486件中 71 - 80件表示
  • 欧州委員会出版局

    欧州委員会出版局から見た欧州委員会欧州委員会

    欧州委員会出版局(Publications Office of the European Union)は、欧州連合及び欧州委員会の機関の発効する文書を出版することを目的とした組織である(Decision No 2009/496/EC, Euratom)。欧州委員会出版局 フレッシュアイペディアより)

  • 3つの柱 (EU)

    3つの柱 (EU)から見た欧州委員会欧州委員会

    第2、第3の柱の分野については、欧州議会、欧州委員会、欧州司法裁判所に与えられた権限は、欧州連合理事会のそれと比べると、まったくというほどではないが大幅に限定されたものである。第1の柱で図られているバランスは、欧州共同体によってなされていることから、しばしば「共同体の秩序 (community method)」と表現されることがある。3つの柱 (EU) フレッシュアイペディアより)

  • エストニアのユーロ硬貨

    エストニアのユーロ硬貨から見た欧州委員会欧州委員会

    当初は2007年1月1日にユーロの導入を予定していたが、インフレーションに関する基準などを満たさなかったため導入は延期された。2010年5月12日、欧州委員会はエストニアが収斂基準を満たしたと報告し、2011年1月1日にエストニアでユーロへの切り替えを提案した。これを受けて同年7月13日に欧州連合の経済・財務理事会は欧州委員会の提案どおり、エストニアのユーロ移行を認めることを決定した。エストニアのユーロ硬貨 フレッシュアイペディアより)

  • アウグストゥフ

    アウグストゥフから見た欧州委員会欧州委員会

    2007年、EU域内で最も広大な原生湿地帯であるロスプダ渓谷の湿地を通るヴィア・バルティツァバイパスの建設をめぐって大論争が起こった。欧州委員会が即時差し止めを下し、工事は中止された。アウグストゥフ フレッシュアイペディアより)

  • ジェンキンス委員会

    ジェンキンス委員会から見た欧州委員会欧州委員会

    ジェンキンス委員会(ジェンキンスいいんかい、1977年1月6日 - 1981年1月6日)は、ロイ・ジェンキンスを委員長とする欧州委員会ジェンキンス委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ピープルソフト

    ピープルソフトから見た欧州委員会欧州委員会

    2003年初め、ピープルソフトはオラクルとの経営権争いをする状況に陥った。2003年6月、オラクルは70億ドル(1株あたり19.5ドル)で敵対的な買収を提案した。2004年2月、オラクルは買い付け価格を上げ、94億ドル(1株あたり26ドル)としたが、これもピープルソフトの取締役会に拒否された。同月、アメリカ司法省は反トラスト法違反の恐れがあるとしてオラクルの買収行為を停止するための訴訟を起こした。しかし、2004年9月、連邦裁判所は証拠不十分として訴えを退けた。10月には欧州委員会も同様の判断を下した。オラクルは5月には買い付け価格を77億ドルまで下げていたが、11月には94億ドルに上げた。ピープルソフト フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパコンピュータドライビングライセンス

    ヨーロッパコンピュータドライビングライセンスから見た欧州委員会欧州委員会

    1995年、ECDL検定プログラムは欧州のCEPIS内のタスクフォースによって開発され、欧州委員会の高次グループ (High Level Group) である ESDISの推薦を受けて欧州全体の検定となった。ヨーロッパコンピュータドライビングライセンス フレッシュアイペディアより)

  • 競争・消費・詐欺防止総局

    競争・消費・詐欺防止総局から見た欧州委員会欧州委員会

    競争・消費・詐欺防止総局(フランス語:Direction générale de la concurrence, de la consommation et de la répression des fraudes, 略:D.G.C.C.R.F.)はフランスの経済・金融・国外貿易省の内局。市場における公平な競争の確保および消費者の保護を任務とする。1985年創設。欧州連合において欧州委員会のなどと協力。職員は約3,000人。モンペリエに本部を置く職員の教養学校は国立競争・消費・詐欺防止学校(E.N.C.C.R.F.)という。競争・消費・詐欺防止総局 フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア特許

    ソフトウェア特許から見た欧州委員会欧州委員会

    このように、ソフトウェアに一定の技術的性質や技術的寄与があれば、特許になることが結論付けられたこと、また、現行条文の表現が紛らわしいとして、現在では、欧州特許条約 (EPC) 第52条第2-3項を改正し、ソフトウェアを非特許要件から外す旨の改正がすすめられているが、ソフトウェア特許に対する世論の意見は厳しく、欧州委員会が2002年2月に公表した「コンピュータ利用発明の特許性に関する指令」案も3年に渡る議論の末に2005年7月に欧州議会より否決された。ソフトウェア特許 フレッシュアイペディアより)

  • 強化された協力

    強化された協力から見た欧州委員会欧州委員会

    強化された協力には、欧州連合の加盟国のうち3分の1以上の国と欧州委員会が適用を求めることになっている。欧州委員会が提案を受けたのち、その案を進めるためにはすべての加盟国による条件付多数決での承認を受けなければならない。強化された協力 フレッシュアイペディアより)

486件中 71 - 80件表示

「欧州委員会」のニューストピックワード