381件中 91 - 100件表示
  • アニリール・セルカン

    アニリール・セルカンから見たESA欧州宇宙機関

    ヨーロッパ宇宙開発事業団(ESA) 宇宙技術移転開発部メンバーとなる(EUにおけるエラスムス交換プログラムにおいてバウハウス大学より派遣。一般企業に対し宇宙開発技術の移転を目的とした三ヶ月の就任)。1アニリール・セルカン フレッシュアイペディアより)

  • おおぐま座47番星

    おおぐま座47番星から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関 (ESA) のヒッパルコス衛星を用いた位置天文学測定によると年周視差は71.04分、距離は14.1パーセク(45.9光年)であり、太陽系のかなり近傍に位置する。等級は+5.03で、条件が良ければ肉眼での観測も可能である。おおぐま座47番星 フレッシュアイペディアより)

  • はくちょう座X領域

    はくちょう座X領域から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    フェルミガンマ線宇宙望遠鏡の観測によって、この領域内でのガンマ線放射が明らかになった。欧州宇宙機関(ESA)のハーシェル宇宙望遠鏡が赤外線で鮮明にとらえ、その画像が2012年5月10日に公開された。NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡による赤外線観測によって詳細な構造が明らかになっている。はくちょう座X領域 フレッシュアイペディアより)

  • STS-31

    STS-31から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    このミッションの主な目的は、ハッブル宇宙望遠鏡 (HST) の放出である。HST は、不明瞭で乱れのある地球の大気から離れた軌道上で、紫外線や可視光や近赤外線を使って天体観測するために設計されていて、NASAとESAの共同開発である。ミッションの残りの期間は、写真撮影と船上での実験が行なわれた。HST の寿命を延ばせる高い軌道に乗せるために、ディスカバリーはこの時点までで最も高い高度600kmまで上昇した。この記録的な高度により、低い軌道からでは不明確である大規模な地球の地理的特徴を写真撮影することが可能となった。2台のIMAXカメラで動画も撮影され、IMAX映画の Destiny in Space に使用された。実験活動は、生物医学技術の研究、先進材料の研究、粒子汚染と電離放射線の測定、無重力下での電気アークを研究する学生科学プロジェクト、などであった。通常よりも高い軌道からの再突入だったため、この時点までで最も長い4分58秒の軌道離脱噴射が必要となった。STS-31 フレッシュアイペディアより)

  • リフティングボディ

    リフティングボディから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    この他、アメリカ以外の国の宇宙往還機の設計案にもリフティングボディが取り入れられることが多く、例として2007年現在開発が進行中の欧州宇宙機関のホッパーがある。また1990年代初頭にアメリカの航空技術者バーナビー・ウェインファン(Barnaby Wainfan)により開発されたホームビルト飛行機のファセットモービルや、2007年現在ドイツで開発中の水素燃料を用いた複座ジェット機スマートフィッシュなどがリフティングボディ機として言及されている。リフティングボディ フレッシュアイペディアより)

  • アルファ磁気分光器

    アルファ磁気分光器から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    アルファ磁気分光器(Alpha Magnetic Spectrometer)は、国際宇宙ステーションに搭載されている素粒子物理学の実験装置である。AMS-02とも呼ばれる。宇宙線を測定し、様々な種類の未知の物質を調査することを目的に設計されている。この実験によって宇宙の構造がより明確にされ、暗黒物質や反物質の存在を解明する手がかりになることが期待されている。代表研究者はノーベル物理学者のサミュエル・ティンで、機体の最終試験はオランダにある欧州宇宙機関のヨーロッパ宇宙研究技術センターで行われ、2010年8月にフロリダのケネディ宇宙センターに搬送された。当初は同年7月のスペース・シャトルエンデバー号の最後の飛行となるSTS-134(エンデバー号)で打ち上げられる予定であったが延期され、AMS-02を載せたSTS-134は2011年5月に打ち上げられた。アルファ磁気分光器 フレッシュアイペディアより)

  • 使い捨て型ロケット

    使い捨て型ロケットから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    1980年3月26日、欧州宇宙機関とフランス国立宇宙研究センター(CNES)は世界初の商業衛星打ち上げ会社であるアリアンスペースを設立した。アリアンスペース社はアリアンシリーズの製造、運用、販売を行う。1995年にはアリアンスペースは100機目の衛星の打ち上げを達成し、1997年には100機目のアリアンロケットの打ち上げが達成された。 アリアンスペースにはヨーロッパの異なる10ヶ国の科学、技術、金融、政治の各分野から23の出資者がいる。主要株主のCNESは34.68%の資本を所有する。使い捨て型ロケット フレッシュアイペディアより)

  • エルメス (宇宙船)

    エルメス (宇宙船)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    エルメス(ヘルメス)は、フランス、後に欧州宇宙機関 (ESA) がかつて計画していた再利用型の有人宇宙往還機。いわゆる欧州版スペースシャトルといわれるもの。エルメス (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • バリュート

    バリュートから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関(ESA)は、IRDT(Inflatable Re-entry and Descent Technology)と呼ぶ再突入機の飛行試験を2000年から2005年にかけて4回(うち3回は潜水艦から発射するヴォルナを利用)行ったが、全て失敗に終った。IRDTは宇宙から地上へ物資を回収することを考慮して実証試験を行った。直径80cmの本体から窒素ガスを膨張させて耐熱シールドを2段階に展開することにより直径を3.8mまで広げて減速し、着地時の速度を13-15m/sまで落とすことを目指していた。バリュート フレッシュアイペディアより)

  • NASA TV

    NASA TVから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ESAテレビジョン - 欧州宇宙機関のテレビチャンネルNASA TV フレッシュアイペディアより)

381件中 91 - 100件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード