月に調印が予定されているリスボン条約である。欧州連合の拡大 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票

    イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票から見た欧州委員会欧州委員会

    EUの政策の多くは選挙と無関係な人々で構成される欧州委員会(EC)で形作られるためである。イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州グリーン首都賞

    欧州グリーン首都賞から見た欧州委員会欧州委員会

    欧州グリーン首都賞(おうしゅうグリーンしゅとしょう、)は、欧州連合(EU)の欧州委員会環境局が主催している環境分野の自治体賞。欧州グリーン首都、欧州環境首都賞、欧州環境首都、ヨーロッパ緑の首都などとも。2008年5月22日に創設され、2010年から選考が行われている。欧州連合が主催する賞ではあるがヨーロッパ全土の自治体が対象であり、毎年1都市が受賞している。欧州グリーン首都賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の西アフリカエボラ出血熱流行

    2014年の西アフリカエボラ出血熱流行から見た欧州委員会欧州委員会

    この対策にはWHOの他に、アメリカ疾病予防管理センター (CDC) 、欧州委員会 (EU) 、西アフリカ諸国経済共同体 (ECOWAS) 、国境なき医師団 (MSF) 、平和部隊、赤十字社 (IFRC) などが乗り出し、各種基金や人的支援を行っている。流行は森林隣接地帯が中心であり、この地域の葬儀で死者に触れる習慣が流行を加速させていると国連代理人は述べている。また、コウモリやサルなどの野生動物を食べる習慣がリスクを高めているとの推測もある。2014年の西アフリカエボラ出血熱流行 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州経済共同体

    欧州経済共同体から見た欧州委員会欧州委員会

    加盟国は各機関において何らかの形で存在を示すことになる。閣僚理事会はそれぞれの政府を代表する各国の閣僚によって構成される。また加盟国は最低1人の欧州委員会委員を出す権利を有しているが、欧州委員会はそれぞれの出身国の利益ではなく共同体の利益を求めるものとされている。2004年まで規模の大きい加盟国(フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、スペイン)は委員を2人ずつ出していった。欧州議会においては人口に応じて加盟国別に議席数が配分されているが、直接選挙が行われるようになった1979年以降、欧州議会議員は加盟国別ではなく政党ごとに議席を持つことになっている。このほか欧州司法裁判所などほとんどの機関は何らかの形態でその構成員を国別に出している。欧州経済共同体 フレッシュアイペディアより)

  • ブリュッセル

    ブリュッセルから見た欧州委員会欧州委員会

    フラマン系とワロン系の2大民族のほかにも、欧州委員会など多くの国際機関があるため、欧州連合加盟国出身者が多く住んでいる。近年は旧ベルギー植民地(コンゴ民主共和国、ルワンダ、ブルンジ)だけでなくマグリブ(特にモロッコ)、トルコ、イラン、パキスタン、南アメリカなどからの労働者が増えており、国際色豊かで多民族的な地域となっている。移民は一般にフラマン語ではなくフランス語を学ぶ傾向がある。近年はアフリカ、アジア、中近東などからのイスラム系の移民が非常に増加し、移民系の住民が過半数を占めると言われる。近年生まれた男子に最も多く付けられた名前は、イスラム系の「ムハンマド」である。言語政策のあおりを受け、1969年には、1834年創立のブリュッセル自由大学はフランス語系のUniversité Libre de Bruxellesとオランダ語系のVrije Universiteit Brusselに分離した。ブリュッセル フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見た欧州委員会欧州委員会

    マーストリヒト条約第49条では、欧州連合に加盟を希望する国はヨーロッパの国であることと、自由、民主主義、人権の尊重、法の支配といった理念を尊重していることが挙げられている。また実務面では1993年に示されたコペンハーゲン基準を満たす必要がある。これ以外にもアキ・コミュノテールを受け入れられるような法整備がなされていることなどが求められる。欧州委員会は加盟を希望する国に対してこれらの基準を満たしえるかどうか調査を実施し、その報告を欧州理事会に提出している。欧州理事会はその報告書をもとに加盟候補国として具体的な協議を行うか判断している。その後加盟するとなった場合には、加盟予定国は欧州連合との間ではなく、既存加盟国との間で加盟条約を調印し、条約の発効をもって正式に加盟する。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=フランソワ・ドニオー

    ジャン=フランソワ・ドニオーから見た欧州委員会欧州委員会

    1928年10月31日パリに生まれる。1958年欧州委員会外交関係局長に就任する。欧州経済共同体 (EEC) 設立に関する条約であるローマ条約の前文を執筆した。1963年フランスの駐在モーリタニア大使に転出する。1967年欧州委員に任命され、レイ委員会のメンバーとなる。1970年マルファッティ委員会のメンバーとなる。このほか、EC委員としては、イギリス、アイルランド、デンマーク、ノルウェーのEC加盟交渉を担当したほか、発展途上国への対外経済援助を担当した。1973年から1976年ピエール・メスメルPierre Messmer内閣で入閣。1976年スペイン大使となる。1977年から1981年レイモン・バール () 内閣で入閣。1978年から1981年、1986年から1997年まで[[国民議会 (フランス)|ジャン=フランソワ・ドニオー フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の予算

    欧州連合の予算から見た欧州委員会欧州委員会

    欧州連合の予算(おうしゅうれんごうのよさん)では、加盟27か国とは別に独自の議会や執行機関を持つ欧州連合の財政・予算の制度や状況について概説する。欧州連合では加盟国間で共通の法規が施行され、欧州連合全体としての共通政策に対する支出が行われている。これを賄うために欧州連合では2007年度で1160億ユーロ規模の予算が承認され、また2007年から2013年の予算総額の規模としては8620億ユーロとすることが合意されている。この額は欧州連合の域内総生産 (GDP) のおよそ1%にあたる。なお比較として、イギリスの2004年の歳出規模は7590億ユーロで、フランスは8010億ユーロであった。また1960年の欧州連合(当時は欧州経済共同体)の予算規模はGDPの0.03%であった。欧州連合の予算 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合外務・安全保障政策上級代表

    欧州連合外務・安全保障政策上級代表から見た欧州委員会欧州委員会

    もともとこの役職はアムステルダム条約で「共通外交・安全保障政策上級代表」として設置され、リスボン条約が発効するまでの10年にわたってハビエル・ソラナが務めてきた。リスボン条約によりこの役職は欧州委員会の副委員長と欧州連合理事会の外務理事会議長を兼ねることとなった。アメリカ合衆国のクリントン政権は2000年5月に共通外交・安全保障政策上級代表について、かつてヘンリー・キッシンジャーが発言したとされる“Who do I call if I want to call Europe?”(ヨーロッパに電話するとき、だれにかければよいのか?)という疑問に答えられるものだとした。また、その立場から「EU外相」ともいわれている。欧州連合外務・安全保障政策上級代表 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
486件中 1 - 10件表示

「欧州委員会」のニューストピックワード