2720件中 21 - 30件表示
  • 欧州標準化委員会

    欧州標準化委員会から見た欧州連合欧州連合

    1961年、創設。13カ国のメンバーが共同で様々な分野の欧州規格(European Standard、EN)を策定し、製品やサービスについてのヨーロッパ共同市場を構築し、世界経済におけるヨーロッパの地位向上を図っている。一部の規格は自発的なものだが、EUの法律の定めに従って策定されている義務的規格もある。欧州標準化委員会 フレッシュアイペディアより)

  • INOGATE

    INOGATEから見た欧州連合欧州連合

    INOGATE(イノゲート)は欧州連合(EU)と黒海・カスピ海周辺地域の産油国の間で実行されている国際エネルギー協力プログラムである。INOGATEプログラムは1996年より実行されている。INOGATE フレッシュアイペディアより)

  • 南東欧安定化協定

    南東欧安定化協定から見た欧州連合欧州連合

    南東欧安定化協定(なんとうおうあんていかきょうてい、英語:Stability Pact for South Eastern Europe; SPSEE)は、1999年から2008年2月まで続いた、南東ヨーロッパ諸国の平和と民主主義、人権、経済の強化を目的とした組織である。同協定は2008年2月に地域協力会議へと継承された。欧州連合などの地域外からの影響が強かった南東欧安定化協定と比べて、地域協力会議はよりこの地域が主体となっている。南東欧安定化協定 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回先進国首脳会議

    第40回先進国首脳会議から見た欧州連合欧州連合

    本来のG8サミット参加国は、フランス、アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、ロシアの8カ国で、G8サミットには加えて欧州連合 (EU) の欧州理事会議長と欧州委員会委員長も出席する。この第40回G7サミットにはロシアを除く首脳が出席した(以下の「出席した首脳の写真一覧」を参照)。第40回先進国首脳会議 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州グリーン首都賞

    欧州グリーン首都賞から見た欧州連合欧州連合

    欧州グリーン首都賞(おうしゅうグリーンしゅとしょう、)は、欧州連合(EU)の欧州委員会環境局が主催している環境分野の自治体賞。欧州グリーン首都、欧州環境首都賞、欧州環境首都、ヨーロッパ緑の首都などとも。2008年5月22日に創設され、2010年から選考が行われている。欧州連合が主催する賞ではあるがヨーロッパ全土の自治体が対象であり、毎年1都市が受賞している。欧州グリーン首都賞 フレッシュアイペディアより)

  • 希少疾患

    希少疾患から見たEU欧州連合

    希少疾患(きしょうしっかん、、RD)は、患者数の小さな疾患の総称である。希少難病、稀少疾患とも記される。成人病や感染症の多くを含む普通の病気(コモンディジーズ)の対義であり、コモンディジーズが一般人口を対象とするのに対し、希少疾患は人口10万人に対して患者が何人という単位で罹患率を表す。ヨーロッパの希少疾患の患者会の連合組織である:en:European Organisation for Rare Diseases(EURORDIS)によると、希少疾患のおよそ80%が遺伝性である。ただし、ここで遺伝性とは、必ずしも親子で遺伝したことを意味せず、子で初めて罹患したものを含む。ヨーロッパでの2000人に1人未満の罹患率の疾患を希少疾患とみなすという基準で数えると、6000疾患を超える希少疾患が存在し、EU全体で合計3千万人が希少疾患に罹患していると述べられている。希少疾患 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ワールド・ファクトブック

    ザ・ワールド・ファクトブックから見た欧州連合欧州連合

    その他のカテゴリーは、独立国の一覧から区別されたその他の土地の一覧である。現在、台湾と欧州連合の2項目がある。ザ・ワールド・ファクトブック フレッシュアイペディアより)

  • 外国人参政権

    外国人参政権から見た欧州連合欧州連合

    EU 結成よりも以前から…アイルランド、オランダ、スウェーデン、デンマーク(以上 EU 加盟国)、ノルウェー(EU 非加盟)外国人参政権 フレッシュアイペディアより)

  • フランスのエネルギー政策

    フランスのエネルギー政策から見た欧州連合欧州連合

    特に地球温暖化に関して、フランスは京都議定書ならびにEU負荷分担メカニズム (EU burden-sharing mechanism) の下で、EU加盟国全体として2008?2012年中にCO2排出量を1990年より8%低いレベルに下げる義務を負っている。フランスのエネルギー政策 フレッシュアイペディアより)

  • ITER

    ITERから見た欧州連合欧州連合

    EDAの終了後、ITERの建設・運転等、計画の実施に必要となる国際協定について議論するために「ITER政府間協議(ITER Negotiations Meeting)」が開始された。カナダは2001年6月にオンタリオ州クラリントンを建設候補地として提案していたため、EDAに参加した日本、欧州連合、ロシアの3ヶ国と並んで政府間協議に当初から参加した。第1回政府間協議は2001年11月にトロントにおいて行われた。2003年2月に開催された第8回政府間協議において、米国が計画に復帰し、また、中国が新規に参加した。さらに2003年6月には韓国が、2005年12月にはインドが新規に参加したが、一方でカナダが2003年12月に離脱し、現在の参加国は日本、欧州連合、ロシア、米国、中国、韓国、インドの7ヶ国である。ITER フレッシュアイペディアより)

2720件中 21 - 30件表示

「欧州連合」のニューストピックワード