466件中 11 - 20件表示
  • ミールの軌道離脱

    ミールの軌道離脱から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    (RMCC)と欧州宇宙運用センター(ESOC)に配置されていたミール軌道離脱監視グループのメンバーは運用の動態全体の計測監視を行った。運用の最終段階の間の大量の報道関係者の存在からモスクワのRMCCの両管制室が利用された。各軌道離脱噴射の間のRMCCの即時報告は遠隔会議を通して欧州宇宙機関の報道官と国家機関の代表者に提供された。ESOCのためにRMCCからのビデオ送信も利用可能になった。ミールの軌道離脱 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州の宇宙開発

    欧州の宇宙開発から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    欧州の宇宙開発は、1960年代初頭に欧州宇宙研究機構(ESRO)、欧州ロケット開発機構(ELDO)がそれぞれ設立され、ヨーロッパ ロケットが打ち上げられたが、全て失敗した。その経験を元に欧州ロケット開発機構は欧州宇宙研究機構(ESRO)と統合して欧州宇宙機関が設立され、アリアン1が1979年12月に打ち上げられた。その後、各国の協力で開発が進められる。その後、商業打ち上げに注力して現在では商業衛星の打ち上げで大きな市場占有率を占めるようになった。欧州の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州ロケット開発機構

    欧州ロケット開発機構から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    欧州ロケット開発機構(おうしゅうロケットかいはつきこう European Launcher Development Organisation,ELDO)は、西ヨーロッパ諸国による国際共同の打ち上げロケット開発機関。欧州宇宙機関(ESA)の前身の一つである。欧州ロケット開発機構 フレッシュアイペディアより)

  • いぶき (人工衛星)

    いぶき (人工衛星)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関(ESA)の開発。成層圏における、オゾン・大気汚染物質の移動過程を観測する。いぶき (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙の距離梯子

    宇宙の距離梯子から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    この年周視差を用いた距離の測り方は、そのままパーセクの定義である。年周視差は、距離が遠くなればなるほど小さくなってゆき、あまりにも小さい値を高精度で観測するのは分解能が追いつかず困難となる。1980年代までの観測精度ではせいぜい0.01秒程度の年周視差までしか高精度では測れないため、この測定法が使えるのはせいぜい100パーセク程度までということになっていた。1989年に欧州宇宙機関によって打ち上げられた高精度視差観測衛星ヒッパルコスにより、恒星の視差を0.001秒角の精度で測定し、半径1,000パーセク(約3,260光年)の範囲の星の位置を10% 以下の誤差で精密に定めることができた。宇宙の距離梯子 フレッシュアイペディアより)

  • 臼田宇宙空間観測所

    臼田宇宙空間観測所から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    1986年に76年周期で回遊してくるハレー彗星の最接近が予定されており、それに合わせて欧州宇宙機関(ESA)が1985年7月にジオットを、ソ連が1984年12月にヴェガ2機をハレー彗星に向かわせた。アメリカのNASAは新規衛星の打ち上げは見送ったが、それ以前に打ち上げられていた探査機である ISSE-3(その後、国際彗星探査機 (ICE) と名称を変更)を、5回の月スイングバイにより軌道修正させ、ハレー彗星に送り込むことが決まっていた。臼田宇宙空間観測所 フレッシュアイペディアより)

  • チェコ共和国宇宙局

    チェコ共和国宇宙局から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    チェコ共和国宇宙局(Czech Space Office, CSO、)はチェコ共和国の宇宙関連活動を調整する機関。2003年11月に設立され、本部はプラハに位置する。欧州宇宙機関(ESA)関連活動を主体とした宇宙活動を行っている。チェコ共和国宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙望遠鏡

    宇宙望遠鏡から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    2006年12月27日に、フランス国立宇宙機関及びヨーロッパ宇宙機関が打ち上げた、太陽系外惑星の精密な観測を行う初の衛星。恒星の周辺を回る惑星がもたらす食を観測するトランジット法を用いることで、太陽系外惑星の存在を正確に観測することが目的。現在も運用が続き、地球から1500光年離れた恒星周辺の惑星系を発見したり、地球型惑星と思われる天体を発見するなどの成果を上げつつある。宇宙望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 航空宇宙

    航空宇宙から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    いくつかの国には政府からの公的資金が投入されている民間宇宙機関がある。そのような民間宇宙機関の例は、アメリカのアメリカ航空宇宙局や、ヨーロッパの欧州宇宙機関、カナダのカナダ宇宙庁、インドのインド宇宙研究機関、日本の宇宙航空研究開発機構、ロシアのロシア連邦宇宙局、中国の中国国家航天局、イランのイラン宇宙機関、パキスタンのパキスタン宇宙高層大気研究委員会、韓国の韓国航空宇宙研究院などである。航空宇宙 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    日本の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) は火星探査機(のぞみ)を送るものの、バルブの開放不良による推力不足に端を発し、それをリカバーするための運航の長期化によるトラブル等により、最終的に火星周回軌道への投入を断念、人工惑星となった。2010年6月には金星探査機 (あかつき) を打ち上げ、同年12月に予定されていた金星周回軌道への投入は失敗したが、2015年12月に行った再挑戦が成功し、2021年までの予定で周回軌道を回りながらの観測を実施中である。また、欧州宇宙機関 (ESA) と共同で水星探査機(ベピ・コロンボ)を送る予定となっている。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

466件中 11 - 20件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード