2720件中 91 - 100件表示
  • スコットランド独立運動

    スコットランド独立運動から見た欧州連合欧州連合

    2014年9月18日、スコットランドで住民投票が行われた(2014年スコットランド独立住民投票)。有権者は独立に「賛成」か「反対」で答えなければなかった。すなわち「スコットランドは独立国家となるべきか?」。投票開始までの1週間に行われた世論調査ではその得票差はかつてないほど小さかったが、賛成派が多数を占め独立国家となった場合、スコットランドの経済、軍事、金融、通貨、公的年金はどうなるのか、イギリスの債務をどれだけ負担するのか、パスポートや市民権はどうするのか、エリザベス女王は国家元首に留まるのか、NATO、イギリス連邦、国連、EUとの関係は、といった問題に関して白熱した議論が進行中であった。次第に反対派が優勢になっていき、ついに55.3%の票を獲得した。賛成票は44.7%、有権者得票率は84.5%だった 。スコットランド独立運動 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州自由民主同盟

    欧州自由民主同盟から見た欧州連合欧州連合

    欧州自由民主同盟(おうしゅうじゆうみんしゅどうめい)は、欧州規模の政党である欧州自由民主改革党と欧州民主党の連合体。欧州議会の院内会派を結成しているほか、欧州連合の地域委員会、欧州評議会議員会議、北大西洋条約機構 (NATO) 議員会議内でも政治グループを作り活動している。これらのグループは独立系に分類される。欧州自由民主同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た欧州連合欧州連合

    一方で、欧州連合 (EU)、中国、ロシア、ラテンアメリカなどが、アメリカ一極体制を牽制する動きを見せている。この動きは、2001年(平成13年)のアメリカ同時多発テロ事件以後に顕著となった。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • プライド・カムリ

    プライド・カムリから見た欧州連合欧州連合

    プライド・カムリ(、、「ウェールズ党」)は、イギリスのウェールズの地域政党。現在はEU統合のなかで独立国ウェールズを建国することを最終目的としている。プライド・カムリ フレッシュアイペディアより)

  • 排出取引

    排出取引から見た欧州連合欧州連合

    この考え方は国内(域内)排出取引としても活用されている。EU 域内ではデンマークやイギリス、ドイツなどが国内排出取引制度を設けているが、2005年 1月に EU 域内で共通の取引市場として機能する EU ETS(The EU Emissions Trading Scheme)が創設された。排出取引 フレッシュアイペディアより)

  • La producción de café Colombia

    La producción de café Colombiaから見た欧州連合欧州連合

    De Colombia el café se indicación geográfica protegida es la certificación oficial, de la Unión Europea mes Masu 27, 2007 Fecha. Este nombre es café 100% Arábica ( Coffea arabica ) es una región del café producido en Colombia, la elevación 1 ° al norte del 11 ° separados 15 grados de latitud - longitud oeste 72 ° 78 °, la Re gama muy específica Masu alta de 2.000 metros que se puede superar. De Cafe - de - Colombia registró marca de certificación en los Estados Unidos el 7 de 1981 , y Canadá 6, 1990. Con el, designación de protección de origen países del mundo, como Ecuador es, Bolivia , Perú es.La producción de café Colombia フレッシュアイペディアより)

  • ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表

    ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表から見た欧州連合欧州連合

    ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表(ボスニア・ヘルツェゴビナじょうきゅうだいひょう、英語:High Representative for Bosnia and Herzegovina)は、1995年12月のデイトン合意に基づき和平遂行を民生面で担当するため上級代表事務所(Office of the High Representative、OHR)に設置された。ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表とOHRは、国際連合を通して国際社会を代表する。また、上級代表は、欧州連合(EU)の特別代表でもある。ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表 フレッシュアイペディアより)

  • 移籍金

    移籍金から見た欧州連合欧州連合

    諸外国では移籍金の上限を定めない場合が多い。そのため選手個人に所属クラブが値段をつけ、交渉を行う。したがって、若くても才能豊かな選手が破格の移籍金で移籍することもあれば、絶対に移籍してほしくない選手には所属クラブが(移籍金200億など)法外な移籍金をかけることもある。また、少なくとも欧州連合 (EU) 域内においては、1995年12月のボスマン判決以降、契約満了後に元所属クラブが移籍先チームに移籍金の支払を要求できるような制度が無くなったため、契約が満了した選手は完全にフリーな立場となる。2009年度まで、日本では移籍金の過度な高騰を防ぐために、JFAにより移籍金の上限が定められていたが、同年度のオフシーズンからEU内クラブと同様に、移籍金制度が完全撤廃された。但し、南米などでは、依然としていわゆる「保有権(パス)」制度が生きているため、契約が満了しても選手は自由に移籍できるとは限らない。移籍金 フレッシュアイペディアより)

  • 過剰外国化

    過剰外国化から見たEU欧州連合

    不安を掻きたてたのは、無計画な移民流入で人口の重層化が起こること、スイス人が消滅するという危険性があるということだった。このことは環境問題や生存圏の問題とも密接に結びついていた。さらには、価値観の喪失も、過剰外国化が原因だと考えられるようになり、ポピュリズムの集団は、EUや国連への加盟、グローバル化などによって国家の独立性は失われるだろうと予言した。このような考えの代表者の一人である精神科医のJean-Jacques Heggは、『生命倫理』という本で、優生学的、反グローバリズム的、エコロジー的な考え方を展開した。過剰外国化 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年ウクライナ大統領選挙

    2004年ウクライナ大統領選挙から見た欧州連合欧州連合

    クチマ大統領の任期満了に伴うウクライナ大統領選挙の決選投票は2004年11月21日、全土で行われた。与党の推す親ロシア派のヤヌコーヴィチ首相と、親欧米派の野党指導者・ユシチェンコ元首相の一騎討ちという形になった。歴史的にオーストリア・ポーランド・ルーマニアと密接な関係にあり、西欧への帰属意識が強い首都キエフを含む中部ウクライナや、ハルィチナーを含む西部はユシチェンコ元首相を支持し、ロシア系住民の多い東部・南部はヤヌコーヴィチ首相支持で結集しており、支持基盤は国内を二分していると言われる。そのため、この選挙は「東か西か(ロシアか欧・米か)」の選択を問う形になるといわれており、欧州連合(EU)とロシアの狭間で揺れ動くウクライナの進路を左右する、とも評される。2004年10月31日の第1回投票ではユシチェンコが首位に立つが、僅か15万票差であった。2004年ウクライナ大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

2720件中 91 - 100件表示

「欧州連合」のニューストピックワード