前へ 1 次へ
8件中 1 - 8件表示
  • バローゾ委員会

    バローゾ委員会から見た欧州連合の経済欧州連合の経済

    プローディ委員会から引き継いだ政策課題に、域内市場におけるサービスに関する指令、通称「ボルケシュタイン指令」があり、これは欧州連合の経済のおよそ3分の2を占める第三次産業の自由化をうたう指令である。バローゾ委員会の域内市場担当委員であるチャーリー・マクリーヴィは指令案を提示したが、欧州議会からは広範囲にわたる修正が求められ、また労働組合からは反発を受けた。バローゾ委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合基本条約

    欧州連合基本条約から見た欧州連合の経済欧州連合の経済

    第3部は、域内市場、関税同盟などの商品の自由な移動、農業および漁業、人・サービス・資本の自由な移動、警察や司法協力などの自由・正義・安全についての分野、運輸政策、競争・課税・法の調整、ユーロなどの経済・金融政策、雇用政策、欧州社会基金、教育・職業訓練・青年・スポーツ政策、文化政策、衛星、消費者保護、欧州横断ネットワーク、産業政策、経済・社会・領域の結合、研究・開発および宇宙政策、環境政策、エネルギー政策、観光、市民保護、行政協力といった、分野ごとに24の編に分かれている。欧州連合基本条約 フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェーの経済

    ノルウェーの経済から見た欧州連合の経済欧州連合の経済

    1960年代に北海油田が開発されて以降、欧州諸国の中では、資源国の一員となっており、1972年の欧州共同体加盟、1994年の欧州連合加盟も国民投票で否決されているため、EUの経済に密接に結びついているにもかかわらず、スイスと同様に一線を画した位置にいる。ノルウェーの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州社会党

    欧州社会党から見た欧州連合の経済欧州連合の経済

    1973年、デンマーク、アイルランド、イギリスが欧州諸共同体に加盟し、これらの国の政党がグループに加わった。ボンにおいてグループ大会が行われ、EC社会主義政党連盟が結成された。大会は社会政策に関する決議を採択し、そのなかでヨーロッパ経済における適正な職業、社会保障、民主主義、平等性がうたわれた。1975年にはジョルジュ・スペナールが欧州議会議長に選出される。欧州社会党 フレッシュアイペディアより)

  • PIIGS

    PIIGSから見た欧州連合の経済欧州連合の経済

    欧州連合参加国の中でユーロ参加国の経済PIIGS フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の拡大

    欧州連合の拡大から見た欧州連合の経済欧州連合の経済

    トルコ加盟賛成論には、加盟によってトルコの民主政が改善されることや、EUの経済がトルコというOECDやG 20のメンバーが加わることで強化され、またEUの軍事力も北大西洋条約機構 (NATO) 第2の兵力を持つ国の加入によって増強されるという期待が含まれている。また賛成の立場のものには、トルコが加盟条件を遵守しているという主張が唱えられている。トルコは加盟に向けた行動をとり始めてもはや40年以上が経過しており、この間トルコでは加入の障害となるような状況を排し、人権の扱いについても大きな改善がなされ、このことからEUもこれ以上は先送りすることができないとの見方もある。欧州連合の拡大 フレッシュアイペディアより)

  • EUの経済

    EUの経済から見た欧州連合の経済欧州連合の経済

    EUの経済 フレッシュアイペディアより)

  • EU経済

    EU経済から見た欧州連合の経済欧州連合の経済

    EU経済 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
8件中 1 - 8件表示

「欧州株」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画