381件中 81 - 90件表示
  • ヒッパルコス星表

    ヒッパルコス星表から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ヒッパルコス星表(Hipparcos catalogue)は118,218星が収録されている星表。ESAの位置天文衛星ヒッパルコス(Hipparcos)によって1989年から1993年まで集められた年周視差などのデータを元に編集され1997年6月に発行された。過去の地上観測から得られたよりもはるかに高精度の視差の測定値を含んでいるのが特徴である。ヒッパルコス星表 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙望遠鏡科学研究所

    宇宙望遠鏡科学研究所から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    現在、ハッブル宇宙望遠鏡の運用やジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡による研究の準備のほか、データアーカイブ(Multi-mission Archive at Space Telescope, MAST)やケプラー (探査機)のデータマネージメントセンターなど、宇宙望遠鏡を用いた研究を支える様々な事業を行っている。研究所の予算の大部分はアメリカ航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙飛行センターとの協定により確保されているが、このほかにジェット推進研究所や欧州宇宙機関から資金を得た事業も行っている。STScIのスタッフは科学者(大部分は天文学者および宇宙物理学者)、ソフトウェア・エンジニア、データ管理・望遠鏡運用担当者、教育・広報担当者など計350名で構成されている。STScIにはおよそ100名のPh.D科学者がおり、そのうち15名はハッブル宇宙望遠鏡プロジェクトのために欧州宇宙機関から派遣された人たちである。宇宙望遠鏡科学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ゴリアテ (人工衛星)

    ゴリアテ (人工衛星)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    このプロジェクトはルーマニア教育省からの資金援助を受けており、また欧州宇宙機関からの援助も受けている。ゴリアテ (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ヴィットーリ

    ロベルト・ヴィットーリから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ロベルト・ヴィットーリ(Roberto Vittori、1964年10月15日-)は、ラツィオ州ヴィテルボ出身の欧州宇宙機関所属のイタリアの宇宙飛行士である。ロベルト・ヴィットーリ フレッシュアイペディアより)

  • チャンドラヤーン2号

    チャンドラヤーン2号から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    アメリカ航空宇宙局と欧州宇宙機関も、オービタに積む計測機器を提供する形でミッションに参加する。既にインド宇宙研究機関に提案を送っていると報じられている。チャンドラヤーン2号 フレッシュアイペディアより)

  • ラインホルト・エヴァルト

    ラインホルト・エヴァルトから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ラインホルト・エヴァルト(Reinhold Ewald、1956年12月18日 - )はドイツの物理学者、欧州宇宙機関の宇宙飛行士である。ラインホルト・エヴァルト フレッシュアイペディアより)

  • ひので (人工衛星)

    ひので (人工衛星)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    ひのでは先代の太陽観測衛星「ようこう」の観測成果をさらに発展させることを目標に開発された。「ようこう」は太陽表面活動と太陽磁場との関係について多くの発見をしており、その後もESAとNASAが共同で開発した太陽観測衛星「SOHO」やNASAの「TRACE」によって詳細な研究が行われているが、当機ではその延長としてコロナ加熱問題や、太陽フレアなどコロナ内部における爆発現象の発生過程の解明、特にそれらの太陽磁場の微細構造との関係を詳細に掘り下げて調べることが主な目的である。ひので (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • ISO/IEC 15504

    ISO/IEC 15504から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    現在は ISO 15504 が正式名称だが、SPICE という名称もユーザグループの会議の名称で使っている。SPICE の名を冠した会議は2000年にアイルランド島のリムリックで開催されたのが最初で、"SPICE 2003" は欧州宇宙機関主催でオランダで、"SPICE 2004" はポルトガルで、"SPICE 2005" はオーストリア、"SPICE 2006" はルクセンブルクで開催している。ISO/IEC 15504 フレッシュアイペディアより)

  • X-20 (航空機)

    X-20 (航空機)から見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    X-20は72度の後退角を持つデルタ翼機で、大気圏再突入時を考慮して大きめのデルタ翼の上に胴体が載っている構造となっている。また、デルタ翼の翼端には、ウィングレットのような巨大な垂直安定版が設けられていた。後のESAのエルメスや、NASDAのHOPE-Xに酷似した形状である。大気圏外では反動制御システムが用いられる。X-20 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • XEUS

    XEUSから見た欧州宇宙機関欧州宇宙機関

    XEUS(X-ray Evolving Universe Spectroscopy)は、X線観測衛星XMM-Newtonの後継機として欧州宇宙機関が開発中のX線分光計衛星であり、2015年以降に打上げを予定している。鏡面積5m2、1keVのエネルギーで5′以上の解像度を持つ大きなX線望遠鏡を運ぶミラー衛星と検出器衛星の2つから構成される。検出器衛星は、望遠鏡から約35mの距離を保って編隊飛行する。検出器は、2eVから1keVのエネルギー解像度の低温狭域監視装置の他に150eVから6keVのエネルギー解像度の広域X線監視装置を持つ。XEUS フレッシュアイペディアより)

381件中 81 - 90件表示