381件中 11 - 20件表示
  • 欧州補給機

    欧州補給機から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    欧州補給機(おうしゅうほきゅうき、: ATV)は欧州宇宙機関 (ESA) が開発した無人宇宙補給機である。 ATVは国際宇宙ステーション (ISS) に燃料や水、空気、補給品、実験装置を運搬するために設計された無人補給船である。さらにATVは大気の抵抗によって降下するISSを、リブーストによってより高い軌道へと押し上げ軌道高度を調整する役割も担う。欧州補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙望遠鏡

    宇宙望遠鏡から見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    2006年12月27日に、フランス国立宇宙機関及びヨーロッパ宇宙機関が打ち上げた、太陽系外惑星の精密な観測を行う初の衛星。恒星の周辺を回る惑星がもたらす食を観測するトランジット法を用いることで、太陽系外惑星の存在を正確に観測することが目的。現在も運用が続き、地球から1500光年離れた恒星周辺の惑星系を発見したり、地球型惑星と思われる天体を発見するなどの成果を上げつつある。宇宙望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • SPICA

    SPICAから見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    後継機にあたるジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡にも、10年以上の歳月をかけている。また、ヨーロッパ宇宙機関が打ち上げたハーシェル宇宙望遠鏡には、これまた20年以上の時間をかけている。SPICA フレッシュアイペディアより)

  • 国際宇宙ステーション組立順序

    国際宇宙ステーション組立順序から見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    2008年にヨーロッパ宇宙機関 (ESA) がATV1号機を打ち上げた。このATVは宇宙ステーションのリブースト(高度上昇-再加速)が可能であり、これまでロシア側が10年近く担当していたが、ヨーロッパのATVがその一部を肩代りする。国際宇宙ステーション組立順序 フレッシュアイペディアより)

  • 臼田宇宙空間観測所

    臼田宇宙空間観測所から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    1986年に76年周期で回遊してくるハレー彗星の最接近が予定されており、それに合わせて欧州宇宙機関(ESA)が1985年7月にジオットを、ソ連が1984年12月にヴェガ2機をハレー彗星に向かわせた。アメリカのNASAは新規衛星の打ち上げは見送ったが、それ以前に打ち上げられていた探査機である ISSE-3(その後、国際彗星探査機 (ICE) と名称を変更)を、5回の月スイングバイにより軌道修正させ、ハレー彗星に送り込むことが決まっていた。臼田宇宙空間観測所 フレッシュアイペディアより)

  • ベピ・コロンボ

    ベピ・コロンボから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ベピ・コロンボ (BepiColombo) は、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) と欧州宇宙機関 (ESA) の共同プロジェクトによる水星探査計画。ベピ・コロンボ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の宇宙開発

    日本の宇宙開発から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    宇宙探査や衛星の打ち上げに関しては欧州宇宙機関や欧州各国との共同で行う計画が見られる。また、水循環を観測するAquaはアメリカ、日本、ブラジルが共同で運用している。しかしながら、これらの共同事業では開発などで主導権をもてていない。日本の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • ハレー艦隊

    ハレー艦隊から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ジオット:欧州宇宙機関,1985年7月2日,アリアン1ロケットで打ち上げハレー艦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙の距離梯子

    宇宙の距離梯子から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    この年周視差を用いた距離の測り方は、そのままパーセクの定義である。年周視差は、距離が遠くなればなるほど小さくなってゆき、あまりにも小さい値を高精度で観測するのは分解能が追いつかず困難となる。1980年代までの観測精度ではせいぜい0.01秒程度の年周視差までしか高精度では測れないため、この測定法が使えるのはせいぜい100パーセク程度までということになっていた。1989年に欧州宇宙機関によって打ち上げられた高精度視差観測衛星ヒッパルコスにより、恒星の視差を0.001秒角の精度で測定し、半径1,000パーセク(約3,260光年)の範囲の星の位置を10% 以下の誤差で精密に定めることができた。宇宙の距離梯子 フレッシュアイペディアより)

  • 国際宇宙ステーション

    国際宇宙ステーションから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    国際宇宙ステーション(こくさいうちゅうステーション、International Space Station、略称:ISS)は、アメリカ合衆国、ロシア、日本、カナダ及び欧州宇宙機関(ESA)が協力して建設を進めている宇宙ステーションである。地球及び宇宙の観測、宇宙環境を利用したさまざまな研究や実験を行うための巨大な有人施設である。地上から約400km上空の熱圏を秒速約7.7km(時速約27,700km)で飛行していて、地球を約90分で1周、1日で約16周する。国際宇宙ステーション フレッシュアイペディアより)

381件中 11 - 20件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード