84件中 41 - 50件表示
  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たラトビア

    上記以外にハンガリー、ポーランド、ルーマニアとスロベニアが協力国 (ECS: European Cooporating State) として加わり、キプロス、ラトビア、スロバキア、トルコ、ウクライナが協力協定に調印している。またカナダは1979年から特別協力国の地位を持つ。カナダ宇宙庁は ESA の意思決定に参画している。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たアリアン4

    西欧諸国では、当初は個々の国、特にイギリスやフランスで独自に宇宙開発を行っていたが、それでは米ソの熾烈な競争から生まれる成果に対抗できないため、欧州共同の開発計画が組織された。まず1964年に欧州ロケット開発機構 (European Launcher Development Organization; ELDO) を設立し、打上ロケット(ヨーロッパ1およびヨーロッパ2)の開発を進めるが、難航した。また、欧州宇宙研究機構 (European Space Research Organization; ESRO) では、打上はアメリカに依頼することで、探査機や人工衛星の研究開発を行っていた。しかし、より効果的な宇宙開発計画の実現を目指して、1975年、欧州各国は ESA を設立するとともに、新しい打上ロケットとしてアリアンの開発を推進し、1979年にアリアン1ロケット初の打上に成功、以後アリアンスペースを設立して打上ビジネスに参入し、アリアン2、アリアン3、アリアン4、アリアン5を開発した。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たプランク衛星

    プランク衛星 - アメリカ航空宇宙局が打ち上げ観測に成功したWMAP衛星の後継観測衛星。アリアン5型の大きさを活用して、太陽-地球系のL2点に静止した大型衛星で観測的宇宙論観測を行う。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たリスボン条約

    ESA は欧州連合と密接な協力関係を有しているが、欧州連合の専門機関ではない。リスボン条約によって修正された欧州連合の機能に関する条約の第189条第3項では、「欧州連合は欧州宇宙機関とのあいだにあらゆる適切な関係を築く」と規定されている。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たLISA パスファインダー

    LISA - 重力波宇宙望遠鏡。2010年にテスト衛星LISA パスファインダーを打ち上げ、2015年に本衛星を打ち上げ観測を行う。2009年現在、NASA と共同開発中。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見た日本

    スペースラブ - スペースシャトル搭載の宇宙実験室。1983年-1998年実施。日本の向井千秋も搭乗。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たEUSO計画

    EUSO計画 - 実験棟コロンバスに設置予定だった高エネルギー線観測用望遠鏡。ESA中心で日米と共同開発していたがESAは脱退、現在は日本中心の体制に改められ継続中。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たアリアン3

    西欧諸国では、当初は個々の国、特にイギリスやフランスで独自に宇宙開発を行っていたが、それでは米ソの熾烈な競争から生まれる成果に対抗できないため、欧州共同の開発計画が組織された。まず1964年に欧州ロケット開発機構 (European Launcher Development Organization; ELDO) を設立し、打上ロケット(ヨーロッパ1およびヨーロッパ2)の開発を進めるが、難航した。また、欧州宇宙研究機構 (European Space Research Organization; ESRO) では、打上はアメリカに依頼することで、探査機や人工衛星の研究開発を行っていた。しかし、より効果的な宇宙開発計画の実現を目指して、1975年、欧州各国は ESA を設立するとともに、新しい打上ロケットとしてアリアンの開発を推進し、1979年にアリアン1ロケット初の打上に成功、以後アリアンスペースを設立して打上ビジネスに参入し、アリアン2、アリアン3、アリアン4、アリアン5を開発した。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たアリアン2

    西欧諸国では、当初は個々の国、特にイギリスやフランスで独自に宇宙開発を行っていたが、それでは米ソの熾烈な競争から生まれる成果に対抗できないため、欧州共同の開発計画が組織された。まず1964年に欧州ロケット開発機構 (European Launcher Development Organization; ELDO) を設立し、打上ロケット(ヨーロッパ1およびヨーロッパ2)の開発を進めるが、難航した。また、欧州宇宙研究機構 (European Space Research Organization; ESRO) では、打上はアメリカに依頼することで、探査機や人工衛星の研究開発を行っていた。しかし、より効果的な宇宙開発計画の実現を目指して、1975年、欧州各国は ESA を設立するとともに、新しい打上ロケットとしてアリアンの開発を推進し、1979年にアリアン1ロケット初の打上に成功、以後アリアンスペースを設立して打上ビジネスに参入し、アリアン2、アリアン3、アリアン4、アリアン5を開発した。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たロケット

    人工衛星打上げロケットのアリアンシリーズを開発し、アリアンスペース社(商用打上げを実施)を通じて世界の民間衛星打ち上げ実績の約半分を占める。過去に宇宙開発などで存在感を放ったソビエト連邦の後継国のロシアを既に抜いており、スペースシャトル、デルタ、アトラスといった有力な打ち上げ手段を持つアメリカと肩を並べる存在まで成長をした。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

84件中 41 - 50件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード