336件中 21 - 30件表示
  • クリストファー・パッテン

    クリストファー・パッテンから見た欧州委員会欧州委員会

    クリストファー・パッテン(Christopher Francis Patten, Baron Patten of Barnes, 中国語名: 彭定康, 1944年5月12日 - )はイギリスの政治家。1990年代に最後の香港総督として世界的に有名になった。その後、欧州委員会委員などを経て、現在は男爵、イギリス貴族院議員、ニューカッスル大学、オックスフォード大学総長。クリストファー・パッテン フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロピアナ

    ヨーロピアナから見た欧州委員会欧州委員会

    欧州連合の欧州委員会が公開しており、欧州連合加盟国(一部非加盟国含む)のデジタルアーカイブ群のアグリゲータを指向している。ヨーロピアナ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州石炭鉄鋼共同体

    欧州石炭鉄鋼共同体から見た欧州委員会欧州委員会

    法令上は別個の組織で閣僚理事会や最高機関・共同体委員会もそれぞれに設置されていたが、欧州石炭鉄鋼共同体、欧州経済共同体、欧州原子力共同体は議員総会(のちの欧州議会)や欧州司法裁判所を共有していた。その後重複による無駄を省くため、ブリュッセル条約により3共同体の機関が統合された。また欧州経済共同体はのちの欧州連合における3つの柱の1つとなった。欧州石炭鉄鋼共同体 フレッシュアイペディアより)

  • 共通農業政策

    共通農業政策から見た欧州委員会欧州委員会

    共通農業政策は1960年に欧州委員会が提唱したことで創設された。これは1957年に共同市場の創設をうたったローマ条約が調印されたことを受けたものである。ところが当時の欧州経済共同体 (EEC) 加盟6か国ではそれぞれ国内農業に対して保護的な政策を実施しており、とくに生産品目や農作物の価格維持、農家の経営には手厚い措置がとられていた。保護政策の内容は国ごとに異なるものの、貿易の自由化がなされればこのような措置は障壁とみなされることになる。そのようななかで一部の加盟国、とりわけフランスや農業生産者団体は国ごとの手厚い農業保護措置の継続を求めた。そのため共通農業政策が実現されるには各国での保護措置が調整され、また共同体にそれらが移管されなければならなかった。そこで1962年までに市場統合、共同体による特恵措置、財源の一体化という3つの原則が共通農業政策の実施にあたって打ち立てられた。その後共通農業政策はEUの政策の中心に位置づけられている。共通農業政策 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州議会

    欧州議会から見た欧州委員会欧州委員会

    1979年から5年ごとに直接普通選挙が実施されている。欧州議会は立法権を持つものの、ほとんどの国内議会とは違って法案提出権を持たない(ただし事実上はその能力を有している)。欧州議会は主要機関のなかでも、基本条約で最初に規定があるため、欧州連合の機関としては儀礼上の第1位に位置づけられている。またごく一部の例外を除いて、立法や予算の決定と監督に関する権限を理事会との間で平等に共有している。そして欧州連合の政策執行機関である欧州委員会は欧州議会に対して説明義務があり、とくに欧州議会は欧州委員会人事案や欧州委員会委員長の選任について拒否権を持ち、また欧州委員会を総辞職させることができる。欧州議会 フレッシュアイペディアより)

  • フランス法

    フランス法から見た欧州委員会欧州委員会

    フランス法の体系は、講学上、私法 と公法 の二つに分けられるが、実務用語としては、民法、刑法及び行政法の3つの基本的な法領域があるといえる。欧州委員会の2005年11月の声明は、EU法は第4の法領域と考えるべきとしている。フランス法 フレッシュアイペディアより)

  • ライアンエアー

    ライアンエアーから見た欧州委員会欧州委員会

    アイルランドのフラッグキャリアであるエアリンガスの買収を度々表明しており、2006年、2008年、2012年にはTOBを行った。既にエアリンガスの株式の30%近くを保有する筆頭株主となっているが、エアリンガスからの拒否などにより買収は実現していない。欧州委員会および英国競争委員会は、買収が実現した場合アイルランドにおける新規参入が事実上不可能になってしまうという懸念を示している。ライアンエアー フレッシュアイペディアより)

  • Flybe

    Flybeから見た欧州委員会欧州委員会

    2013年2月にはライアンエアーとの共同事業として、「フライビー・アイルランド」を設立すると発表した。発表によれば、ライアンエアーによるエアリンガスの買収の成立を条件に、エアバスA320 9機によりヨーロッパ34地点、43路線を運航する計画。ライアンエアーは以前よりエアリンガス買収に動きながら失敗が続いているが、欧州委員会より提示されている条件をクリアするべくFlybeとの新会社設立に動いたとされる。Flybe フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合加盟国

    欧州連合加盟国から見た欧州委員会欧州委員会

    マケドニア旧ユーゴスラビア、トルコ、アイスランド、モンテネグロ、セルビアの5か国は正式な加盟候補国として認定されている。トルコは1980年代から加盟を希望しており、長く交渉を重ねてきたが、正式な加盟協議に入ったのは2004年のことだった。現在加盟交渉が進んでいるアイスランドでは、2013年にEU加盟の是非めぐる国民投票が実施される。モンテネグロとは2011年10月に本格的な加盟交渉が開始された。一方、マケドニアはギリシャとの間にマケドニア呼称問題を抱えており、ギリシャがマケドニアの加盟交渉に際し拒否権を行使している。同様の理由によりマケドニアは加盟を目指しているNATOにも加盟の目途が立っていない。セルビアは、ボスニア・ヘルツェゴビナ内戦の大物戦犯であるラトコ・ムラディッチとゴラン・ハジッチの拘束が評価され、2011年10月12日欧州委員会から加盟候補国の地位を提言されたものの、2008年にセルビアから一方的に独立を宣言したコソボとの関係改善および政治対話の進展が加盟交渉開始の条件とされ、正式な加盟申請を行った2009年12月22日から2012年2月の段階まで加盟候補国に認定されていなかったが、関係改善を評価され、2012年3月1日のEU首脳会議において正式な加盟候補国に承認された。欧州連合加盟国 フレッシュアイペディアより)

  • ユーロ

    ユーロから見た欧州委員会欧州委員会

    2004年11月、ギリシャがユーロ導入の決定がなされた時点で収斂基準を満たしていなかったということが判明した。ギリシャは実際の財政赤字を偽って欧州委員会に報告書を提出していた。しかし収斂基準に違反していたとしても、条約・協定では基準違反を想定していないために、既存のユーロ導入国の責任が問われるということがない。ユーロ フレッシュアイペディアより)

336件中 21 - 30件表示

「欧州委員会」のニューストピックワード