466件中 71 - 80件表示
  • ディープ・スペース1号

    ディープ・スペース1号から見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    彗星探査を想定した設計ではないため、ダストとの衝突などが心配されたが、無事、核の撮影などに成功した。彗星核の撮影は、ヨーロッパ宇宙機関 (ESA) のジオットのハレー彗星探査以来の、史上2回目である。ディープ・スペース1号 フレッシュアイペディアより)

  • Envisat

    Envisatから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    Envisat (Environmental Satellite)「エンビサット」は、欧州宇宙機関(ESA: European Space Agency)が2002年3月1日にアリアン5(Ariane 5)で打ち上げ、高度790kmの太陽同期軌道に投入された地球観測衛星である。Envisat フレッシュアイペディアより)

  • PROTEUS

    PROTEUSから見たヨーロッパ宇宙機関欧州宇宙機関

    PROTEUSは2001年に打ち上げられた海洋観測衛星JASON-1に最初に使用され、米仏共同のリモートセンシング衛星やヨーロッパ宇宙機関(ESA)の天文衛星COROTなど、科学研究を目的とする6基の衛星に採用された(2013年現在)。またESAが2008年に打ち上げたガリレオ計画の試験衛星2号機GIOVE-BもPROTEUSバスを元に製作された。PROTEUS フレッシュアイペディアより)

  • European Space Agency

    European Space Agencyから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    European Space Agency フレッシュアイペディアより)

  • メテオサット

    メテオサットから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    1970年代初頭 - 欧州宇宙機関 (ESA) が欧州気象衛星システムの構想を打ち出す。メテオサット フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズ計画

    ソユーズ計画から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ソユーズロケットは、使い捨て型ロケットであり、ロシアのサマーラにあるProgress State Research and Production Rocket Space Center(TsSKB-プログレス)で製作されている。このロケットは、国際宇宙ステーション (ISS) へ人員輸送を行うソユーズ宇宙船の打ち上げに使用されるほか、ISSへ物資の補給と廃棄を行うプログレス補給船の打ち上げや、政府機関や商業目的の衛星や探査機の打上げにも使用されている。現在、ソユーズ宇宙船とプログレス補給船の打ち上げ及びロシア政府が運用する衛星打ち上げは、ロシア連邦宇宙局の運用により行われる。民間及びロシア国外の政府機関から委託された衛星や探査機の打ち上げは、国と民間の出資により設立された衛星打ち上げ会社が請負っている。また、ヨーロッパのアリアンスペース社がロシア連邦宇宙局と欧州宇宙機関 (ESA) と契約を結び、フランス領ギアナのギアナ宇宙センターにソユーズロケット用の発射台を建設し、2011年からソユーズロケットを使用した衛星や探査機の打ち上げを開始した。現在、ソユーズロケットは、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地とロシアの北東部のプレセツク宇宙基地、フランス領ギアナのギアナ宇宙センターの3ヶ所から打ち上げられている。ソユーズ計画 フレッシュアイペディアより)

  • LINEAR彗星 (P/2010 A2)

    LINEAR彗星 (P/2010 A2)から見たESA欧州宇宙機関

    2010年4月頃にはX字の「核」は崩れ、それに伴い「尾」も小さくなっていった。また2010年10月には、これは彗星ではなく、小惑星同士が約17,700km/hで衝突し、その破片がX字に広がったものであるとの論文が学術雑誌ネイチャーに掲載された。同月には、ロゼッタの画像分析の結果として、衝突は2009年2月10日頃(誤差は前後5日)に起こったという研究結果がESAから発表された。この研究結果からは、P/2010 A2の本体は120mで、衝突した物体は数メートルと見積もられている。LINEAR彗星 (P/2010 A2) フレッシュアイペディアより)

  • ラインホルト・エヴァルト

    ラインホルト・エヴァルトから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ラインホルト・エヴァルト(Reinhold Ewald、1956年12月18日 - )はドイツの物理学者、欧州宇宙機関の宇宙飛行士である。ラインホルト・エヴァルト フレッシュアイペディアより)

  • フォトンM1

    フォトンM1から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    フォトンM1 (Foton-M1) とは、欧州宇宙機関とロシア連邦宇宙局が開発した人工衛星である。2002年にロシアのプレセツク宇宙基地から打ち上げられたが、ロケットの墜落により失われた。地球周回軌道上で複数の科学実験を行い、カプセルを地上へ帰還させることを目的としていた。フォトンM1 フレッシュアイペディアより)

  • (4953) 1990 MU

    (4953) 1990 MUから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関のガイア計画では、ヤルコフスキー効果を測定する有望な小惑星の1つに1990 MUを選んでいる。(4953) 1990 MU フレッシュアイペディアより)

466件中 71 - 80件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード