85件中 51 - 60件表示
  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たEUSO計画

    EUSO計画 - 実験棟コロンバスに設置予定だった高エネルギー線観測用望遠鏡。ESA中心で日米と共同開発していたがESAは脱退、現在は日本中心の体制に改められ継続中。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たアリアン3

    西欧諸国では、当初は個々の国、特にイギリスやフランスで独自に宇宙開発を行っていたが、それでは米ソの熾烈な競争から生まれる成果に対抗できないため、欧州共同の開発計画が組織された。まず1964年に欧州ロケット開発機構 (European Launcher Development Organization; ELDO) を設立し、打上ロケット(ヨーロッパ1およびヨーロッパ2)の開発を進めるが、難航した。また、欧州宇宙研究機構 (European Space Research Organization; ESRO) では、打上はアメリカに依頼することで、探査機や人工衛星の研究開発を行っていた。しかし、より効果的な宇宙開発計画の実現を目指して、1975年、欧州各国は ESA を設立するとともに、新しい打上ロケットとしてアリアンの開発を推進し、1979年にアリアン1ロケット初の打上に成功、以後アリアンスペースを設立して打上ビジネスに参入し、アリアン2、アリアン3、アリアン4、アリアン5を開発した。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たアリアン2

    西欧諸国では、当初は個々の国、特にイギリスやフランスで独自に宇宙開発を行っていたが、それでは米ソの熾烈な競争から生まれる成果に対抗できないため、欧州共同の開発計画が組織された。まず1964年に欧州ロケット開発機構 (European Launcher Development Organization; ELDO) を設立し、打上ロケット(ヨーロッパ1およびヨーロッパ2)の開発を進めるが、難航した。また、欧州宇宙研究機構 (European Space Research Organization; ESRO) では、打上はアメリカに依頼することで、探査機や人工衛星の研究開発を行っていた。しかし、より効果的な宇宙開発計画の実現を目指して、1975年、欧州各国は ESA を設立するとともに、新しい打上ロケットとしてアリアンの開発を推進し、1979年にアリアン1ロケット初の打上に成功、以後アリアンスペースを設立して打上ビジネスに参入し、アリアン2、アリアン3、アリアン4、アリアン5を開発した。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たビーナス・エクスプレス

    ビーナス・エクスプレス - 金星探査機。2005年打ち上げ。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見た衛星

    予算は加盟国のGDP比に基づいて義務的に支出する予算と、加盟国が自らの意思で各プログラムへの参加・不参加を決め、拠出額を決める選択的予算の2本立てとなっている。加盟国が拠出した額に応じて、その加盟国に拠点を置く企業に契約を配分するという、「地理的均衡配分」(Fair return)の原則が貫かれている。義務的予算はESAの事務経費や設備維持、科学探査計画に充当され、選択的予算はロケットや衛星の開発に充当される。選択的予算の拠出額の大きい国が計画の主導権を握り、自国の負担した予算が自国の宇宙産業を発展する仕組みになっている。これまではこの方法が機能していたものの、打ち上げ費用の安価なロシアやインドの攻勢やスペースXの参入のように近年の競争の激化により、従来の方法では意思決定に時間を要し、各国の利害調整が必要なため、見直しの意見も出ている。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たガリレオ (測位システム)

    ガリレオ - 欧州版GPS。構築中、2019年までに完成予定。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たフランス

    本部はフランスに置かれ、その活動でもフランス国立宇宙センター (CNES) が重要な役割を果たし、ドイツ・イタリアがそれに次ぐ地位を占める。主な射場としてフランス領ギアナのギアナ宇宙センターを用いている。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たローマ条約

    ESA は欧州連合と密接な協力関係を有しているが、欧州連合の専門機関ではない。加盟各国の主権を制限する超国家機関ではなく、加盟国の裁量が大きい政府間機構として形成された。リスボン条約によって修正された欧州連合の機能に関する条約の第189条第3項では、「欧州連合は欧州宇宙機関とのあいだにあらゆる適切な関係を築く」と規定されている。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たスペースラブ

    スペースラブ - スペースシャトル搭載の宇宙実験室。1983年-1998年実施。日本の向井千秋も搭乗。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たウクライナ

    上記以外にハンガリーとスロベニア、エストニア(エストニアは2015年2月4日に加盟文書に署名、手続きが終了すれば21か国目の参加国になる予定)、ラトビアが参加予定の協力国 (PECS: Plan for European Cooporating State) として加わり、キプロス、トルコ、ウクライナが協力協定に調印している。またカナダは1979年から特別協力国の地位を持つ。カナダ宇宙庁は ESA の意思決定に参画している。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「欧州宇宙機関」のニューストピックワード