336件中 11 - 20件表示
  • ヴェーデル

    ヴェーデルから見たヨーロッパ委員会欧州委員会

    2010年6月、アメリカのクラフト・フーヅがこれを日本のロッテ・グループに売却することが決定した。これは、ヴェーデルを所有していたキャドバリーが2010年3月にクラフト・フーヅに買収されたことに伴い、ヨーロッパ委員会(EC)の裁定に従いキャドバリーの事業再編が行われるため。ヴェーデル フレッシュアイペディアより)

  • ネリー・クルース

    ネリー・クルースから見た欧州委員会欧州委員会

    ネリー・クルース(Neelie Kroes、1941年7月19日 - )は、オランダの政治家。自由民主国民党 (VVD) 所属。欧州委員会で2004年から10年まで競争担当委員を、2010年からはデジタルアジェンダ担当委員を務めている。2010年現在、欧州委員会の本部があるベルギーのブリュッセルに住んでいる。ネリー・クルース フレッシュアイペディアより)

  • Xbox 360の技術的問題

    Xbox 360の技術的問題から見た欧州委員会欧州委員会

    2007年6月1日、欧州委員会の消費者問題担当官であるMeglena Kunevaは、Kassaの番組製作者やオランダの消費者問題団体から聞き取り調査を行い、欧州委員会がXbox 360のディスク損傷問題を調査し、マイクロソフトに欧州全域でのディスク交換を求めていくと発言した。マイクロソフトからの回答は1週間以内とみられたが、マイクロソフトはディスク損傷の問題の存在自体を否定、"ユーザの責任"と反論した。2008年1月現在、Meglena Kunevaのウェブサイトには、マイクロソフトの対応や調査結果について何も書かれていない。Xbox 360の技術的問題 フレッシュアイペディアより)

  • シーム・カラス

    シーム・カラスから見た欧州委員会欧州委員会

    シーム・カラス(、1948年10月2日 - )は、エストニアの政治家。現在は欧州委員会で輸送担当委員を務めている。バローゾ委員会のときには5人の副委員長の一人だったが、第二次バローゾ委員会に改造された際に現在の職に任命された。シーム・カラス フレッシュアイペディアより)

  • ダリア・グリバウスカイテ

    ダリア・グリバウスカイテから見た欧州委員会欧州委員会

    ダリア・グリバウスカイテ(、、1956年3月1日 - )は、リトアニアの政治家。同国大統領(在任: 2009年7月12日 - )。リトアニア外務副大臣、財務大臣、欧州委員会文化・教育担当委員(在任: 2004年5月1日 - 2004年11月11日)、欧州委員会財政計画・予算担当委員(在任: 2004年11月22日 - 2009年7月1日)を務めた。リトアニア初の女性の国家元首で、しばしば「鉄の女」と称される。リトアニア語のほか、英語、ロシア語、ポーランド語、フランス語に堪能。ダリア・グリバウスカイテ フレッシュアイペディアより)

  • 市民プラットフォーム

    市民プラットフォームから見た欧州委員会欧州委員会

    国有企業の民有化は闇雲に進めず、長期計画を策定して選択的かつできるだけ慎重に行う(このため、ポーランドの急進的な民有化・自由化・規制緩和・経済開放を求める経済専門家、国際的報道機関、国際的産業界、国際的金融界などから激しく非難されている)。同じく、技術革新(イノベーション)で新市場が創出されることによる有効需要の増大を目指して大量の予算が教育事業、現在の時点ではとりわけ職業教育に振り分けられている。同党はこれらのプロジェクトによる雇用創出効果も期待している。この方針に最も積極的なのがトゥスク党首・首相で、EUに対しても、(財政規律を維持を前提として、その上でどうせ財政支出を行うならば)社会保障の給付額の強化よりも、インフラ整備や教育事業といった公共投資をもっと重視した支出を行い潜在需要の増大と雇用創出を図り、その一方で官僚主義の打破により社会保障の積極的な効率化をして行政事務コストを大幅に減らすべき、との考えを表明している。資金は財政支出のほかに欧州連合(EU)からの莫大な補助金がすでに確保されており、これはGDPを1%以上押し上げていると言われている。こういった潤沢な資金を背景に国内の汚職や利益誘導から無駄遣いが起きるのを防ぐため、公共事業の案件の選択、優先順位の決定、実行においてポーランド政府内部の監査機能のほか、日本には存在しないポーランド国政オンブズマン制度(RPO)やEUの執行機関である欧州委員会(EC)などによって厳しく監督されている。市民プラットフォーム フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合外務・安全保障政策上級代表

    欧州連合外務・安全保障政策上級代表から見た欧州委員会欧州委員会

    もともとこの役職はアムステルダム条約で「共通外交・安全保障政策上級代表」として設置され、リスボン条約が発効するまでの10年にわたってハビエル・ソラナが務めてきた。リスボン条約によりこの役職は欧州委員会の副委員長と欧州連合理事会の外務理事会議長を兼ねることとなった。アメリカ合衆国のクリントン政権は2000年5月に共通外交・安全保障政策上級代表について、かつてヘンリー・キッシンジャーが発言したとされる“Who do I call if I want to call Europe?”(ヨーロッパに電話するとき、だれにかければよいのか?)という疑問に答えられるものだとした。また、その立場からEU外相ともいわれている。欧州連合外務・安全保障政策上級代表 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州憲法

    欧州憲法から見た欧州委員会欧州委員会

    欧州憲法条約第I-1条によると、欧州連合の正当性はヨーロッパの市民と加盟国から賦与されるものである。このことを示すのが欧州議会と欧州連合理事会の並存である。すなわち欧州議会が市民による直接選挙で選出されるのに対して、欧州連合理事会は加盟国政府によって構成されるという形で表されているのである。欧州連合の政策執行機関は超国家的な権限を与えられている欧州委員会であり、その委員は欧州理事会が任命し、委員会の人事に対して欧州議会の承認を要する。欧州憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の歴史

    欧州連合の歴史から見た欧州委員会欧州委員会

    シューマンの声明に基づいて、1951年にフランス、イタリア、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクと西ドイツは欧州石炭鉄鋼共同体を設立するパリ条約に署名した。条約署名の翌年に発足した欧州石炭鉄鋼共同体はルール国際機関の機能を引き継ぎ、またドイツに対する工業生産の制限を緩和した。また欧州石炭鉄鋼共同体の発足で設置された最高機関と共同総会は、それぞれのちに欧州委員会、欧州議会となっていく。最高機関の委員長にはジャン・モネが、共同総会の議長にはポール=アンリ・スパークがそれぞれ就いた。欧州連合の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州諸共同体

    欧州諸共同体から見た欧州委員会欧州委員会

    1967年、合併条約により3共同体それぞれにあった執行機関が統合され、欧州経済共同体の委員会と理事会がほかの共同体における同等の機関を継承することになった。これ以降、法令上は3共同体はそれぞれ独立した組織として存続していたが総称として「欧州諸共同体」と呼ばれるようになり、たとえば欧州委員会の正式な名称は「欧州諸共同体委員会」とされてきた。欧州諸共同体 フレッシュアイペディアより)

336件中 11 - 20件表示

「欧州委員会」のニューストピックワード