前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
466件中 1 - 10件表示
  • フランス国立宇宙研究センター

    フランス国立宇宙研究センターから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    フランス国立宇宙研究センター(フランスこくりつうちゅうけんきゅうセンター、、略称:CNES、クネス)は、フランスの宇宙開発・研究を行う政府機関である。ヨーロッパ各国が共同で設立した欧州宇宙機関(ESA)で中心的な役割を果たしている。フランス国立宇宙研究センター フレッシュアイペディアより)

  • ロケット・ミサイル技術の年表

    ロケット・ミサイル技術の年表から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    1979年12月24日 - ESAのアリアン1型初の打上成功ロケット・ミサイル技術の年表 フレッシュアイペディアより)

  • Nano-JASMINE

    Nano-JASMINEから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    Nano-JASMINE は日本初の位置天文衛星で、大気の影響を受けない宇宙空間から恒星の位置を高い精度で測定し、恒星までの距離(年周視差に基づく)や固有運動を明らかにすることを目的としている。順調に打ち上げられれば1989年に欧州宇宙機関が打ち上げたヒッパルコス衛星に続く世界2番目の位置天文衛星となる予定であったが、2013年12月に欧州宇宙機関がヒッパルコス衛星の後継機であるガイア衛星を打ち上げたため、世界で3番目の位置天文衛星となる見込みである。日本で計画されているJASMINEシリーズの最初の一機と位置づけられており、将来的に打ち上げが予定されているより大型の「小型JASMINE」や「JASMINE」に向けて技術の検証を行うことが目標の1つとなっている。Nano-JASMINE フレッシュアイペディアより)

  • フランスの宇宙開発

    フランスの宇宙開発から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    現在も欧州の宇宙開発の中心的役割を担っており、欧州宇宙機関(ESA)への最大の資金拠出国となっている。フランスの宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの宇宙開発

    イギリスの宇宙開発から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    イギリスの宇宙開発ではイギリスにおける宇宙開発と、欧州宇宙機関など国際的な場におけるイギリスの関与を促進するための特徴的な試みについて説明を行う。イギリスの宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙研究機構

    欧州宇宙研究機構から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    1975年に欧州宇宙研究機構は欧州ロケット開発機構と統合して欧州宇宙機関になった。欧州宇宙研究機構 フレッシュアイペディアより)

  • メガプロジェクト

    メガプロジェクトから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    Envisat、欧州宇宙機関の地球観測衛星 (2002?2012)メガプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • EJSM

    EJSMから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    EJSM(英: Europa Jupiter System Mission、エウロパ・ジュピター・システム・ミッション)はアメリカ航空宇宙局(NASA)/欧州宇宙機関(ESA)共同による木星探査計画。特に木星の磁気圏と木星の衛星であるエウロパとガニメデに主眼を置き、2020年に探査機を打ち上げる予定。欧州側はラプラス(Laplace)と呼んでいる。EJSM フレッシュアイペディアより)

  • エルメス (宇宙船)

    エルメス (宇宙船)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    エルメス(ヘルメス)は、フランス、後に欧州宇宙機関 (ESA) がかつて計画していた再利用型の有人宇宙往還機。いわゆる欧州版スペースシャトルといわれるもの。エルメス (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • ヒッパルコス (人工衛星)

    ヒッパルコス (人工衛星)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ヒッパルコス (Hipparcos) とは、1989年8月8日に欧州宇宙機関によって打ち上げられ、1993年まで運用された高精度位置天文衛星である。世界で最初の位置天文衛星でもある。日本ではヒッパルコス衛星(ヒッパルコスえいせい)と呼ばれることが多い。なお、HipparcosはHIgh Precision PARallax COllecting Satellite(高精度視差観測衛星)の略である。ヒッパルコス (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
466件中 1 - 10件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード