486件中 21 - 30件表示
  • アンドルス・アンシプ

    アンドルス・アンシプから見た欧州委員会欧州委員会

    アンドルス・アンシプ(、、1956年10月1日 - )は、エストニアの政治家。欧州委員会副委員長兼デジタル単一市場担当委員。エストニアの首相やエストニア改革党党首を務めた。アンドルス・アンシプ フレッシュアイペディアより)

  • ギュンター・エッティンガー

    ギュンター・エッティンガーから見た欧州委員会欧州委員会

    ギュンター・ヘルマン・エッティンガー(独:Günther Hermann Oettinger、1953年10月15日 - )は、ドイツの政治家。欧州委員会デジタル経済・社会担当委員(2014年 - 2016年)、2017年より同人事・財政担当委員。バーデン=ヴュルテンベルク州首相(2005年 - 2010年)や欧州委員会エネルギー担当委員(2010年 - 2014年)を歴任した。キリスト教民主同盟(CDU)所属。ギュンター・エッティンガー フレッシュアイペディアより)

  • ダチアン・チョロシュ

    ダチアン・チョロシュから見た欧州委員会欧州委員会

    2007年12月から2008年12月まで、カリン・ポペスク・タリチェアヌ内閣の農相を務めた。2009年11月に欧州委員会のジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ委員長から次期農業委員に指名され、2010年2月から2014年11月まで農業委員。2015年11月にはクラウス・ヨハニス大統領からルーマニアの首相に指名され、国会の承認を得て就任し、翌年の総選挙まで務めた。ダチアン・チョロシュ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州憲法

    欧州憲法から見た欧州委員会欧州委員会

    欧州憲法条約第I-1条によると、欧州連合の正当性はヨーロッパの市民と加盟国から賦与されるものである。このことを示すのが欧州議会と欧州連合理事会の並存である。すなわち欧州議会が市民による直接選挙で選出されるのに対して、欧州連合理事会は加盟国政府によって構成されるという形で表されているのである。欧州連合の政策執行機関は超国家的な権限を与えられている欧州委員会であり、その委員は欧州理事会が任命し、委員会の人事に対して欧州議会の承認を要する。欧州憲法 フレッシュアイペディアより)

  • オルトリ委員会

    オルトリ委員会から見た欧州委員会欧州委員会

    オルトリ委員会(オルトリいいんかい、1973年1月6日 - 1977年1月5日)は、フランソワ=グザヴィエ・オルトリを委員長とする欧州委員会オルトリ委員会 フレッシュアイペディアより)

  • Xbox 360の技術的問題

    Xbox 360の技術的問題から見た欧州委員会欧州委員会

    2007年6月1日、欧州委員会の消費者問題担当官であるMeglena Kunevaは、Kassaの番組製作者やオランダの消費者問題団体から聞き取り調査を行い、欧州委員会がXbox 360のディスク損傷問題を調査し、マイクロソフトに欧州全域でのディスク交換を求めていくと発言した。マイクロソフトからの回答は1週間以内とみられたが、マイクロソフトはディスク損傷の問題の存在自体を否定、"ユーザの責任"と反論した。2008年1月現在、Meglena Kunevaのウェブサイトには、マイクロソフトの対応や調査結果について何も書かれていない。Xbox 360の技術的問題 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州石炭鉄鋼共同体

    欧州石炭鉄鋼共同体から見た欧州委員会欧州委員会

    法令上は別個の組織で閣僚理事会や最高機関・共同体委員会もそれぞれに設置されていたが、欧州石炭鉄鋼共同体、欧州経済共同体、欧州原子力共同体は議員総会(のちの欧州議会)や欧州司法裁判所を共有していた。その後重複による無駄を省くため、ブリュッセル条約により3共同体の機関が統合された。また欧州経済共同体はのちの欧州連合における3つの柱の1つとなった。欧州石炭鉄鋼共同体 フレッシュアイペディアより)

  • 私的録音録画補償金制度

    私的録音録画補償金制度から見た欧州委員会欧州委員会

    なお、EU加盟国では、イギリス・アイルランド・ルクセンブルクを除き、補償金制度が導入されているがその範囲や金額は、各国まちまちである。欧州委員会(EC)では、域内の制度を統一するための指令制定に関する議論を行っていたが、将来の制度廃止を視野に入れて段階的縮小を重ねているフランスの反対を主な理由に、2006年12月、統一指令の制定を断念した。私的録音録画補償金制度 フレッシュアイペディアより)

  • ナノテクノロジーの影響

    ナノテクノロジーの影響から見た欧州委員会欧州委員会

    ナノテクノロジーに政府の規制が必要かどうかについては議論が行われてきた。アメリカ合衆国環境保護庁や欧州委員会の保健・消費者保護総局などの規制当局はナノ粒子の潜在的リスクを問題にし始めた。有機食品の分野はいち早くこの問題に対応しており、オーストラリアと英国、次いでカナダでは認定有機農産物に人工ナノ粒子を使用することが禁止された。また有機農業の国際認証機関の認証基準でも同様の規定が採用された。ナノテクノロジーの影響 フレッシュアイペディアより)

  • フェデリカ・モゲリーニ

    フェデリカ・モゲリーニから見た欧州委員会欧州委員会

    フェデリカ・モゲリーニ(、、1973年6月16日 - )は、イタリアの政治家。現欧州委員会副委員長兼欧州連合外務・安全保障政策上級代表(2014年11月1日 - )。フェデリカ・モゲリーニ フレッシュアイペディアより)

486件中 21 - 30件表示

「欧州委員会」のニューストピックワード