243件中 11 - 20件表示
  • 欧州連合

    欧州連合から見た国民投票

    2016年6月下旬、国民投票により欧州連合(EU)に於いて相当な影響力を維持していたグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(UK、以下「イギリス」と示す)のEU離脱派が過半数(52%)を占め、EU離脱の方向性が示された。背景にはEU政策に対するイギリスの不信、イギリスへの移民流入問題(en)があるとされる。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見た2009年

    このリスボン条約は欧州理事会議長を再定義し、実質上の欧州連合大統領(EU大統領)とした。2009年12月1日よりベルギーのヘルマン・ファン・ロンパウが初代議長として就任した。2014年12月1日よりシコルスキとレティンゲルの故郷ポーランドのドナルド・トゥスクが第二代議長として就任する。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たアフメト・ダウトオール

    トルコ首相アフメト・ダウトオールはトルコとEUの新しい関係の歴史的な始まりだとした。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たジェレミー・コービン

    イギリスの労働党所属のジェレミー・コービンもユーロによって「銀行員達の欧州」(bankers' Europe)を加盟国に課す状況になると考えていた。1993年のマーストリヒト条約発効に先立ち、コービンはECB設立は欧州の国家が独自の政策をとる能力を弱めるだろうと予言していた。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たヴワディスワフ・シコルスキ

    ヴワディスワフ・シコルスキが唱えた東欧連合、リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー等の上流階級の紳士クラブのメンバー達が唱えていた国際汎ヨーロッパ連合やウィンストン・チャーチルが唱えた「ヨーロッパ合衆国」構想等、ヨーロッパを統合する試みが多々あったが、それらに共通するものとして反ソ・反共の姿勢が常に存在していた。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たジャン・モネ

    ジャン・モネの構想を基礎に、1950年5月9日に発表されたシューマン宣言では2度の世界大戦で荒廃していたヨーロッパを結束させていくことで復興と平和の実現を目指した。このシューマン宣言が発表された5月9日について、1985年にミラノで開かれた欧州理事会で「ヨーロッパ・デー」とすることが決められた。また欧州評議会は1955年に青地 (Reflex Blue) に金色 (Yellow) に輝く12個の星の円環を描いた旗を「欧州旗」とし、ヨーロッパにおける機関に対してこの旗をシンボルとして使うことを進めていたが、1983年に欧州議会がこれに応じ、また1985年のミラノ欧州理事会において「欧州連合の旗」とすることが採択された。このとき同時にベートーヴェンの交響曲第9番第4楽章『歓喜の歌』を「欧州連合の歌」とすることも合意された。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たデイヴィッド・マイケル・デイヴィス

    これに伴い現(2016年6月下旬)英国首相であるデーヴィッド・キャメロンの辞任が表明された。その後任として、EU残留派ではあったものの残留派のキャンペーンには消極的であったテリーザ・メイが英国首相に就任し、メイ内閣(保守党)の閣僚の中でも外務大臣にEU脱退派の代表格の一人であったボリス・ジョンソン前ロンドン市長が任命された。また、EU離脱担当大臣(初代:デイヴィッド・マイケル・デイヴィス)の閣僚ポストが新設され、行政機関としてEU離脱省が新設された。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たドナルド・トゥスク

    このリスボン条約は欧州理事会議長を再定義し、実質上の欧州連合大統領(EU大統領)とした。2009年12月1日よりベルギーのヘルマン・ファン・ロンパウが初代議長として就任した。2014年12月1日よりシコルスキとレティンゲルの故郷ポーランドのドナルド・トゥスクが第二代議長として就任する。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たロベール・シューマン

    ロベール・シューマンは、1950年5月9日にシューマン宣言を発し、その中で経済と軍事における重要資源の共同管理構想を掲げ、ヨーロッパの統合を図ったこの構想を基礎にして欧州石炭鉄鋼共同体設立条約が策定され、1952年7月23日に欧州石炭鉄鋼共同体()が設立された。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たニコラ・スタージョン

    EU加盟国の首脳はベルリンに集まり結束を確認。イギリスにリスボン条約に従い早期に「脱退の通告」をするように要求した。これは手続きにまごついていると、新たな脱退国が現れることを懸念してのことである。イギリスの離脱にEU加盟国の欧州懐疑派は勢いづいた。一方で、イギリスの構成国であるスコットランドや北アイルランドでは「残留派」が優勢であった。そのためスコットランドのニコラ・スタージョン首相はスコットランドは独立してEUに加盟することを示唆した。また北アイルランドも独立してEU加盟国の「アイルランドとの統合」を目指すことがシン・フェインから唱えられた。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

243件中 11 - 20件表示

「欧州連合」のニューストピックワード