381件中 31 - 40件表示
  • ソユーズTM-25

    ソユーズTM-25から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ソユーズTM-25 ( / Soyuz TM-25) は、宇宙ステーション・ミールへの往来を目的とした、30回目の有人ミッションである。欧州宇宙機関所属のドイツの宇宙飛行士もこのミッションに参加した。コールサインは「シーリウス」。ソユーズTM-25 フレッシュアイペディアより)

  • SOLAR-C

    SOLAR-Cから見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    どちらの案においても、アメリカ航空宇宙局(NASA)やヨーロッパ宇宙機関(ESA)が既に計画中の太陽観測機と連携することで、2020年代前半の極大期において大きな成果を挙げることが可能となるよう計画されている。SOLAR-C フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリー宇宙局

    ハンガリー宇宙局から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    なお、ハンガリーは欧州宇宙機関の協力国であり、欧州気象衛星機構の正式加盟国である。ハンガリー宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • 地球フライバイ・アノマリー

    地球フライバイ・アノマリーから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    2年後の1992年12月にガリレオ探査機は2度目の地球によるスイングバイを行った。 しかし、このときには高度およそ 300 km という低い軌道での接近であったため、上層大気での抵抗による減速で覆い隠され当初こうしたアノマリーは明確に認められなかった。 ところがその後、小惑星の探査を目指した NEAR が1998年に行った地球スイングバイで 13.46 mm/s の大きな増大が観測され、このとき以来、地球フライバイ・アノマリーは現実の問題としてクローズアップされることになった。 さらに、欧州宇宙機関の彗星探査機ロゼッタの2005年3月のスイングバイでも 1.8 mm/s 程度の増大が見られたことが報告された。 説明のつかない食い違いはドップラー・データと同様に、探査機との電波の送受信の時間を精密に測定するレンジング・データでも認められ、何らかの見かけ上の誤りではない可能性が高まった。地球フライバイ・アノマリー フレッシュアイペディアより)

  • ルーマニア宇宙局

    ルーマニア宇宙局から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    1992年に欧州宇宙機関(ESA)と宇宙活動協力協定、2007年に協力国(European Cooperating State; ECS)協定を締結、さらに2008年に協力国活動計画憲章(Plan for European Cooperating State Charter)を締結している。ルーマニア宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • オランダ航空宇宙計画局

    オランダ航空宇宙計画局から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    1975年には欧州宇宙機関(ESA)が設立され、オランダは設立時からの参加国である。オランダ航空宇宙計画局 フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デュケ

    ペドロ・デュケから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    デュケは1986年にマドリード工科大学で航空工学の学位を取得した。GMVと欧州宇宙機関で6年間働き、1992年に宇宙飛行士の候補に選ばれた。デュケはロシアとアメリカ合衆国で訓練を行った。最初の宇宙飛行ではスペースシャトルのSTS-95でミッションスペシャリストを務めた。2003年10月、デュケは国際宇宙ステーションを訪れ、乗組員の交代の間、数日間滞在した。この訪問の科学ミッションは、ESAによって「セルバンテス」と言われている。ペドロ・デュケ フレッシュアイペディアより)

  • マーズ・サーベイヤー計画

    マーズ・サーベイヤー計画から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    1993年には1機で総額10億ドル近い予算をかけたマーズ・オブザーバーが失敗を喫し、これを受けて、「より速く、よりよく、より安く」を合言葉に低予算の探査計画の実現を証明してみせようとしていたゴールディン NASA 局長は、1994年に MESUR をさらに縮小した火星探査長期プログラムをマーズ・サーベイヤー計画(以下、MSP)として立ち上げた。MSP ではおよそ2年2ヶ月ごとに訪れる火星との会合周期にあわせ、それぞれの打ち上げの好機に小型で低コストのオービター(軌道船)とランダー(着陸船)の2機ずつを順次打ち上げる予定であった。 年間のコストは打ち上げロケットを除き1億ドルを見込んでいた。 またロシアとのマーズ・トゥゲザー (Mars Together) 構想や ESA のインターマーズネット (INTERMARSNET) ミッションを通じて諸外国と連携した探査も模索された。MSP の最後のミッションとなるマーズ・オブザーバー2005では火星からのサンプルリターンを行うことが予定されていた。マーズ・サーベイヤー計画 フレッシュアイペディアより)

  • TEXUS

    TEXUSから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    TEXUSは欧州・ドイツの観測ロケット計画。打上げは全てスウェーデンのエスランゲ発射場から行われ、ドイツ航空宇宙センターと欧州宇宙機関の微小重力研究に用いられる。TEXUS フレッシュアイペディアより)

  • アリアン6

    アリアン6から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    アリアン6()は欧州宇宙機関(ESA)が計画中の人工衛星打ち上げ用使い捨て型ロケット(ELV)である。開発開始の最終決定は2011年のESA閣僚級理事会で行われる予定であり、2020年から2025年ごろの初飛行を目指している。ペイロード1tあたりのコストはアリアン5ECAと比べて40%減となる予定。アリアン6 フレッシュアイペディアより)

381件中 31 - 40件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード