1997件中 71 - 80件表示
  • REACH

    REACHから見た欧州連合欧州連合

    REACH(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals、リーチ, リーチ法)は、欧州連合における人の健康や環境の保護のために化学物質とその使用を管理する欧州議会及び欧州理事会規則である。また、EU市場内での物質の自由な流通により、競争力と技術革新を強化することも目的にしている。REACH フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェー自由党

    ノルウェー自由党から見た欧州連合欧州連合

    その他、外国人労働者の受け入れ増やノルウェー国教会の廃止、控除を伴う一律課税や基礎自治体に対する権限の大幅移譲(地方分権)を提唱。一方、欧州連合への加盟には一貫して反対の立場を採り、欧州経済領域への残留を掲げる。2007年、国内の政党としては初めてファイル共有を合法とする見解を示した。ノルウェー自由党 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州合同軍

    欧州合同軍から見た欧州連合欧州連合

    恒常的な上部指揮機構はなく、欧州連合の他、必要に応じ適宜、国際機関の指揮下に置かれる。軍の目的として、以下の3つが創立憲章にうたわれている。欧州合同軍 フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・トゥスク

    ドナルド・トゥスクから見た欧州連合欧州連合

    2005年の総選挙で市民プラットフォーム党は政権獲得を目指したものの、大幅に議席を伸ばして新たに与党第一党となった右派政党「法と正義(PiS)」に及ばず、再び野党第一党にとどまった。トゥスクは同時に行われた大統領選挙に立候補していたが、一次投票では首位となったものの決選投票で欧州連合(EU)に対する懐疑派のレフ・カチンスキに敗れ、党首を務める市民プラットフォームも野党の地位に甘んじることになった。ドナルド・トゥスク フレッシュアイペディアより)

  • 電気料金

    電気料金から見たEU欧州連合

    2011年の欧州連合(27カ国)平均電気料金は、ユーロスタットの発表によると以下のとおりである。電気料金 フレッシュアイペディアより)

  • イランの経済

    イランの経済から見た欧州連合欧州連合

    サービス部門のかなりの上昇は都市化によるところが大きい。主要サービス産業は、教育を含む公益事業、商業、個人対応サービス、専門サービス、観光業などである。観光業は1980年代のイラン・イラク戦争期に急激な低下をみたが、以降継続的に再建されつつある。2004年にイランを訪れた外国からの観光客はおよそ1,659,000人。大多数は中央アジアを含むアジア諸国からで、欧州連合および北米からの観光客の割合は少ない。もっとも人気のある観光地はエスファハーン、マシュハド、シーラーズである。2000年代初、サービス産業の成長はいまだにインフラストラクチャー、通信、規制、人員の教育などの点で深刻な限界に直面している。イランの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議2085

    国際連合安全保障理事会決議2085から見た欧州連合欧州連合

    また国連事務総長に対し、マリ暫定指導部との協議の下、マリ領内に「多領域に渡る国連の駐留を確立すること」 (“multidisciplinary United Nations presence in Mali”)を要請し、AFISMAに対し、欧州連合 (EU) 及びその他の協力国とともに、マリ暫定指導部の自国民を保護する責任を担えるようにするために「必要なあらゆる措置」 ("all necessary means") の使用を認めた。国際連合安全保障理事会決議2085 フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・アセリノー

    フランソワ・アセリノーから見た欧州連合欧州連合

    フランソワ・アセリノー (; 1957年9月14日生まれ)は 財務省監査官でフランスの政治家。 1999年にフランス連合(RPF)に入党し, 2007年に共和国人民連合(UPR Union Populaire Républicaine)を結成する。共和国人民連合は、欧州連合・ユーロ圏・北大西洋条約機構からフランスの離脱を中心目的とする。フランソワ・アセリノーは2012年フランス大統領選挙に立候補者となる。フランソワ・アセリノー フレッシュアイペディアより)

  • 東アジア共同体

    東アジア共同体から見た欧州連合欧州連合

    これに対して中華人民共和国(中国)は、アジア地域における自国の影響力の拡大を図り、アメリカ・欧州連合に対抗するため、本構想に対して積極的である。これは中国に対抗できるオセアニア、インドなどの諸国を含めないASEAN+3(日中韓)という枠組みで、ロシアが主導するCISのような中国主導の共同体を意図していると考えられる。ASEAN+3の枠組みについてはマレーシアも賛同している(クアラルンプール宣言)。東アジア共同体 フレッシュアイペディアより)

  • 低ザクセン語

    低ザクセン語から見た欧州連合欧州連合

    しかし冷戦後のヨーロッパに広がったローカリズム(郷土主義)に由来する方言保護運動の高まりや、既存の国家の枠組みを緩めたい欧州連合の後援の元、他国他言語の方言同様に低ザクセン語もその地位向上が盛んに求められる時代になりつつある。80年代から90年代にかけて北ドイツ各地で低ザクセン語の復興運動が展開され、大きな成功を収めた。1994年に欧州連合は低ザクセン語を独立した地域言語であるとし、1999年にはヨーロッパ地方言語・少数言語憲章(European Charter for Regional or Minority Languages)による保護がドイツ政府に命じられている。これによって低ザクセン語は分布地域において公的に用いる事が可能になり、テレビなどの放送言語で実際に用いられている。「低ザクセン運動」が国内外での正当性を獲得した事は独立派にとっての大きな後押しとなった。低ザクセン語 フレッシュアイペディアより)

1997件中 71 - 80件表示

「欧州連合」のニューストピックワード