466件中 101 - 110件表示
  • 太陽観測装置

    太陽観測装置から見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    太陽観測装置 (Solar Monitoring Observatory, SOLAR/SMO) は、国際宇宙ステーションを構成するコロンバスの一部である、ヨーロッパ宇宙機関の観測装置である。太陽観測装置を含むコロンバスモジュールは、2008年2月にSTS-122で打ち上げられた。太陽観測装置は、 (EuTEF) とともにコロンバスの外壁に取り付けられている(EuTEFはSTS-128で既に回収)。その他、 (ACES) 等の機器も将来的にコロンバスの外壁に取り付けることを計画中である。太陽観測装置 フレッシュアイペディアより)

  • ミニ・リサーチ・モジュール2

    ミニ・リサーチ・モジュール2から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    2009年11月20日01:36(UTC)、とつぜん鳴り響いた警報音がスペース・シャトルアトランティス号STS-129と国際宇宙ステーション(ISS)に乗り込んでいた飛行士たちを叩き起こした。同じ警報音は21日02:53(UTC)にも発せられた。急減圧を示す誤警告が発令され、ISS内のすべての換気ファンが自動的に停止されたため船内にはほこりが舞い上がり、ヨーロッパ宇宙機関のコロンバス実験室の煙探知機が誤作動した。ヒューストンのフランク・ライアン(Frank Lien)管制官は第21次長期滞在の指揮官であるフランク・ディビュナー(Frank De Winne)に、この警報の原因はおそらくMRM2であることを伝えた。ミニ・リサーチ・モジュール2 フレッシュアイペディアより)

  • アルファバス

    アルファバスから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    アルファバスは、フランスのタレス・アレーニア・スペースとアストリウム・サテライトが、フランス国立宇宙研究センターと欧州宇宙機関の支援を得て共同開発した。アルファバス フレッシュアイペディアより)

  • オニクマムシ

    オニクマムシから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    2007年、欧州宇宙機関のBIOPAN-6の実験の一環として、オニクマムシともう1種のクマムシRichtersius coroniferを高放射線でほぼ真空の宇宙空間の環境に晒す実験が行われ、3匹のオニクマムシが生き残った。オニクマムシ フレッシュアイペディアより)

  • Interactive Data Language

    Interactive Data Languageから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    IDL は宇宙開発関連で広く採用されている。欧州宇宙機関はジオットが撮影したハレー彗星の画像をほぼ全てIDLで処理した。ハッブル宇宙望遠鏡の主鏡の不具合を調整する際にもIDLが活用されている。1995年、スペースシャトルの乗組員がノートパソコンにIDLをインストールして携行し、紫外線放射の研究に使用した。また、STEREOの SECCHI の収集データの分析にもIDLが使われている。Interactive Data Language フレッシュアイペディアより)

  • EXPERT

    EXPERTから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    EXPERT(European eXPErimental Re-entry Test-bed)は、欧州宇宙機関(ESA)によって計画中の大気圏再突入実験機。再突入時の空気熱力学的データを収集し、数値シミュレートおよび風洞試験結果と比較することでその信頼性を検証する。EXPERTで確認された複合耐熱設計と空力制御技術は、次のステップであるIXV再突入試験機に使用され、将来的に構想されるスペースプレーンの基礎となる。EXPERT フレッシュアイペディアより)

  • EXOSAT

    EXOSATから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    太陽系外のX線源の月による掩蔽を観測することを目的とした欧州宇宙機関(ESA)の人工衛星で、1983年5月26日に、遠点20万km、近点500kmという離心率の非常に大きな軌道に打ち上げられた。0.04-2 keVの2つの低エネルギー撮像望遠鏡(LEIT)、1.5-50 keVのAr/CO2及びXe/CO2検出器、2-80 keVのガスシンチレーション分光器(GSPC)、プログラム変更可能なデータ処理用コンピュータ等を搭載している。EXOSATはLEITで最低10秒、GSPCで約2秒の範囲を80時間まで観測することができる。EXOSAT フレッシュアイペディアより)

  • 藤本正樹

    藤本正樹から見たESA欧州宇宙機関

    藤本 正樹(ふじもと まさき、1964年 - )は、日本の惑星科学者。宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所教授、太陽系科学研究系研究主幹、宇宙科学国際調整主幹、東京大学大学院併任教授、東京工業大学地球生命研究所主任研究員。ESA/JAXA共同水星探査計画「Bepi Colombo」プロジェクト・サイエンティスト、米国地球物理連合学会誌JGR Space Physics1編集長を兼務。専門は、宇宙プラズマ物理学・惑星系形成論。藤本正樹 フレッシュアイペディアより)

  • オーロラ計画

    オーロラ計画から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    オーロラ計画(Aurora programme)は、2001年に定まった欧州宇宙機関(ESA)の有人宇宙飛行計画である。1番目の目的は、無人宇宙船、有人宇宙船を用いた欧州の長期的な太陽系探査計画を開始、発展することである。2番目の目的は、地球外生命を探索することである。オーロラ計画 フレッシュアイペディアより)

  • インテグラル (宇宙望遠鏡)

    インテグラル (宇宙望遠鏡)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    インテグラル(INTErnational Gamma-Ray Astrophysics Laboratory、INTEGRAL)は、欧州宇宙機関 (ESA) が運営し地球の周囲を周回している、ガンマ線観測人工衛星である。インテグラル (宇宙望遠鏡) フレッシュアイペディアより)

466件中 101 - 110件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード