466件中 91 - 100件表示
  • コンゴ民主共和国の世界遺産

    コンゴ民主共和国の世界遺産から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    このとき、世界遺産センターは各種NGOとも連携しつつ、保護を支援し続けていくことを決定し、やベルギー(コンゴ民主共和国の旧宗主国)からの資金などで、積極的な保護・監視活動に乗り出した。活動資金からは、給与未払いの中で危険な監視活動に当たっていた現地の公園監視員の給与や新装備の費用が拠出された。あわせて欧州宇宙機関と連携し、人工衛星から植生の状況を監視することも始めた。コンゴ民主共和国の世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • シュテインス (小惑星)

    シュテインス (小惑星)から見たESA欧州宇宙機関

    ロゼッタが撮影したシュテインスの画像 - ESAシュテインス (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • Sentinel-1

    Sentinel-1から見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    Sentinel-1(センチネル-1)は欧州連合(EU)とヨーロッパ宇宙機関(ESA)の地球観測プログラム「コペルニクス計画」によって開発されている地球観測衛星である。Sentinel-1AおよびSentinel-1Bの2基からなる衛星コンステレーションとして、1Aは2014年4月3日に打ち上げられた。1Bの方は2015年の打ち上げが計画されている。Sentinel-1 フレッシュアイペディアより)

  • SN 2014J

    SN 2014Jから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    2014年7月、マックスプランク研究所の Roland Diehl 教授、京都大学の前田啓一准教授らのチームは、欧州宇宙機関のガンマ線観測人工衛星インテグラルによる観測データを解析した結果、爆発からわずか18日目の段階で56Niの放射性崩壊にともなうガンマ線を検出したと発表した。Ia型超新星の爆発は白色矮星の中心付近から始まるというこれまでの理論では、56Niの放射性崩壊によるガンマ線は周囲の物質に隠されて爆発後数か月間は観測できないと考えられており、この結果は従来の理論に再考を促すものである。SN 2014J フレッシュアイペディアより)

  • ジュール・ヴェルヌ (ATV)

    ジュール・ヴェルヌ (ATV)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ATVの推進システムが軌道上で作動したその約2時間後、4基のパドル駆動電子装置(PDE、Propulsion Drive Electronics)の内2番目が燃料と酸化剤の間に予期しない混合圧力差を検知した。問題の装置はATVのスラスターを25%制御する役割を担っていた。不具合が調査されている間、エンジンの燃焼は一時的に延期された。フランスのトゥールーズにあるATVコントロールセンターから推進システム全体のリスタートが行われた結果、問題は解決した。欧州宇宙機関(ESA)は仮に4基のスラスターの内1基が使用できなくてもミッションは継続可能だったと報告している。ジュール・ヴェルヌ (ATV) フレッシュアイペディアより)

  • ジオット (探査機)

    ジオット (探査機)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ジオット (giotto) またはジョットは、欧州宇宙機関 (ESA) によって1985年7月2日に打ち上げられ、ハレー彗星に最接近した探査機。1301年に出現したハレー彗星をパドヴァのスクロヴェンニ礼拝堂の壁画のモチーフに描いたイタリアの画家ジョット・ディ・ボンドーネにちなみ命名された。ジオット (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • 超長基線電波干渉法

    超長基線電波干渉法から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    SVLBIの構想自体はVLBIの歴史と同程度に古いものであるが、具体的に検討され始めたのは1980年代のことである。1986年から1988年にかけて、アメリカのTDRSと日本・オーストラリアの電波天文台を用いて地球の2倍程度の基線を持つ干渉計を構築する実験に成功したのがSVLBIの初の成功例である。ヨーロッパでは欧州宇宙機関(ESA)がアメリカ航空宇宙局(NASA)と共同でQUASATという計画を推進していたがホイヘンス・プローブとの優先度競争に負け中止となった。ロシアではラジオアストロンという計画が進められ、ソ連崩壊の混乱などのため計画は延期に延期を重ねられたが、2011年に無事打ち上られた。アメリカではNASAジェット推進研究所(JPL)とアメリカ国立電波天文台(NRAO)がARISE、iARISEという計画を立てているが、X線ミッションやガンマ線ミッションが優先されているため実現の目処が立っていない。超長基線電波干渉法 フレッシュアイペディアより)

  • ARD (実験機)

    ARD (実験機)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ARD(Atmospheric Reentry Demonstrator)は英語で「大気圏再突入実験機」、すなわち宇宙から大気圏に突入し、人員または物資を地表へ届ける宇宙輸送システムの実験機を意味する。同様の目的を持つ実験機一般を指す普通名詞としても使われ得るが、この項では1998年に打ち上げられた欧州宇宙機関(ESA)の実験機について記述する。ARD (実験機) フレッシュアイペディアより)

  • プレリアル (フリゲート)

    プレリアル (フリゲート)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    「プレリアル」は南太平洋に配備されているため、中南米諸国や東アジアおよび東南アジア・太平洋諸国などを訪問している。1993年には南北アメリカ諸国を、1994年には西太平洋諸国を、1996年には再び南北アメリカ諸国を、1997年には南北アメリカ諸国と西太平洋諸国を訪問し、同じ年には欧州宇宙機関の大気圏再突入実験機(:en:Atmospheric reentry demonstrator)の回収任務に就く。1999年に西太平洋諸国を訪問し、特にロシア・ウラジオストクや中華人民共和国・青島の訪問が含まれる。2000年には太平洋諸国を中心に日本にも立ち寄った。2001年の西太平洋諸国訪問はベトナム・ホーチミン市が含まれる。2002年は西太平洋諸国を、2003年は南北アメリカ諸国と西太平洋諸国を、2006年に北米諸国を、2008年に再び北米諸国を、2009年には南北アメリカ諸国を訪問した。プレリアル (フリゲート) フレッシュアイペディアより)

  • 欧州ロボットアーム

    欧州ロボットアームから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ERAは、ダッチ・スペース(Dutch Space)社を主契約企業として8カ国の宇宙関連企業が協力して欧州宇宙機関のために開発し、2017年以降にロシアの多目的実験モジュール(MLM)とともにプロトンロケットで打ち上げられる予定である。これに先立ち、2本の腕を装備した肘関節の予備品がミニ・リサーチ・モジュール1(MRM1)に取り付けられた状態でSTS-132で既に運ばれている。欧州ロボットアームの通常の保管場所はMLMとなるが、当初の計画では科学電力プラットフォームに取りつけられることになっていた。欧州ロボットアーム フレッシュアイペディアより)

466件中 91 - 100件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード