381件中 41 - 50件表示
  • トーマス・ライター

    トーマス・ライターから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ISS滞在ミッションは、欧州宇宙機関が「アストロラブ」として計画したものだった。トーマス・ライター フレッシュアイペディアより)

  • ホッパー (宇宙船)

    ホッパー (宇宙船)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ホッパーは欧州宇宙機関が計画している先進的な形態の有人宇宙往還機。この計画はEADS社のフェニックス飛行実験で試験されている。形状はリフティングボディである。シャトルの試作機は欧州再使用ロケット(RLV)計画で検討された複数の案の一つである。ホッパー (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • スマート1

    スマート1から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    スマート1(SMART-1)とは欧州宇宙機関(ESA)が2003年9月27日に打ち上げた月探査用の技術試験衛星。SMARTは Small Missions for Advanced Research Technologyの略。スマート1 フレッシュアイペディアより)

  • ユーリー・ギジェンコ

    ユーリー・ギジェンコから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    2002年4月25日には、欧州宇宙機関のロベルト・ヴィットーリ、宇宙飛行関係者のマーク・シャトルワースとともにソユーズTM-34で機長として再び宇宙を訪れ、9日間を過ごした。ユーリー・ギジェンコ フレッシュアイペディアより)

  • ESA

    ESAから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ESA フレッシュアイペディアより)

  • 高エネルギー天文学

    高エネルギー天文学から見たESA欧州宇宙機関

    欧州宇宙機構(ESA)の下で、ヨーロッパ、米国、日本(理化学研究所)の共同チームは、国際宇宙ステーションから地上大気を見下ろす巨大な望遠鏡により、最高エネルギー宇宙線が引き起こす空気シャワーの飛跡を観測するEUSO計画を検討していた。現在は、日本・米国主体のJEM-EUSO計画として、日本のJEMモジュールに取り付ける、宇宙線望遠鏡を2010年に打ち上げる予定。高エネルギー天文学 フレッシュアイペディアより)

  • PROTEUS

    PROTEUSから見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    PROTEUSは2001年に打ち上げられた海洋観測衛星JASON-1において最初に使用され、米仏共同のリモートセンシング衛星やヨーロッパ宇宙機関(ESA)の天文衛星COROTなど、科学研究を目的とする6基の衛星に採用された(2011年現在)。またESAが進めるガリレオ計画の試験衛星2号機GIOVE-BもPROTEUSバスを元に製作されている。PROTEUS フレッシュアイペディアより)

  • 重力波天文学

    重力波天文学から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    JPL及びESA等が進めている、LISA計画では、黄道面に対して20度の傾きをもった人工惑星軌道へ500万キロメートルの基線長3つを持つ宇宙重力波望遠鏡を構築するプロジェクトが進められている。この観測装置では、地上では捉えられない、mHzの重力波を捉えることができる。重力波天文学 フレッシュアイペディアより)

  • XI (人工衛星)

    XI (人工衛星)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    XI-V(サイ・ファイブ)はXIプロジェクトにおける5号機。フライトモデルである4号機のバックアップとして同時期に同設計で開発された。当初は打ち上げられる予定では無かったが、4号機の成功を受け太陽電池の実証ミッションが提案されたため打ち上げが行われることになった。2005年10月27日にロシアのプレセツク宇宙基地から相乗り衛星として、ESAの教育用衛星SSETI Expressに収納された形で打ち上げられた。XI (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • アジア太平洋宇宙協力機構

    アジア太平洋宇宙協力機構から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    アジア太平洋地域諸国が宇宙技術とその平和的応用分野の交流・協力を推進し、地域経済・社会発展と共同の繁栄をはかることを目的とした連合宇宙機関。欧州宇宙機関(ESA)に次ぐ宇宙開発における地域的な協力を目的とする政府間国際機構であり、日本が主導するアジア太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF)の枠組みとは異なる。アジア太平洋宇宙協力機構 フレッシュアイペディアより)

381件中 41 - 50件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード