466件中 61 - 70件表示
  • 欧州宇宙標準協会

    欧州宇宙標準協会から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    欧州宇宙標準協会(European Cooperation for Space Standardization, ECSS)とはヨーロッパの宇宙技術における標準化向上に従事する組織。1993年秋に複数の企業、機関が署名し、正式に発足した。ECSSは頻繁に標準規格を公開し、欧州宇宙機関と契約する企業はそれに従わなくてはならない。欧州宇宙標準協会 フレッシュアイペディアより)

  • キャスター (ロケットモータ)

    キャスター (ロケットモータ)から見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    TVC能力を持つキャスターIVがキャスターIVBである。ヨーロッパ宇宙機関 (ESA) の観測ロケットMAXUSの第1段として開発された。また、スペイン初の人工衛星打ち上げロケットとして1992年に計画されたカプリコルニオでは、第1段の補助ロケットとしてキャスターIVBを使用する予定であったが、1994年にこの計画は中止された。キャスター (ロケットモータ) フレッシュアイペディアより)

  • スルツバーガー湾

    スルツバーガー湾から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    棚氷と氷山の画像。Envisatの高度合成開口レーダー(Advanced Synthetic Aperture Radar)が2011年3月12日と16日に捉えた画像。後者の画像では新たに形成された氷山がはっきりと写っている。(欧州宇宙機関スルツバーガー湾 フレッシュアイペディアより)

  • ESA (小惑星)

    ESA (小惑星)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関 (European Space Agency) の略称に因んで名付けられた。ESA (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • ISO (小惑星)

    ISO (小惑星)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関 (ESA) が打ち上げた赤外線宇宙天文台 (ISO) に因んで名付けられた。ISO (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • クラスター

    クラスターから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    クラスターミッション - バグにより失敗した欧州宇宙機関の人工衛星クラスター フレッシュアイペディアより)

  • メーザー (ロケット)

    メーザー (ロケット)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    主な取引先は欧州宇宙機関で、特にEMIR・ELIPSプログラムに使用される。メーザー (ロケット) フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙実験・観測フリーフライヤ

    宇宙実験・観測フリーフライヤから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    SFUはスペースシャトルで回収することで再利用可能な人工衛星として開発された。似たような構想の宇宙機には欧州宇宙機関のEURECAがあるが、こちらは打ち上げ、回収ともにスペースシャトルで行う点が異なる。軌道上運用は3回行う予定だったが、スペースシャトルの運用費高騰のため、1度の運用で計画を終了した。宇宙実験・観測フリーフライヤ フレッシュアイペディアより)

  • 赤外線宇宙天文台

    赤外線宇宙天文台から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    赤外線宇宙天文台 (Infrared Space Observatory, ISO) は欧州宇宙機関の赤外線天文衛星である。1995年11月17日にアリアン44Pロケットで打ち上げられ、1998年5月まで観測を行った。赤外線宇宙天文台 フレッシュアイペディアより)

  • ユニティ (ISS)

    ユニティ (ISS)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    残る2つの接続モジュール(ノード)は、NASA と 欧州宇宙機関 (ESA) の合意のもとでイタリアのアレーニア・エアロスパシオで建造された。ハーモニー(ノード2)とトランクウィリティーはユニティよりもわずかに長い約21フィートの長さで、6つの結合ポートに加えて8台の国際標準実験ラック (ISPR) と同等サイズのラックを設置している。それに比べると、ユニティは半分の4台のラックしか搭載していない。ESA が建造したハーモニーとトランクウィリティーは、コロンバスやその他の ESA の機器をスペースシャトルで打ち上げるための費用を相殺する形にされている。ユニティ (ISS) フレッシュアイペディアより)

466件中 61 - 70件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード