85件中 11 - 20件表示
  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見た太陽

    ユリシーズ - 太陽極軌道観測機。NASAとの共同開発で1990年打上げ。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たハッブル宇宙望遠鏡

    ハッブル宇宙望遠鏡 - アメリカ航空宇宙局 (NASA) との共同開発。1990年-。ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が後継機として計画中。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

    ハッブル宇宙望遠鏡 - アメリカ航空宇宙局 (NASA) との共同開発。1990年-。ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が後継機として計画中。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見た火星

    マーズ・エクスプレス 火星探査機。2003年初に打ち上げ、年末に火星に到着した。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見た彗星

    ロゼッタ - 彗星探査機。2004年打上げ。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たエルメス (宇宙船)

    ESA は有人宇宙船を有しておらず、有人宇宙飛行を行なっていない。1970年代よりスペースシャトルのような再利用打上機を検討し、1987年からはエルメスを計画した。1995年就役を目指し、エルメス打上げにも利用できるアリアン5も開発した。しかし、冷戦の終結や開発費用の問題により、エルメスはキャンセルされた。2000年代には CSTS による輸送も検討されたが、これも中止されている。国際宇宙ステーションへの有人宇宙飛行にはスペースシャトルやソユーズを利用して参加している。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たカナダ

    上記以外にハンガリーとスロベニア、エストニア(エストニアは2015年2月4日に加盟文書に署名、手続きが終了すれば21か国目の参加国になる予定)、ラトビアが参加予定の協力国 (PECS: Plan for European Cooporating State) として加わり、キプロス、トルコ、ウクライナが協力協定に調印している。またカナダは1979年から特別協力国の地位を持つ。カナダ宇宙庁は ESA の意思決定に参画している。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たロケット

    人工衛星打上げロケットのアリアンシリーズを開発し、アリアンスペース社(商用打上げを実施)を通じて世界の民間衛星打ち上げ実績を述ばしている。2010年には契約残数ベースで過去に宇宙開発などで存在感を放ったソビエト連邦の後継国のロシア、スペースシャトル、デルタ、アトラスといった有力な打ち上げ手段を持つアメリカに匹敵するシェアを占めるにおよび、2014年には受注数ベースで60%のシェアを占めるにいたった。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たアリアン5

    西欧諸国では、当初は個々の国、特にイギリスやフランスで独自に宇宙開発を行っていたが、それでは米ソの熾烈な競争から生まれる成果に対抗できないため、欧州共同の開発計画が組織された。まず1964年に欧州ロケット開発機構 (European Launcher Development Organization; ELDO) を設立し、打上ロケット(ヨーロッパ1およびヨーロッパ2)の開発を進めるが、難航した。また、欧州宇宙研究機構 (European Space Research Organization; ESRO) では、打上はアメリカに依頼することで、探査機や人工衛星の研究開発を行っていた。しかし、より効果的な宇宙開発計画の実現を目指して、1975年、欧州各国は ESA を設立するとともに、新しい打上ロケットとしてアリアンの開発を推進し、1979年にアリアン1ロケット初の打上に成功、以後アリアンスペースを設立して打上ビジネスに参入し、アリアン2、アリアン3、アリアン4、アリアン5を開発した。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見た欧州補給機

    国際宇宙ステーションへの無人宇宙補給機 - 欧州補給機の打上げ。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード