92件中 41 - 50件表示
  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見た大ロンドン

    欧州連合の富裕地域を比較することは困難であるといえる。なぜなら NUTS-1 と NUTS-2 は均質ではなく、例えば NUTS-1 におけるヘッセン州(21,100平方キロメートル)やイル=ド=フランス地域圏(12,011平方キロメートル)のように広い地域もあれば、その一方で NUTS-1 におけるハンブルク(755平方キロメートル)やグレーター・ロンドン(1,580平方キロメートル)のような狭い地域もある。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見たシェンゲン協定

    欧州連合は巨大な観光地帯であり、域外の観光客が訪れ、欧州連合の市民も域内を旅行する。域内観光はシェンゲン協定やユーロにより一部の加盟国の市民にとっては便利なものになっており、欧州連合のすべての市民は査証なしで域内を移動する資格がある。国別に見ても、フランスは国外からの観光客の目的地としては世界一であり、続いてスペインが第2位、イタリアが第5位、イギリスが第6位となっている。欧州連合を単一の国として考えると、域外からの観光客は少なくなり、これは 加盟国への観光客のほとんどが別の加盟国から旅行しているためである。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見たブルガリア

    以下の表では欧州連合および加盟27か国の GDP (PPP) と人口1人あたりの GDP (PPP) を、後者の多い順に示している。この表から加盟国間での相対的な生活水準がおおよそ理解することができ、ルクセンブルクとアイルランドの水準が高く、ルーマニアとブルガリアは低いことが見て取れる。ルクセンブルクにあるユーロスタットは統計を担当する欧州委員会の部局であり、欧州連合全体のほか各加盟国の GDP を毎年発表することで富の指標を示し、欧州連合の財政・経済政策の立案・実施に寄与している。以下の表はユーロスタットによる2007年4月21日時点での統計で、金額の単位はユーロ、2007年の数値は見通しである。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見た西ヨーロッパ

    東ヨーロッパの10か国および北ヨーロッパは西ヨーロッパとは対照的に高い経済成長率を誇っている。特にバルト三国の成長率は目を見張るものがあり、ラトビアは11%の伸びを示しており、過去25年間での平均成長率が9%で世界の経済成長を牽引している中国に劣らない数値となっている。この急成長の背景には政府による安定的な通貨政策や輸出指向の通商政策、低いフラット税率や相対的に安い労働力といったものが挙げられる。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見たコルク

    欧州連合加盟国からは世界有数とされる多国籍企業の多くが生まれ、世界規模での本社もおかれている。そのような企業には分野別で世界最大の規模を持つものもある。例えばアリアンツは金融業の売上高では世界最大であり、エアバスは世界のジェット機のほぼ半分を製造している。エールフランス‐KLMは運行本数で世界最大の航空会社、アモリムは世界最大のコルク加工・製造会社、アルセロール・ミッタルは世界最大の鉄鋼会社、ダノン・グループは乳製品市場の世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブは世界最大のビール会社、ロレアル・グループは世界最大の化粧品会社、LVMHは世界最大の高級嗜好品コングロマリット、ノキアは世界最大の携帯電話製造会社、ロイヤル・ダッチ・シェルは世界最大のエネルギー資本、ストゥーラ・エンソは世界最大の生産能力を持つパルプ・製紙会社である。欧州連合にはこのほかにも売上高、営業利益、市場占有率、従業員数などの指標で世界最大規模の企業が存在する。欧州連合に本拠を置く企業の多くがそれぞれの部門で世界上位10位以内に入っている。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見た査証

    欧州連合は巨大な観光地帯であり、域外の観光客が訪れ、欧州連合の市民も域内を旅行する。域内観光はシェンゲン協定やユーロにより一部の加盟国の市民にとっては便利なものになっており、欧州連合のすべての市民は査証なしで域内を移動する資格がある。国別に見ても、フランスは国外からの観光客の目的地としては世界一であり、続いてスペインが第2位、イタリアが第5位、イギリスが第6位となっている。欧州連合を単一の国として考えると、域外からの観光客は少なくなり、これは 加盟国への観光客のほとんどが別の加盟国から旅行しているためである。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見たイタリア

    欧州連合の世界総生産額 (GWP) に占める割合は5分の1で安定している。比較的新しい加盟国では力強い経済成長を示しているが、欧州連合全体では緩やかなものとなっており、フランスやとくにドイツ、イタリア、ポルトガルでは成長が鈍っている。またベルギーやオランダも比較的低い成長率を示している。バルトの虎とも言われるエストニアやラトビアでは欧州連合や世界でも高い GDP 成長率を示している。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見た出入国審査

    欧州連合は世界最大の輸出「国」であり、また世界第2位の輸入「国」である。域内における加盟国間の通商は、関税や出入国審査といった障壁が除去されていることが推し進める要因となっている。ユーロ圏内では通貨の違いがないことが通商の助けとなっている。欧州連合による連合協定では、より広範な国との通商について、域内での通商と似たような扱いを受けることができ、一部では穏やかなアプローチ(ムチのない飴)といわれ、対象国の政治に影響を与える。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見たルクセンブルク (都市)

    以下の表では欧州連合および加盟27か国の GDP (PPP) と人口1人あたりの GDP (PPP) を、後者の多い順に示している。この表から加盟国間での相対的な生活水準がおおよそ理解することができ、ルクセンブルクとアイルランドの水準が高く、ルーマニアとブルガリアは低いことが見て取れる。ルクセンブルクにあるユーロスタットは統計を担当する欧州委員会の部局であり、欧州連合全体のほか各加盟国の GDP を毎年発表することで富の指標を示し、欧州連合の財政・経済政策の立案・実施に寄与している。以下の表はユーロスタットによる2007年4月21日時点での統計で、金額の単位はユーロ、2007年の数値は見通しである。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見たハンガリー

    2004年における経済圏下位15地域はすべてブルガリア、ポーランド、ルーマニアから入り、最下位のルーマニア北東部 (Nort-est) の欧州連合の平均 GDP に比べて24%にとどまっている。その後ブルガリアの Severozapaden, Yuzhen tsentralen, Severen tsentralen がそれぞれ欧州連合の平均 GDP に比べて26%となっている。欧州連合の平均 GDP に比べて75%以下となっている地域は、ポーランドが15、ギリシャとルーマニアがそれぞれ8、チェコが7、ブルガリアとハンガリーがそれぞれ6、フランス(海外領土を含む)とイタリア、ポルトガルがそれぞれ4、スロバキアが3、スペイン、エストニア、ラトビア、リトアニア、マルタがそれぞれ1となっている。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「欧州株」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画