466件中 141 - 150件表示
  • SOLAR-C

    SOLAR-Cから見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    どちらの案においても、アメリカ航空宇宙局(NASA)やヨーロッパ宇宙機関(ESA)が既に計画中の太陽観測機と連携することで、2020年代前半の極大期において大きな成果を挙げることが可能となるよう計画されていた。SOLAR-C フレッシュアイペディアより)

  • EarthCARE

    EarthCAREから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    EarthCARE(アースケア、Earth Clouds, Aerosols and Radiation Explorer)は、欧州宇宙機関 (ESA) と日本の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) および情報通信研究機構 (NICT) が共同で開発している地球観測衛星。この衛星を利用した計画はEarthCARE計画と呼ばれ、衛星に搭載したセンサで全球の雲およびエアロゾルの鉛直分布を観測することによって、気候変動の要因であるのにもかかわらず二酸化炭素より科学的理解度が低いとされている雲・エアロゾルの全球の三次元構造をモデル化し、気候変動予測の精度を向上させることを目的としている。2017年度にソユーズSTKにて打ち上げられる予定である。EarthCARE フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTMA-09M

    ソユーズTMA-09Mから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ソユーズTMA-09Mの乗組員は、ロシア連邦宇宙局(RSA)のフョードル・ユールチキン、アメリカ航空宇宙局(NASA)のカレン・ナイバーグ、欧州宇宙機関(ESA)のルカ・パルミターノである。ソユーズTMA-09M フレッシュアイペディアより)

  • KAGRA

    KAGRAから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    eLISA (ESA) - LISAは "Laser Inferometer Space Antena" の略称であり、宇宙重力波望遠鏡(アンテナ)である。基線長は500万キロメートルを計画中。現在、ESAがホワイトペーパーを検討中。開発され2028年以降に宇宙へ打ち上げられ、人工惑星軌道へ投入され観測を開始する予定。KAGRA フレッシュアイペディアより)

  • IUE

    IUEから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    IUE(英: International Ultraviolet Explorer、国際紫外線天文衛星)またはエクスプローラー57号(英:Explorer 57)は紫外線の電磁スペクトルを観測する宇宙望遠鏡。NASA、ESA、およびイギリス科学研究評議会(Science Research Council - SRC)の共同開発で、以前の観測衛星よりも暗い天体まで、高精度なスペクトル観測が可能だった。IUE フレッシュアイペディアより)

  • 科学電力プラットフォーム

    科学電力プラットフォームから見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    科学電力プラットフォーム(Science Power Platform, SPP)は、ロシアが計画していた国際宇宙ステーション(International Space Station, ISS)の区画のひとつであり、この計画は一旦キャンセルされたが、新たに科学電力モジュール(Scientific-Power Module, SPM)として実現することになった。SPPはプロトンロケットかゼニットロケットを使ってISSに運ばれる予定だったが(当初は、宇宙ステーションミール2号のために設計されたものだった)、米露の取引合意によりスペース・シャトルの9A.1フライトで打ち上げられることに変更された。完成すれば太陽電池パネルを8枚装備(その後4枚に削減)し、ヨーロッパ宇宙機関が提供した欧州ロボットアーム(ERA)で保守点検作業をして、ISSの燃料を節約するためのロール方向のスラスタ制御を提供する予定であった。欧州ロボットアームはISS計画の一環として現在も進行中であり、2015年以降にロシアのプロトン・ロケットで多目的実験モジュール(MLM)「ナウカ」とともに打ち上げられる予定である。SPPはもし実現していればズヴェズダ区画の上部ドッキング装置に取りつけられる予定であったが、同場所には現在はミニ・リサーチ・モジュール2「ポイスク」が設置されている。科学電力プラットフォーム フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナの宇宙開発

    ウクライナの宇宙開発から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関とはヴェガロケットの4段目のエンジンであるRD-843をユージュノエ設計局およびユージュマシュからの供給で協力する。また、オービタル・サイエンシズのアンタレスロケットの1段目の製造を担当する。ウクライナの宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • 位置天文学

    位置天文学から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    1989年から1993年にかけて、欧州宇宙機関 (ESA) の ヒッパルコス衛星が初めて宇宙から恒星の精密な位置測定を行った。これによって約12万個の恒星について20-30ミリ秒の精度でその位置が得られた。位置天文学 フレッシュアイペディアより)

  • ダミアン・ハースト

    ダミアン・ハーストから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    また、欧州宇宙機関に依頼され、2003年に打ち上げるマーズ・エクスプレスの火星着陸機「ビーグル2」のためにシンプルな絵画を描き、火星に到着する人類初の美術品にしようとした。ダミアン・ハースト フレッシュアイペディアより)

  • マルス96

    マルス96から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    マルス96以降、ESAがマルス96の技術を元として計画したマーズ・エクスプレスは打ち上げに成功し、火星探査を行っている。また、、などが計画されていたが、ネットランダーは中止され、メットネットは打ち上げが延期されている。。マルス96 フレッシュアイペディアより)

466件中 141 - 150件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード