1997件中 61 - 70件表示
  • 国際治安支援部隊

    国際治安支援部隊から見た欧州連合欧州連合

    2009年10月現在、国際治安支援部隊(ISAF)には欧州連合(EU)を中心に、計43カ国から約71,030名が参加している。2002年1月10日以降、ISAF参加国は相互にMOU(共同覚書)を締結することにより、ISAFへの参加を公式なものとしている。前出のISAF公式サイトの発表に基づくISAFの参加国構成は次のとおり。国際治安支援部隊 フレッシュアイペディアより)

  • ユルゲン・トリッティン

    ユルゲン・トリッティンから見た欧州連合欧州連合

    1980年、緑の党に入党。1982年、ゲッティンゲン市議会議員に環境保護団体から立候補して当選した。1985年ニーダーザクセン州議会議員となり、1988年から緑の党会派会長を務める(‐1990年)。1990年にニーダーザクセン州の連邦政府並びに欧州連合問題担当相に就任する。当時のニーダーザクセン州首相はのちに連邦首相となるゲアハルト・シュレーダーであり、ニーダーザクセン州ではドイツ社会民主党 (SPD) と緑の党が連立政権を組んでいた。1994年にニーダーザクセン州議会議員に復帰し、同盟90/緑の党の会派副団長であったが、1994年同盟90/緑の党全国スポークスマン(党首に相当)に就任した。ユルゲン・トリッティン フレッシュアイペディアより)

  • ヴィシェグラード・グループ

    ヴィシェグラード・グループから見た欧州連合欧州連合

    チェコスロバキアが解体したのち、チェコとスロバキアがグループのメンバーとなった。この4か国は2004年5月1日にそろって欧州連合に加盟した。ヴィシェグラード・グループ フレッシュアイペディアより)

  • ニジェール軍事クーデター (2010年)

    ニジェール軍事クーデター (2010年)から見た欧州連合欧州連合

    このママドゥの独裁色を強める動きに対しては、ニジェール国内からのみならず欧米や西アフリカ諸国などからも非難の声が相次いだ。国内では、国民議会で与党のMNSDに続く第二勢力となっている ニジェール民主社会主義党(PNDS,17議席)を中心とする左派連合などの野党勢力を中心に非難の声が上がり、2009年10月20日に実施された国民議会選挙においては、PNDSを中心とする左派連合の大多数に加え、中道政党である議会第三勢力のニジェール民主社会会議(CDS,22議席)や少数政党のニジェール民主進歩同盟(ANDP,5議席)が選挙のボイコットを表明する事態に発展した。野党の第一会派と第二会派、議席数にして全113議席中のほぼ半数近くを占める勢力が選挙ボイコットを表明するという異常事態に対し、まずはニジェールも加盟する西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)が選挙実施の3日前、10月17日にニジェール政府に対して選挙を延期するように求めたが、ニジェール政府はこのECOWASの要請を無視して予定通り選挙を実施、野党もボイコットを実行したために選挙結果は与党MNSDの圧勝(46議席から76議席に議席を大幅に増やした)に終わった。これを受けてECOWASでは、制裁措置として「ECOWASの権威を完全に軽視して選挙を強行したこと」「選挙結果(与党・社会発展国民運動の圧勝)は、政府機関による明白な介入のもとによって得られた不当なもので、憲法違反であること」の2点を理由に、10月20日付でニジェールの参加資格を一時的に停止する処分を発動した。また、一連のニジェール政府・ママドゥ政権の独裁的かつ国際社会の要請を無視した動きに対しては、 欧州連合(EU)が開発援助を停止する措置をとったほか、アメリカも制裁措置に踏み切るなど、欧米諸国も制裁措置に乗り出し、ニジェールは国際的な孤立を深めていた。ニジェール軍事クーデター (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • フランク=ヴァルター・シュタインマイアー

    フランク=ヴァルター・シュタインマイアーから見た欧州連合欧州連合

    シュタインマイアーは実行力のあるプラグマティストと評価されている。首相府長官時代にはさまざまな諜報に接し、海外情勢に精通している。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件の際は危機対策本部長として首相府・外務省・国防省をまとめた。また政務次官会議を主宰して内閣のあらゆる方面に通じ、欧州連合の問題やドイツ連邦軍の国外派遣などを取り仕切っていた。こうした首相府長官としての経験は、外相として大いに役立っているものと思われる。就任後は地味ながら手堅く外務大臣の職務をこなしており、アフガニスタン問題でNATOと不協和音がある他は、特に失策は見られない。2007年上半期には欧州連合理事会議長国を務め、6月末のEU首脳会議でもごねるポーランドをなだめすかし、暗礁に乗り上げたEU憲法に代わる新条約への道筋をつけた。フランク=ヴァルター・シュタインマイアー フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア沖海賊の対策部隊派遣

    ソマリア沖海賊の対策部隊派遣から見た欧州連合欧州連合

    2008年9月25日にウクライナの貨物船「ファイナ」号が襲撃された。この船には戦車を含む武器が多数積載されており、荷物の行き先がダルフール紛争の続くスーダンであったため、単なる海賊事件ではなく安全保障上の事態として重大視したアメリカ合衆国、EU、ロシアはこのファイナ号事件を境に対策を強化する。ソマリア沖海賊の対策部隊派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州経済共同体

    欧州経済共同体から見た欧州連合欧州連合

    上記6か国のほかにその後別の6か国が加わり、また1967年には機関が欧州石炭鉄鋼共同体と欧州原子力共同体とのあいだで統合され、欧州諸共同体と呼ばれる体制に移行した。1993年に欧州連合が発足したさい、欧州経済共同体は欧州連合の3本柱構造における第1の柱である欧州共同体とされたが、2009年のリスボン条約の発効によって廃止された。他方で欧州経済共同体の機関は欧州連合に継承されている。欧州経済共同体 フレッシュアイペディアより)

  • アイルランドの経済

    アイルランドの経済から見た欧州連合欧州連合

    1922年にアイルランドはイギリスより独立した。当時のアイルランドは貧困と移民による人口減に苦しんでおり、これは近年に至るまで改善されなかった。西欧において現在、19世紀よりも人口が減少した唯一の国である(19世紀中盤には800万を数えた人口は現在に至るも400万人弱にとどまっている。これは大飢饉後に本格化し、近年まで続いていた大量の移民による人口流出によるものである)。しかし1990年代に入るとアイルランド経済初とも言われるほどの経済的な活況を呈し、これはケルトの奇跡あるいはケルトの虎と呼称された。アメリカ企業の欧州進出に伴い、外資の進出に対して政府が税制上その他での優遇措置をとり、安価でなおかつ高い教育レベルの労働力を持ち、英語がネイティブ言語であるという条件により多くのアメリカ企業の欧州工場、欧州拠点がアイルランドに設置された。近年アイルランド政府はインフレ率の抑制、低税率化、政府予算の減少に努め、これによってGDPの増加、労働力、労働スキルの改善、外国資本の誘致を達成した。1999年に欧州連合諸国にユーロが導入されると、アイルランドは他の10カ国と共にその立ち上げから参加を果たした。イギリスが参加を見送ったことからユーロ導入国のなかで最も有力な「英語圏」の国となった。このため、金融機関などの拠点が多数、アイルランドに立地した。2001年にはITバブル崩壊による世界経済の低迷を受け、ハイテク関連の成長率が前年の半分となるなど成長率が一時的に低下した。しかし堅調な国内消費を受けて経済成長率は高水準を維持し、2001年度および2002年度には約6%、その後も4%を記録した。しかし純然たる国内資本の大企業や産業が皆無に近く、外資によりかかった経済構造は不安要素としては残る。アイルランド国内消費の大きな駆動力となっていた不動産価格の右肩上がりの上昇は2006年に止まり、2007年からは物件によっては数割以上の価格低下が起きている。このため、不動産による資産とそれを元に与えられた与信によってクレジットカードなどによって行われていた個人の消費が大幅に減少しており、不動産バブル崩壊とそれによる経済全体の後退の気配を見せ始めている。アイルランドの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 北アイルランドの地方行政区画

    北アイルランドの地方行政区画から見た欧州連合欧州連合

    イギリス、アイルランド共和国、イギリス連邦(コモンウェルス)諸国、ないし欧州連合諸国のいずれかの市民権を持つこと。北アイルランドの地方行政区画 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合コソボ暫定行政ミッション

    国際連合コソボ暫定行政ミッションから見た欧州連合欧州連合

    柱4: 復興と経済開発(欧州連合主導)国際連合コソボ暫定行政ミッション フレッシュアイペディアより)

1997件中 61 - 70件表示

「欧州連合」のニューストピックワード