466件中 51 - 60件表示
  • ワータネン彗星

    ワータネン彗星から見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    ヨーロッパ宇宙機関 (ESA) の探査機ロゼッタの当初の計画では、2003年1月12日に打ち上げられ、2011年にワータネン彗星に着陸機を降ろす予定だった。しかし、2002年12月11日のアリアン5ロケット爆発事故で打ち上げが遅延したため、目標はチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に変更された。ワータネン彗星 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン国立宇宙委員会

    スウェーデン国立宇宙委員会から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    スウェーデンの宇宙計画は主に国際協力の下実行される。年間予算のおよそ60%が欧州宇宙機関の計画に使われる。スウェーデン国立宇宙委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙望遠鏡科学研究所

    宇宙望遠鏡科学研究所から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    現在、ハッブル宇宙望遠鏡の運用やジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡による研究の準備のほか、データアーカイブ(Multi-mission Archive at Space Telescope, MAST)やケプラー (探査機)のデータマネージメントセンターなど、宇宙望遠鏡を用いた研究を支える様々な事業を行っている。研究所の予算の大部分はアメリカ航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙飛行センターとの協定により確保されているが、このほかにジェット推進研究所や欧州宇宙機関から資金を得た事業も行っている。STScIのスタッフは科学者(大部分は天文学者および宇宙物理学者)、ソフトウェア・エンジニア、データ管理・望遠鏡運用担当者、教育・広報担当者など計350名で構成されている。STScIにはおよそ100名のPh.D科学者がおり、そのうち15名はハッブル宇宙望遠鏡プロジェクトのために欧州宇宙機関から派遣された人たちである。宇宙望遠鏡科学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • スペースラブ

    スペースラブから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    1973年4月に、スペースシャトルで使うモジュラー式の科学パッケージの製造に関して NASA と欧州宇宙研究機構 (ESRO) (現在の欧州宇宙機関 (ESA) )が合意し、1974年から、ERNO(VFW-フォッカー社を代表とする企業共同体、後にメッサーシュミットに買収され、2003年からはEADSスペーストランスポーテーションの一部門となった)によりスペースラブの製造が開始された。最初の実験モジュール (LM1) は、ヨーロッパの宇宙飛行士に搭乗機会を与えることと引き換えに無料で NASA に引き渡された。2つ目のモジュール (LM2) は、NASA 自体が使うために購入した。2基の実験モジュール以外に、真空での実験用にブリティッシュ・エアロスペース (BAe) が製造した外部パレットもある。スペースラブ フレッシュアイペディアより)

  • TEXUS

    TEXUSから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    TEXUSは欧州・ドイツの観測ロケット計画。打上げは全てスウェーデンのエスランゲ発射場から行われ、ドイツ航空宇宙センターと欧州宇宙機関の微小重力研究に用いられる。TEXUS フレッシュアイペディアより)

  • アリアン4

    アリアン4から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    アリアン4は、欧州宇宙機関が1988年から2003年まで使用していたロケット。アリアンスペース社の商品でもある。アリアン4 フレッシュアイペディアより)

  • XEUS

    XEUSから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    XEUS(X-ray Evolving Universe Spectroscopy)は、X線観測衛星XMM-Newtonの後継機として欧州宇宙機関が開発中のX線分光計衛星であり、2015年以降に打上げを予定している。鏡面積5m2、1keVのエネルギーで5′以上の解像度を持つ大きなX線望遠鏡を運ぶミラー衛星と検出器衛星の2つから構成される。検出器衛星は、望遠鏡から約35mの距離を保って編隊飛行する。検出器は、2eVから1keVのエネルギー解像度の低温狭域監視装置の他に150eVから6keVのエネルギー解像度の広域X線監視装置を持つ。XEUS フレッシュアイペディアより)

  • 双星計画

    双星計画から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    双星計画(Double Star mission)とは、中国国家航天局と欧州宇宙機関による合同の人工衛星計画である。中国が打ち上げた初めての地球磁場観測衛星である。赤道衛星TC-1と極衛星TC-2の2つの人工衛星から構成されている。双星計画は、地球の環境に与える太陽の影響を観測した欧州のクラスター計画を継ぐものである。TC-2が2004年7月に打ち上げられて1年後に通常のミッションが終わってから、両機関によって2007年9月まで2度ミッションが延長された。双星計画 フレッシュアイペディアより)

  • NGC 1806

    NGC 1806から見たESA欧州宇宙機関

    A Great Ball of Stars ? ESA/Hubble Picture of the weekNGC 1806 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス国立宇宙センター

    イギリス国立宇宙センターから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    他国にあるような自己完結した宇宙機関とは異なり、BNSCは他の行政組織などから出向してくる公務員50名ほどから構成されていた。2億UKポンドほどであるイギリスの宇宙関連予算(2005年度の場合)は、BNSCではなく貿易産業省か協力機関による出資で、そのうち半分以上は直接欧州宇宙機関のプロジェクトに用いられた。BNSCの本部は年間約50万ポンドで運営されていた。イギリス国立宇宙センター フレッシュアイペディアより)

466件中 51 - 60件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード